田舎暮し万歳!

田舎暮しの楽しさと四季折々の自然を紹介

E-Mail

takano_nagano@yahoo.co.jp

第14回長野灯明まつり

2017-02-12 23:14:30 | Weblog
▲初日だけのスペシャルライトアップ

 2月11日から19日まで長野市善光寺で第14回長野灯明まつりが開催されました。
 初日の11日には善光寺山門をレーザーで演出するなどスペシャルイベントが行われ、参道や境内は大勢の観客で賑わいました。
 また、多くの宿坊で趣向を凝らした「宿坊ゆめ茶会」が行われました。

▼初日のオープニングセレモニー


▼初日だけのスペシャルライトアップ


▼本堂は5色でライトアップ




▼趣向を凝らした宿坊


▼雪のお坊さん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全国新作花火競技大会

2016-09-05 19:42:54 | Weblog
▲準優勝のレインボール

 9月3日諏訪湖において第34回全国新作花火競技大会(主催:実行委員会)が行なわれ、全国から25名が出場してその技が競われました。
 1号玉10発と10号玉2発で何をどのように表現するか、独創的な発想と高度な技術が求められる大会です。
午後7時の打ち上げ時には30万人の観衆が集まり、澄み切った夜空を彩る「光と音と技の競演」に歓声をあげていました。
 プログラム第1番は昨年の優勝者村上淳さん(長野県伊那火工堀内煙火店)の「夕焼け小焼けの赤とんぼ」、数匹の赤とんぼが飛んだ後にたくさんの赤とんぼが乱舞するという作品で今年も優勝かと思いましたが、残念ながら入賞を逃しました。
 枝垂れの紅白梅や天狗、南国椰子並木、レインボールなどの作品は、題名そのものを花火の色や形で見事に表現されていました。
入賞作品は次のとおり
優勝 「光の旋律」茨城県 新堀雄一(野村花火)
準優勝 「レインボール」山梨県 飯田茂雄(斉木煙火)
奨励賞 「太陽の花」諏訪市 小口晶大(小口煙火)
殊勲賞 「天狗」静岡県 吉原健吾(田畑煙火)
 また、競技の合間には、豪華絢爛なスターマイン、打上げ100連発、そして打止めは水上スターマイン「Kiss of Fire」と実に見ごたえのある花火大会でした。

▼赤とんぼそのものが


▼天狗も現れる


▼垂れ紅白梅


▼独創的な発想による作品








▼競技の合間の豪華絢爛なスターマインなど





















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国会見学

2016-04-22 23:36:05 | Weblog
▲議場見学

 4月20日、女性グループ(中村まり子代表)主催の国会見学のお誘いを受け参加させて頂いた。
 地元代議士(務台俊介衆議院議員及び若林健太参議院議員)の特別なお取計らいにより、一般参観コースでは見ることができない個所も見学することができ参加者は大喜びでした。
 先ずは務台代議士の事務所へ。そして2班に分かれて首相官邸へ。厳重な警備に一同は驚き。
 官邸では世耕弘成内閣副官房長官秘書の花田周基さんが官邸内を案内、官邸敷地の沿革や建物の概略を官邸模型で説明をして下さいました。写真撮影が許されている3階から2階に通じる階段(組閣後の撮影の場所)で記念撮影。2階中庭や多くの記者が待機している3階エントランスホール、正面玄関口を見学後、官邸を出て衆議院議員会館食堂で昼食をとり国会議事堂へ。
 国会議事堂は、務台代議士の案内で最初に豪華な造りの議長応接室へ。しばし椅子に深く腰を下ろしくつろぐ。
 伊藤博文・板垣退助・大隈重信の銅像が立つ中央広間、天皇陛下の御休所、衆議院議場、役員連絡会が行なわれる院内総裁室などを見学、そして議事堂前で記念撮影をして議事堂を後にした。
 そして東京スカイツリーへ。天候は晴れであったが、春霞(?)で富士山は見えず。それでも、H350から見下ろす景色には迫力があった。
 買い物をして午後5時帰路につく。途中夕食をとり午後10時に帰宅、楽しい一日であった。
 務台事務所及び若林事務所の秘書さんには大変お世話になりました。有難うございました。

▼議員会館前に到着。務台・若林両代議士の秘書さんがお出迎え。


▼首相官邸


▼首相官邸内で記念撮影




▼国会議事堂内の議長応接室で


▼院内総裁室にて


▼議事堂建物前で記念撮影


▼東京スカイツリーにて



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第13回長野灯明まつり

2016-02-14 08:12:16 | 行事
▲表参道石畳に展示された「灯り絵常夜灯」

 2月6日から14日まで、長野市善光寺周辺で第13回長野灯明まつりが開催された。
 長野オリンピック5周年を記念して2004年に始まった灯明まつり、長野市の冬のイベントとしてすっかり定着した。
 善光寺本堂、鐘楼、山門、大勧進、仁王門、大本願などがライトアップされ、美しく幻想的な世界を創ってくれる。今回は、善光寺の五色のライトアップと善光寺表参道に展示されたゆめ灯り絵が特に見事であった。
 
▼善光寺の五色のライトアップ(赤~黄~緑~青~紫)










▼善光寺本堂


▼山門

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二年参り

2016-01-02 14:33:24 | Weblog
▲聖高原駅前の明治神宮では聖太鼓連の初打ち

 『二年参り』とは長野県・新潟県で使われる言葉とか。
 元旦0時に初詣をするために大晦日の24時近くから年を越して参拝をすることから、この言葉が生まれたとのこと。
 今年もこの二年参りをして心身スッキリして新年を迎えようと、23時過ぎから村内の神社仏閣の参拝をした。
 麻績村にはこの二年参りを受け入れている神社仏閣が沢山あり、それぞれ神様・仏様の効能も違うとのことなので、例年の通り全箇所を巡った。沢山の縁起物を授かり帰宅は午前2時過ぎ。

▼麻績神明宮




▼信濃札所1番 法善寺






▼矢倉諏訪神社


▼善導寺




▼福満寺




▼上井堀大神宮


 関係の皆様、お寒い中お疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第33回全国新作花火競技大会

2015-09-06 08:23:28 | 行事
▲新作花火の競演

 9月5日、諏訪市上諏訪温泉諏訪湖畔で第33回全国新作花火競技大会が開催されました。
 協賛者の友人からお誘いを頂き、打上げ地点の正面最前列で見物をさせて頂くことができました。
 県内外から参加した花火師たちの見事な作品に、そして迫力に会場からは大きな拍手が送られていました。

▼美しく迫力ある花火

























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美咲蘭さんの受賞を祝う

2015-07-02 00:53:21 | Weblog
▲祝賀会で演じられた「泉小太郎」

 俳優、そして脚本・演出家・パーソナリティーなど幅広くご活躍されている美咲蘭さんが松本市文化芸術功労賞受賞の栄に浴され、その祝賀会が松本市内のホテルで盛大に開催されました。
 祝賀会には県内外から200名ほどが出席、美咲さんが脚本・演出・プロデュースした民話劇『松本平の伝説より ~泉小太郎~』が演じられました。
 今後の更なるご活躍をお祈り申し上げます。

▼挨拶をされる美咲さん


▼熱演の美咲さん



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松本城の桜

2015-04-12 23:25:43 | Weblog

今年も見事な花を咲かせてくれました。















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第12回長野灯明まつり

2015-02-12 23:51:55 | 旅、歴史、文化

▲赤くライトアップされた善光寺本堂正面

 オリンピックの「平和を願う精神」を後世に遺してゆくため、長野オリンピック開催5周年をきっかけに誕生した長野灯明まつり、今年は第12回を迎えて新たなステージへ。
 今回のテーマは「共創」。世界の平和をみんなで考え創っていくというもの。
 2月7日(土)~15日(日)開催中。
 お出かけになっては如何ですか。


▼5色のライトアップで幻想的な雰囲気に





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖レイクサイド館の善光寺街道旅御膳

2014-08-17 22:15:32 | 話題
▲地元食材がいっぱい。人気のメニュー「善光寺街道旅御膳」

 聖高原の聖レイクサイド館でのおすすめメニューが善光寺街道旅御膳(1,100円)です。
 季節により内容は変わりますが、地元食材を使ったヘルシーでお得なメニューです。

~ でも、一品だけ地元以外の食材が使われています ~
 “地元の食材で”と言うのに、なぜ鮭が・・・?

 その昔、この地域(麻績村~筑北村~生坂村~旧明科町の上川手・中川手付近)は麻績郷と呼ばれ、伊勢神宮の荘園「麻績御厨(おみのみくりや)」でした。そして、ここからは麻布、鮭、筋子、かち栗、干し棗が内宮へ納められていました。
 当時は、犀川や麻績川まで鮭が遡上し、その鮭は塩で加工され、また筋子は桶に入れられて鮭が遡上しない太平洋側の伊勢の地へ運ばれていました。
 内陸の麻績郷の地には毎年秋から冬にかけて鮭が遡上し、人々の貴重なタンパク源となっていたのです。
 そうした貴重な鮭は大切なお客様の御膳には欠かせないもので、善光寺街道旅御膳にも登場しています。

 お近くにお越しの際には、是非とも聖レイクサイド館へ。そして「善光寺街道旅御膳」を。

▼皆様のお越しをお待ちしております。聖レイクサイド館

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加