黒板の裏側で~おうみ進学プラザの毎日~

おうみ進学プラザは滋賀県の学習塾。困って、喜んで、泣いて、笑って、そして時々怒って。塾のドラマを実況中継します。

前川先生から春の号令。進め、おうみ進学プラザ。

2017-04-25 17:11:30 | Weblog

NHKのニュースを見ていたら、画面にドッカーンと「河合塾マナビス」というプレートが登場したからびっくりした。卓球の平野選手がアジア選手権で優勝して、帰国の記者会見でした。
河合塾マナビスた宣伝が地味で、というかほとんど宣伝する気が無いような、「内容には自信がありますから」という姿勢。私は、その部分は一番大事で、「宣伝で客が来ればいいじゃないか」というのは付き合いきれない感じ。地味で地道な内容第一主義は間違ってない。
しかし、厳しい競争にさらされている現場の先生たちは「もう少しPRしてもらえんものかなあ」とジリジリしていたのじゃなかろうか。競合しているライバル社は宣伝のプロだからなあ。その点で、今回の河合塾マナビスのスポーツ選手後援スタイルはヒットでした。
「勉強は机の上のスポーツである」という言葉があります。私の言葉ですけどね。そういう爽やかな頑張りを応援していきましょう。高校生諸君よ、平野選手に続け!
河合塾マナビスでAKB48・チーム8の舞木香純、清水麻璃亜、佐藤栞、岡部麟の受験を応援したらよかったけど、時すでに遅し。4人とも無事に大学生になりました。そうなると、受験生として応援できるのは谷川聖(秋田県)、下尾みゆ(山口県)、阿部芽唯(島根県)あたりかな。谷川さーん、下尾さーん、阿部さーん、河合塾マナビスに来てくださーい。
今日は火曜日。おうみ進学プラザは目の前にきたゴールデン・ウイークの休暇と、その向こうに見えてきた「青葉キャンペーン」へと進んでいます。
私、休暇を利用して東京の秋葉原AKB劇場へ…夢です…現実には岡山県の北部の田舎へ帰省しようかと思っています。
が、その前に先生たちから次々と「まもなく締め切りでーす」とか「今年度は締め切りの延長はありません。本当に締め切りです」などの号令が。
横田先生が前に出たから「ややっ。この上に別の締め切りか」と。違いました。滋賀県内の私立高校の入試報告と、来年度の募集プランなどなど。さすがに早い横田先生です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青葉の季節へ「シュートサイ... | トップ | 社内にフナ寿司を食べたこと... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む