面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

骨まで・・・・・

2009-05-31 11:37:05 | 自然

午前中、当館近くのイモリ池において、ヘビの死体を発見!・・・・・しました。・・・・・食事中(あるいは食事前)の方、失礼しました。

名前は、「シマヘビ」、体が裏返っていました。

よく観ると、頭部を含む前端部が何者かによって食べられており、また100円玉サイズの丸い穴が6つ空いていました。・・・・・多分、鳥(カラス?)のせいでしょう。

ハエやアリが寄っていましたが、既に体内には“虫の分解屋さん”もきれいに「骨まで分解」していました。

Photo_2 シマヘビの死体現場

*通称「イモリ池」にて 5/31

*バックには“取材専用(エコ?)自転車”

Photo_3 白骨化したシマヘビ・前端部

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美麗蛾

2009-05-31 09:16:11 | 自然

当館駐車上の外灯において、鮮やかな色をしたを発見しました。

図鑑で調べてみると「ウンモンスズメ(スズメガ科)」と。

前後翅の色は、適度な明るい色で、気品を感じました。

分布は、日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国、台湾など。幼虫は、ケヤキになどにつき、土中に入って蛹で越冬、5月以降に成虫が出るとのこと・・・・・でした。

Photo ウンモンスズメ

若山産

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松山の小学生たちが来館!

2009-05-29 14:00:47 | 展示・イベント

松山市内の小学校一行が11時ころ見学に来られました。

合計72名様でのご来場で、全員のが一度に下駄箱には納まりませんでした。

収蔵資料展「へび・かえる・さんしょううお」を見ていたある女の子達(3名)は、「(アオダイショウが)気に入った。ほしいっ!」という声が。

また、ある女の子達(2名)は、「(ヘビは)いやだっ~!」と。・・・このように意見も分かれました。

一行は12時に駐車場でお弁当を食べ、13時に博物館を後にして、かわいいイラストのバスへ乗り込んでいました。

みなさん、2泊3日の集団研修、お疲れ様でした。またいつの日か遊びに来てください。

Photo ①72名様分の靴・くつ。

当館は“貸切”です。

Photo_2 ②展示室にあふれんばかりの人数!

石鎚山系の地質概要の話を聞く子どもたち

2階常設展示室

Photo_3 ③かわいいイラストのバス

関門駐車場にて

Photo_4 ④(おまけ)

スカイライン入口付近から眺めた様子

新緑がすばらしい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学生と鉄砲石川へ探検!

2009-05-29 10:24:37 | 自然

昨日28日(木)、8:50~11:00まで、地元面河の小学生たちと面河渓谷へ自然観察に出かけました(社会科 校外学習)。

探訪順に、①山岳博物館 ②亀腹 ③櫃の底 ④キャンプ場 ⑤紅葉石 ⑥こうもり岩・鉄砲石 ⑦兜岩 ⑧鎧岩 ⑨お月岩 ⑩布引の滝、です。

子どもたちは、配布された面河渓の白地図に、講師から教わったことや見た事・感じた事をしきりに記入していました。

今回も「五感」をテーマに自然観察も兼ねています。

(耳・聞く) ミソサザイ、カジカガエルの鳴き声

(口・味わう) ナガバモミジイチゴ(きいちご)を一口 「すっぱーい、おかわり!」

(手・さわる) ヒメシャラ、ヒノキ、モミの樹肌

(鼻・匂う) シロモジ、クロモジの葉っぱ

(目・見る) オモゴテンナンショウ、イワガラミ、ガクウツギ、ホウノキ、ヤマウルシ、ヌルデ、タネ、イモリ、キイロスズメバチの巣(昨年のもの)など

「布引きの滝」から、さらに上流にある幻の“赤石河原”行くには時間が足りませんでした(給食の時間が…。) 次回の挑戦を期待します。

1 鉄砲石川・兜岩の下で

観察する子どもたち

2 鎧岩

3 「鉄砲石川」の名の由来のある「鉄砲石」

キャンプ場付近

4 イワガラミの花

鉄砲石川キャンプ場

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おおばこ

2009-05-28 08:15:49 | 自然

今朝、少しだけ草むしりをしました。

雑草の半分は、オオバコとタンポポです。

両種ともに地面に葉を広げ、は土中に身を隠しています。

とくにオオバコは、茎と根が頑丈なので、上手に抜かないと葉っぱだけが千切れてしまいます。

オオバコの葉っぱの中には、太いすじがあり少々踏まれても大丈夫です。かりに千切れても2週間で元に戻ります。

Photo 若山産オオバコ

Photo_2 オオバコの茎

*茎は短い!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加