動物園バックヤードツアー




今日は朝から動物園に行って来ました。



小学校から貰って帰ってきたチラシで

動物園でのバックヤードツアーが催されるのを知り

しかも限定30名という限られた人数で

11時から整理券が配布されるという事らしく

行きたいという栞菜の為に、9時の開園に間に合うように動物園へ行き

10時前から整理券配布の場所で1時間以上並んで待ちました。

早く並びに行ったので二番目でした。

何とか栞菜念願のバックヤードツアーの整理券をゲットし

後はツアー開始までの二時間半はゆっくり動物園で過ごしました。


ツアー開始は13時半。

待ちに待ったツアー開始!!


先ずは獣医室見学。

小さな動物なら獣医室で診れるけれど、

大きな動物は獣医室まで連れて来れないので

逆に機材を患畜の元まで運び込んで治療にあたる事。


麻酔はチンパンジー等は人間と同じ機材を使う

ライオン等の動物には吹き矢で眠らせてから治療をするが、

吹き矢はどういう仕組みで動物の体に麻酔薬が入るようになっているか

…等の説明があった。



次は解剖室。

死んだ動物の死因を調べる為に解剖が行われる場所。

次の命を救う為にも必要な事なのですが

なかなか…ショッキングな内容も(^_^;)



調理室。

動物達のご飯をここで作る訳ですが

毎日同じだと飽きてしまうので、

曜日毎にお野菜を替えたりの工夫なんかもされているそうな。

お野菜は生なのかと思いきや、

サツマイモや人参はそのままだと固いし

火を入れた方が甘味も増すので火を通すらしいです。

巨大冷蔵庫からはお肉を出して見せて頂きました。

肉食獣の食べるお肉は脂が少ない馬肉なんだそうな。

値段も安いんですって。

(天王寺動物園とかでは値段の高い牛肉も与えたりしているそうです)

後…バケツに入ったお肉を見せられたのですが…

中には大量の鶏の頭が入っていました(*_*)

大量の鶏の頭部……夢に見そうです(*_*;


私達が頂いている鶏肉を作る為には先ず

生きた鶏の首を切ってから血を抜きます。

その時に出た不用の大量の頭が動物園に来るそうです。

ライオンはこのまま生で食べれますが、

鶏の骨は固いので、ミーアキャット等には細かく切ってから与えるそうです。

その動物動物に合わせて調理されます。


色んなショッキングな事もありましたが

普段入る事の出来ないバックヤードに入り

色んなお話を聞けて、

本当に有意義な時間でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 寝落ち 動物園 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。