黒板の裏側で~おうみ進学プラザの毎日~

おうみ進学プラザは滋賀県の学習塾。困って、喜んで、泣いて、笑って、そして時々怒って。塾のドラマを実況中継します。

横田先生、華麗な夏の舞い。

2017-07-29 21:08:48 | Weblog

いきなりですが、河合塾マナビスの担当者に業務連絡を。夏期講習会の期間中は会議ができませんから、この場をお借りして。
甲子園に応援に行く場合、出張の扱いとします。交通費と入場料も経費でOKですよ。名物の甲子園カレーは経費に含む。カチ割りも含む。
ただし、「アルプス席で飲むビールは最高でーす」の部分は知りません。この部分は御自分の財布で。文武両道の青春群像を応援しましょう。あっ。仕事の手配や調整は事前にしておきましょう。
彦根東高校、「こんなに勝ち続けたら、うちの会社の仕事に影響がでます」とか「そんなに社員が大勢で応援に行く必要があるの?たとえばアナタは高校生部門とは関係が無いでしょ!」というような展開が、これが実は理想的です。
今日は八幡桜宮教室へ。押しかけの割り込みで記述式のページを。これが苦戦。「苦労するだろう」とは予想していたけど、とにかく苦戦でした。これを夏期講習会の間に鍛えますよ。
写真は河合塾マナビスの高校生たち。それぞれの静かな甲子園です。
次は栗東教室。真壁先生がパワフルに、そしてさらにパワフルに、しかも意外に丁寧に古代の歴史を語っていました。
八幡桜宮教室では廣瀬先生が授業中。さすが中3で、なかなか難しそうなところに取り組んでいました。
後半は膳所教室の加野先生。派手な赤いハッピがオシャレです。うむ。この夏、滋賀県は彦根東高校の「赤鬼魂」のスクールカラーで赤一色。
そして南郷教室の横田先生。夏期講習会PR用のノボリを使って、夏の舞い。御本人は「新体操の演技のようにヒラリと回したい」と何度もチャレンジして、お見事でした。
この華麗な舞いは南郷教室でも披露されことでしょう…か…「南郷は忙しいから、そんなヒマは無い!」でしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏期講習会、いよいよ。しか... | トップ | 横田先生は舞い続ける。そし... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事