面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

卵径40mmの純卵、シュレーゲルアオガエル

2017-04-25 12:27:56 | 自然
近くのいもり池でシュレーゲルアオガエルの卵塊を確認しました。

卵径は40mm。


池から少量の水がこぼれ出る土の中で白い泡状の卵が産み付けられていました。

本種の卵塊は、水田などの畦の土中に産み付けるのが通常です。

泡の中には小さな卵がたくさん入っています。

そばの池ではアカハライモリ“雄三人衆”が雌を探してうろうろしていました。


関門のヤマブキ(バラ科)。


館前の桜は見事に散りました。


面河渓関門の様子(4月25日)。


スカイライン入口の橋から関門を眺める。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亀腹岩のアケボノツツジ満開②... | トップ | 夜の講座「四国のツキノワグマ」 »
最近の画像もっと見る

自然」カテゴリの最新記事