面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

特別展関連イベントのお知らせ

2017-07-17 10:43:55 | 展示・イベント
7月21日(金)から始まる特別展「巨大昆虫・微小昆虫」ではいくつかの関連イベントがあります。

そのうちのひとつ、8月6日(日)に開催する特別講演をご案内いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特別講演会
「ムシできないむしのはなし~昆虫館館長のむしトーク~」

生きた昆虫や標本を多数展示する伊丹市昆虫館で、長年、昆虫の飼育や展示、
観察会に携わってきた館長による昆虫の面白さを紹介する講座です。
身近な昆虫が10倍楽しくなる観察法、飼育法、撮影法を伝授します。

○日  時:平成29年8月6日(日)13:00~14:30

○場  所:久万高原町まちなか交流館(久万高原町久万134)
      ※駐車場は久万高原町役場本庁をご利用ください。

○講  師:奥山清市さん(伊丹市昆虫館館長)

○参 加 費:無 料

○定 員:80人

※参加への申し込みは必要ありません。当日は混雑が予想されますので、
お早目にお越しください。
(お問い合わせ先:面河山岳博物館・0892-58-2130)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この講演会の講師は兵庫県の伊丹市にある伊丹市昆虫館館長の奥山清市さん。



普段から展示や観察会の企画・運営もされているバリバリ現役の昆虫おじさんです(写真では懐中電灯を持っているおじさん)。
虫プロから昆虫の採集や飼育法のほか、撮影方法についても詳しく教えてもらいましょう。



伊丹市昆虫館は昆陽池という大きな池のほとりにある、1年中生きた昆虫と間近でふれあえる施設です。

昆虫館のない四国ではなじみの形態の施設ですが、昆虫好き・生き物好きにはたまらない場所!



チョウ温室では南国の花々が咲き誇る中を舞う、約14種1000匹のチョウの姿を身近に見ることができます。



昆虫の世界を10倍に拡大したジオラマのある常設展示もおもしろいのですが、年数回企画される特別展も個性的で本当に面白いです。

この夏は特別展「いたこんパラダイス むしのたつじんになる」が開催中です。
http://www.itakon.com/html/saishin.html#goods


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第51回特別展「巨大昆虫・微小昆虫」のチラシ完成!

2017-07-05 17:26:30 | 展示・イベント
7月21日(金)から9月3日(日)の期間で開催される特別展のチラシができました。








今回のテーマは「巨大昆虫・微小昆虫」。

巨大昆虫の写真は九州大学総合研究博物館の丸山宗利さんからお借りしました。

なんといっても、むんずと掴んだタイタンオオウスバカミキリが強烈です。

丸山さん自身が今年の冬に南米で採集した時の写真で、標本もお借りしてます。

微小昆虫は爪先のミヤモトマルグンバイ。

コケに依存する体長2ミリのカメムシで、グンバイムシ科に属しています。


タイトルのフォントは、ウルトラマン?と言われますが、違います。

巨大昆虫・微小昆虫の「得体の知れなさ」を表現するため、昔のテレビ番組、水曜スペシャルや川口浩探検隊をイメージしてつくったものです。

南米の奥地に行かないと出会えないものもいれば、ごく身近な足元にもいる(近くにいても気づかない)のが巨大昆虫・微小昆虫です。

探検・冒険、というのもキーワードです。


ぜひ、この夏は面河山岳博物館へお越しください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜の講座「木の香りと人のくらし」

2017-06-20 17:09:20 | 展示・イベント
林業と木材の町、久万高原ならではの講演会を実施します。

木材の肌が美しい壁や床を見たり触ったりすると私たちは何だかいい気分になります。

木目が気持ち悪い!木材の手触りがゾッとする、なんて人はなかなかいませんよね。

森の中で感じる香り、そして、木を木材にした際に感じる香り、これらが私たちにどんな影響を与えるのか?

木材が私たちにどんな快適性を提供してくれているのか、科学的な視点で見てみましょう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年第1回目のモモンガクラブ「春の野草を食べる会」

2017-04-29 18:15:33 | 展示・イベント
モモンガクラブは博物館で結成した生物クラブ。
観察会や生物調査などをゆるーくやってます。

地元の人に地元の自然や生き物をよく知ってもらい、あらためて「久万高原の価値を発見する」ことが目的なので、メンバーは町民の方限定となっています。

今回は食べられる春の野草を観察・採取・下処理・調理しました。
参加者は25名。



特に久万高原では競い合うように採取されるイタドリについて、どんな植物なのか、酸味を抜く方法、美味しく炊く方法等を学びました。

イタドリは採取したら、以下のように下処理します。

 ①生のまま皮剥ぎ

 ②5㎝ぐらいにトントンと切る

 ③チャック付袋に入れ、たっぷりの塩で軽くもむ
 
 ④水が出るので適当に捨てて、そのまま冷蔵もしくは冷凍




食べる時は

 ①前の晩からでも塩抜き(これで酸味が完全に抜ける)

 ②油で炒めつつ、砂糖・醤油・みりん(お好みで揚げやタカノツメ)で煮る

 ③このときフタはせず、必ず炒め煮に(フタをしてぐつぐつ煮ると溶ける)




このような食べ方は高知から伝わったとも言われています。


会では、このほかタラの芽、キランソウ、カキドオシ、ミツバなどの天ぷらも作りました。

全員が腹いっぱいでもういらん!というぐらいは食べたので、しばらく揚げ物はいいかな。

(矢)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜の講座「四国のツキノワグマ」

2017-04-25 13:54:12 | 展示・イベント
今年度最初の夜の講座をご案内します。

夜の講座は久万高原町や愛媛県をフィールドとした自然科学研究の最新情報を、各分野の専門家が一般市民に分かりやすく解説するもので、本年度で5年目の活動となります。

これで通算18題目の話題提供となり、徐々に町内外からのリピーターが増えているところです。

今回はツキノワグマという未知の生物の面白さに合わせて、生態や分布状況についての正しい知識をもっていただき、クマが棲める環境を保全していくことの重要性について取り上げます。

講師は高知県須崎市を拠点に自然科学研究を進める、認定NPO法人四国自然史科学研究センターから、主任研究員の山田孝樹さんにお話いただきます。

町内だけでなく、多くの県民の方にも聞いていただきたい内容ですので、ぜひご参加ください。

★日  時:4月26日(水)19:00~20:20

★場  所:久万高原町産業文化会館研修室(住所/上浮穴郡久万高原町久万188)

★講  師:山田孝樹さん(認定NPO法人四国自然史科学研究センター主任研究員)

★参加費:無料

★申  込:下記まで、氏名・住所・連絡先をお知らせください。
      面河山岳博物館 ○電話:0892-58-2130  ○FAX:0892-58-2136


案内チラシは以下です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加