黒板の裏側で~おうみ進学プラザの毎日~

おうみ進学プラザは滋賀県の学習塾。困って、喜んで、泣いて、笑って、そして時々怒って。塾のドラマを実況中継します。

山形県といえば「おしん」、さくらんぼ、最上川と、硬い硬いソバ。

2017-06-09 13:38:57 | Weblog

写真は県中突破模擬考査。真剣に取り組む生徒たち。
河合塾マナビスの10周年記念スポーツタオル。可愛いマナベアがプリントされています。
AKB48「願い事の持ち腐れ」を演じる樋口先生と加野先生。気分はサッシーかサクラか。
公立進学テストが接近。真壁先生(栗東)が「気合で行くぞ。オッス」と押していきます。

「梅雨に入りました」と宣言されて、そこからは雨が降りません。フェイントにひっかかったか。
小学部の「歴史探検ツアー」まで降らないでほしいなあ。樋口先生たちが準備してきたツアーは、バスが満席。よかった。塾のイベントは、うちの場合には絶対に利益が出ないという伝統?があります。とらぬ狸の皮算用を積み重ねて「なんとかギリギリの線まで行けそうです♪」と言っておいて、終わってみれば「予想外の経費が…」と。まあ、そんなものだろう。イベント業じゃないですから仕方ない。先生たちの気合と勢い、生徒たちの経験が黒字です。
そうは言いつつ、大きな赤字はつらいですから、今回は一安心。あとは天気です。いよいよ古代史のロマンへの旅。明日香美人の微笑が待っている。晴れてくれー。
河合塾マナビスの高校生が「理系にするか、文系にするか」で相談を。難しい選択です。昔よりも振り分けのタイミングが早いから、よけいに迷うだろう。私もアドバイスはしたけど、自分でとことん迷うしかないですね。青春のゼイタクですよ。
昨日は中3の授業でAKB「願い事の持ち腐れ」を聞いてもらいました。「音楽がうるさくて問題に集中できませんでした」との感想も。集中力を鍛えよう。
AKB総選挙、追加で投票しました。私にとって初めての選挙。第一回帝国議会の選挙に行った日本人の緊張感を追体験しました。
私の票はチーム8の清水麻璃亜と舞木香純へ。二人とも形勢不利ながら、ここは信念です。ハンディのある環境で地道に努力している人に。結果は問題ではない!か、やっぱり問題か。そうですよねえ。頑張ってランクインへ押し上げましょう。
同じくチーム8の佐藤栞、岡部麟、大西桃香も激しい戦いをしていますが、ドサドサとみんなに投票するほどの経済力は無いから、「健闘を祈ります」です。まあ、この3人は知名度が高いし、最近は目立っているし、私の1票がなくても確実に当選するだろうと思うので。
明日から学習塾の大規模な研修会で山形県へ出張します。
生徒諸君に質問します。山形県といえば?
前日に着いて、地元の学習塾を見学させていただく予定。ご迷惑とお世話をおかけしてしまいます。よろしくお願いします。
OSP48・チームY(山形県出張チーム)、頑張ろう…前川、加野、久木、荊木…わぁ、男ばっかりの黒々としたチームかぁ。まいったなあ、新幹線でオジサン5人が駅弁を食べるのですね…それでも頑張ろう。オウッ!
では山形県といえば…の正解を。
最上川。さみだれを集めて流れが速いのです。そして船で下っていく「おしん」です。涙の別れ。名産のさくらんぼ。天童市は将棋の駒と木工品。あと二つ。
硬い蕎麦。ものすごく硬い。これは何かの間違いかと…硬い!ラストは、チーム8の早坂つむぎさんです。満点の生徒、いますかー。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まるで「わんこソバ」のよう... | トップ | 山形県天童市へ。馬の口をと... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む