vblli

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

過去問題からピックアップしてみました

2017-05-17 10:00:08 | 日記

◆再検査? 経過観察? 健康診断で肺に影があると言われたら……
では、健康診断で肺に影があると言われたらどうすれば良いのでしょうか。基本は、「健康診断の結果用紙に記載されている指示に従う」ということです。
シャネルiphone7ケースそんな、当たり前のこと……と言われるかも知れませんが、実際に異常所見があると書かれていると気が動転してしまって、ここを見落とされているケースが少なくありません。

医師のコメントが「1年後に再検査を」というものであれば、まずは、肺がんや縦隔腫瘍など心配すべき状態ではないと考えてください。
グッチiPhone7ケースこれは、通常、昨年以前のレントゲンと、今年の分とを見比べ変化がないことを確認できた場合ですので、まずは、ちが浅草御門に殺到し、多くの人が亡くなったといわれています。火災後に架けられたのが両国橋ですが、大火の犠牲者供養のため、橋のすぐ近くに建立された寺院はどれでしょう?

(い)本願寺
(ろ)回向院
(は)弘福寺
(に)薬研堀不動院

正解(ろ)
明暦の大火では、江戸の6割が焼失し、死者の数は5万とも10万とも伝えられている。
シャネルiphone7ケース神田や日本橋から浅草方面へ逃げようとした人々が、浅草御門に殺到したが、門が閉じられたために、2万3000人が焼死したという。これを機に建設されたのが両国橋で、同時に犠牲者を供養するための寺院として、万治3年(1660)に回向院が建立された。
グッチ iphone7ケース,

いかがでしたか? 3問目は2級の問題で、正解率が59%と少し難しかったかもしれません。解けた方は自信をもっていいかも!? ぜひ、江戸検定で腕試ししてみてはいかがでしょう。
グッチiPhone7ケース


※問題の出典: 『江戸四方を高い塀と「お歯黒どぶ」と呼ばれる堀に囲まれ、出入り口は大門だけだった、江戸の吉原遊郭。外界と隔絶された郭内には独自の文化や慣習がありました。
グッチiPhone7ケース

今回は、そんな吉原遊郭に関するクイズを「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。最大級の遊郭であり文化の発信地でもあった吉原を、クイズを通じて覗いてみませんか?

【クイズ1】
江戸の吉原では、着飾った花魁が新造や禿を引き連れて、外八文字を踏み、ゆっくりと練り歩く様子が名物となりました。
ルイヴィトンiphone7ケースでは、花魁が見世から客の待つ茶屋に向かうこのお練りを、何といったでしょう?
(い)御披露目行列
(ろ)顔見世道中
(は)花魁道中
(に)太夫お練り

正解(は)
花魁とは位の高い女郎のこと。庶民には高嶺の花で、花魁道中をながめて楽しむだけであった。
ヴィトン iphone7ケース

【クイズ2】
「(  )を四書文選のあいに読み」この川柳は、勉学のあいまに吉原のガイドブックを読んでいる様子を詠んだものです。(  )に入る言葉は、どれでしょう?
(い)案内
(ろ)往来
(は)細見吟味問答控 第1回江戸文化歴史検定 出題問題公式解説集』『第4回 江戸検問題公式解説集』『第3回江戸文化歴史検定(2008年度)江戸検出題問題公式解説集』

取材・文/オノハルコ(晴レノ日スタヂオ)良性の変化か、生理的な陰影と考えて良いと思います。
Michael Kors iphone7ケース

また、「すぐに再検査を」と言う場合には、できるだけ速やかにその指示に従っていただきたいのですが、その際にも、心配しすぎることはありません。基本は、「疑わしきは罰する」というスタンスであることを思い出し、淡々と検査を進められることが大切です。
エルメス iphone7ケース

いずれにしても、もっとも避けていただきたいのが、「健康診断で異常を言われているが、がんや大きな病気が見つかると怖いので、検査は受けていない」という状態です。

早期発見・早期治療が、がんの治療の基本です。
ヴィトン iphone7ケースあまり、心配しすぎることなく、検査を進めていくことが、あなたの大切な体を守る第一歩になることを、心に留めておいていただけたら、と思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エムシーエム アイフォン7 プ... | トップ |  ―創作をしている父親の姿は... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。