OMIのデジタルガジェット備忘録

手に入れて軽くいじっているデジタルガジェットについての備忘録です。まったり更新中です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バッテリの持ち具合を考察

2009-07-04 | T-01A

星羽さんから、バッテリベンチの結果について、感想のトラックバックを頂きました(^^


せっかくなので、素人なりに簡単にバッテリが持っていると思う理由を考察してみました。


●バッテリが持つ理由(推測)
1.CPUのクロック調整が細かく、消費電力が低い
CPUの媒体資料を見ると、最大消費電力は500mwらしいので、1時間フルパワーで駆動すると、CPUだけで2時間しか持たない計算になります。
これに、この巨大な液晶の消費電力が追加されるので、普通に考えると2時間も持てば十分なのでしょうが、実際はそうではないようです。
恐らく、クロック調整が行き届いているのではないかと思いました。

2.無線LANの消費電力が低い
無線LANは、設定の中に「省電力設定」「バランス」「送信レート優先」という項目があるので、恐らく電波の掴みが良い場合や、必要な転送レートがそこまで大きくない時に電力調整ができるチップを搭載しているのだと思います。


そのほかにも、恐らく省電力に寄与する技術が組み込まれているのだと思います。


SIMをいれずに、無線LANでネット接続するというスタイルで普段使っていても、3時間は余裕で連続稼動していると思いますので、今まで使ってきたどのWindowsMobile機よりも、電池容量当たりの消費電力量は小さいのかなと思います。
#WS003SH、WS007SH、WS011SH、WS020SH、S01SH IIの中でですが…

使った感覚としては、Advance W-ZERO3[Es](WS011SH)と近い感覚でしょうか?
でも、液晶サイズが大きく違うので、比べにくいですけどね(^^;

液晶サイズが近い、EM-ONE(S01SH II)や初代W-ZERO3(WS003SH)とは、隔世の差があると思います(^^


あと、SIMフリーの端末ではないのに、SIMを入れなくても「電話が出来ない」「電話回線を使っての通信が出来ない」(これは当たり前)というだけの制限しか無いのは、素晴らしいことだと思います(^^


購入した時のエントリでも書いていますが、PDAとして手に入れても問題ない端末になっていると思います(^^


キーボードが標準に無いのは、個人的には大きなデメリットだと思っています(自分は基本的にキーボード必須派です)が、イザという時にはBTキーボードを使える「ビュワー」としては、非常に気に入って使っています。


以上、長々となりましたが、考察と感想でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無線LAN環境バッテリベンチ | トップ | バッテリベンチその2.TCPMP... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほどですね (星羽)
2009-07-08 13:31:51
あの小ささと薄さ、ハイスペックからして2時間くらいは持つ?程度にしか考えてませんでしたので、OMIさんの検証エントリーを読んでビックリしました♪

SIMを入れない状態でも制限がほとんど無いというのにはほんと驚きました。
PDAとして利用する人も多いと考えてそういう仕様にしてくれたのだとしたら嬉しいですよね☆

コメントを投稿

T-01A」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事