情報日記

j健康や美容情報を書いていきます。

二重整形

2017-08-10 16:21:17 | 美容と健康
二重整形「埋没法」とは目をつむる女性の写真埋没法は、痛みや腫れが少なく手術費用も10万円以下でできるクリニックもあり、比較的お手軽に受けることができます。埋没法の手術では特殊な糸を使用して、希望の二重のラインに合わせて上まぶたの裏側にある「瞼板」という軟骨か、上まぶたを持ち上げる「挙筋」という筋肉のいずれかに糸を結びつけ、二重まぶたを形成します。埋没法で目指せる目元は、元の二重の幅を広げたり、末広型や奥二重だったりと比較的ナチュラルな仕上がりなもの。自然な二重の仕上がりを希望する人におすすめの手術です。しかし、二重の効果は永久的なものではなく個人差はありますが、3?5年ほどで幅が狭くなる、元に戻ってしまうことがあります。「瞼板法」と「挙筋法」には違いがある?「瞼板法」は、瞼板という軟骨に結びつけ二重をつくる手術。「挙筋法」は瞼板よりも奥にある挙筋に糸を結びつけて二重をつくる手術です。「瞼板法」では、まぶたの裏に糸が出てしまうこともあるため、糸が眼球に当たりやすいという話もあります。また、「挙筋法」では腫れが強いという話もあります。しかし、瞼板法でも独自の方法で眼球を傷つけない手術ができるクリニックや、「挙筋法」でも腫れない工夫をしているクリニックがあります。そのため、どちらの方法で二重にすべきかは一概には言えません。また、どちらかが非常に二重がとれやすいというわけではないようです。手術を検討しているクリニックで、どのような術式を行っているのかを確認し、カウンセリングで相談し、納得してから術式を決めると良いでしょう。埋没法のダウンタイム二重埋没法は、ダウンタイムは比較的短く、術後2?3日が赤みや腫れ、痛みのピークです。赤みや腫れが引いて目立たなくなるのは、術後1?2週間ほどとされます。しかし、赤みや腫れが目立たなくなったからといって、必ずしも手術が成功したとはいえません。術後2か月ほど経って、腫れが完全に引いてから二重が定着するようです。また、糸を留める点数が多いほどダウンタイムは長引く傾向にあるようです。二重が定着するまでは、手術した部分は慎重に扱いましょう。 品川スキンクリニック新潟院院長 武内大武内大二重埋没法の一般的な経過では、腫れは2?3日がピークです。 術後1週間で腫れが70%ほど引き、1か月で完成します。埋没法の費用埋没法の費用は、5?10万円ほどです。留める点数によって異なるクリニックが多いようです。また、別途麻酔代金が加算されることもあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。二重整形「全切開法」とは壁にくっついて真顔で正面を見ている黒髪で茶色の瞳の女性全切開法は目の上の皮膚を切ってから縫合することで、くっきりとした二重のラインをつくることができるとされる術式。手術の過程でまぶたの余分な脂肪を取り除く手術もプラスすれば厚ぼったい一重まぶたの人でもぱっちり二重を手に入れることができるとされます。また、埋没法と比べると、幅の広い二重を目指すことが可能です。全切開法のダウンタイム二重全切開法ではメスを入れて皮膚を大きく切るので、ダウンタイムが長くなります。赤みや腫れのピークは手術直後から手術翌日。また、糸を抜くまでの5?7日はかなり腫れが目立つこともあります。約1か月で赤みや腫れが目立たなくなりますが、二重が定着するには、3?6か月かかるようです。 品川スキンクリニック新潟院院長 武内大武内大二重全切開法の一般的な経過は、1週間で50?60%くらい腫れはひき、1か月で80?90%ひき、3?6か月くらいかけて完成します。二重整形「部分切開法」とは笑顔で目を閉じているロングヘアーで明るい髪色の女性部分切開法はまぶたを切って縫合するという点では全切開法と同じですが、切開する範囲が全切開より狭くなります。そのため全切開よりもダウンタイムが短いとされています。 品川スキンクリニック新潟院院長 武内大武内大部分切開法は、幅が広い二重を形成するのにはあまり向きません。 部分切開したところが、くぼんで見えてしまうことがあるからです。 自分が目指す二重が部分切開法で可能か、医師に相談しましょう。部分切開法のダウンタイム部分切開は、メスで皮膚を切るのでダウンタイムはやや長めです。手術後も、糸が残った状態で5~7日間過ごします。その間は、近くで見ると糸が見えてしまう状態なので、外出は控えたほうが良いかもしれません。そして、抜糸までの期間が赤みや腫れ、痛みのピーク。術後およそ10~14日までは赤みや腫れが目立つ状態で、1~3か月ほどでようやくおさまっていくようです。二重が定着するまでに術後3?6か月ほどかかるので、埋没法と比べるとダウンタイムも、完成するまでの期間も長いといえます。
大塚美容形成外科の埋没法の口コミ・評判など
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埋没法で腫れない方法とは | トップ | 天然シャンプー »

コメントを投稿

美容と健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。