面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

石鎚産サンショウウオ二種の標準和名が改定

2010-04-09 13:17:53 | 学問

オオダイガハラサンショウウオブチサンショウウオの分類の再検討によって学名がそれぞれ復活したところですが(Nishikawa et al. 2007 ; Tominaga et al. 2008)、このほど日本爬虫両生類学会(同標準和名制定委員会)では、四国産二種のサンショウウオについて、標準和名(生物の種などの学名〈=ラテン文字〉と一対一に対応するように調整した日本語での名前)を次のように制定しました。

○旧標準和名:オオダイガハラサンショウウオ

○旧 学 名:Hynobius boulengeri(Thompson,1912)

◎新標準和名:イシヅチサンショウウオ※(写真上段)

◎新 学 名:Hynobius hirosei Lantz,1931

○旧標準和名:ブチサンショウウオ

◎旧 学 名:Hynobius naevius (Temminck et Schlegel,1838)

◎新標準和名:コガタブチサンショウウオ(写真下段)

◎新 学 名:Hynobius yatsui Oyama,1947

ちなみに現在は、「改定案」ですが、同学会の今年の総会によって正式承認を受ける予定です。

同学会参考HP

http://zoo.zool.kyoto-u.ac.jp/herp/wamei.html

Photo_2

Photo_3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加