黒板の裏側で~おうみ進学プラザの毎日~

おうみ進学プラザは滋賀県の学習塾。困って、喜んで、泣いて、笑って、そして時々怒って。塾のドラマを実況中継します。

猫の駅長、猫島、猫カフェがブームになって、次は猫神社です、たぶん。

2016-10-11 07:41:25 | Weblog

秋晴れ。
火曜日の会議で矢継ぎ早に指示が出ています。山盛りの秋で、勉強も学習イベントも山盛りの大豊作です。
まず真壁先生と樋口先生から小学生の「歴史探検ツアー」の連絡と、さらに県中突破模擬考査のお知らせ。お城をめぐって歴史の風に吹かれる秋。晴れますように。
そして県中突破模擬考査、待っていますよー。
その次の写真は鼎先生と私。生徒たちが「似てるー♪」などと言いますが、その件については二人とも不満を感じでいるのです。言わない!
ところどころにはさんだ写真は、サイクリングで見かけた近江路の秋。
やっぱり川を見ると魚に気を取られる田舎少年OBの私でした。しかし山深い清流というわけではなくて琵琶湖の近くの小川です。こんなにきれいに写るぐらい水が澄んでいますよ。
そして日曜日の若手先生大集合の研修のようす。
前川先生は中3対象の学習イベントの幹事長ですが、やむを得ない事情で日程を1日ずらすことになりました。「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」の看板。
ラストは本社のそばの膳所神社。秋の陽だまりに猫たちが。
この猫たち、嬉しそうに集まって来ました。近所の人たちに可愛がられているのでしょう。
日本は猫ブームで、和歌山県には猫の駅長さんがいるし、東京の猫カフェも人気だとか。東北と瀬戸内海には猫の島もあります。
やがては膳所神社が猫神社と呼ばれるようになって、観光客が…。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体育の日は、自転車の日。 | トップ | わさびvs.青唐辛子。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む