黒板の裏側で~おうみ進学プラザの毎日~

おうみ進学プラザは滋賀県の学習塾。困って、喜んで、泣いて、笑って、そして時々怒って。塾のドラマを実況中継します。

ホッチキスの修理作業。真壁先生奮戦記です。

2017-07-12 16:55:51 | Weblog

AKBグループの中では地味で目立たない「チーム8」のファンですけど、最近はチーム8のメンバーが大活躍で多方面に進出。舞木香純が「チームA」の公演に抜擢されたり、高橋彩音と吉川七瀬がチームB公演に出たり。
そして注目のショールーム選抜では佐藤栞、下青木香鈴、太田奈緒が選ばれて、大西桃香はなんとまあ花のセンターに就任。すごいことです。が、他の人たちと混じっていると、オジサンは「清水麻璃亜の隣りにいる娘さんは誰だ?」と疑問を感じて、調べねばならぬ。ところが、名簿と照合しようにも衣装が異なる、髪型が異なる。さらには「今日は大人っぽいメイクにしましたー」などと言うから、人相まで変えているらしい。変幻自在のクノイチ戦法か。手ごわい相手だ。私の情報処理能力と分析力、応用力が試されている。
今日は本社で夏期講習会の授業用のメモ集を印刷して、ホッチキスでとめて教室へ送りました。
かなりの枚数。社会科は真壁先生と白岡先生に、理科は加野先生に手伝ってもらった。ありがたや。一人でやると…うむ、大変だ。
作業中に大型ホッチキスが詰まった。針が食い込んで取れない。
真壁先生が「直します」と。古くなっていて、なかなか直りません。「分解します」と。
真壁先生、あきらめません。次々と工具を取り出し、作業用の照明装置も。何でも持っている真壁工務店です。こうして作業は続く。が、金属部品が劣化していて、直りませんでした。まあ仕方ないですよね。
このホッチキス、30年ぐらい使ったのじゃないかなあ。これでまとめたプリント集で勉強した生徒たち…うむ、感慨あり。ホッチキスさん、ありがとうございました。ご苦労様でした。
そして真壁先生、白岡先生、加野先生、応援ありがとうございました。
お陰様で授業用の解説メモは無事に教室へ。先生たちへ。真壁先生の汗のにおいがします。しっかりと受け止めてください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよっ。粋だね。夏のおうみ... | トップ | このテキストを「持ち腐れ」... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事