情報日記

j健康や美容情報を書いていきます。

エイジングと美容液

2017-08-13 21:47:26 | 美容と健康
エイジングサインの原因とは エイジングサインの原因は、加齢による「代謝の低下」や紫外線や乾燥などの「外的要因」、ストレスやホルモンバランスの乱れなどの「内的要因」にあります。 私たちの肌は、代謝により約28日の周期で生まれ変わります。 例えば子供の肌の場合、真っ黒に日焼けしても数日後には皮がむけ、肌色が元どおりになります。子供の肌は成長ホルモンにより代謝が活発に行われるので、特別なスキンケアをしなくてもすぐに肌が綺麗に生まれ変わるのです。 しかし、成長するにつれ肌の代謝が滞り、環境やストレスなどさまざまな要因で肌ダメージを受けやすくなってしまいます。 こうして年齢とともにシミやたるみ、乾燥、くすみなどのエイジングサインが表れるようになるのです。 乾燥によるエイジングサイン 私たちの肌は、角層内で水分を抱え込む天然保湿因子と細胞間脂質、そして肌の表面を覆うことで角層内の水分が逃げないように蓋をする皮脂膜の3つで潤いが保たれています。 天然保湿因子や細胞間脂質、皮脂膜が整うことで肌のバリア機能が働き、乾燥や紫外線などの外的トラブルから肌を守ることができるのです。 しかし、加齢によって皮脂の分泌量が低下すると、皮脂膜が形成されず角層ないの水分がどんどん逃げてしまいます。 すると肌が乾燥状態となり、小じわやくすみ、ごわつきなどのエイジングサインが表面化するのです。 乾燥によるエイジングサインを改善・予防するためには、保湿力のあるスキンケアで肌の水分量をキープすること、また適度に油分を補うことが大切です。 紫外線によるエイジングサイン 紫外線の影響もエイジングサインの原因となります。紫外線を浴びてしまうと、肌の細胞を酸化させる活性酸素が増えてしまいます。 活性酸素は肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を阻害してしまうので、メラニンが排出されずシミやくすみなどのエイジングサインを生み出すのです。 また、室内にいても窓ガラスを通り越して肌に影響を与える生活紫外線(UV-A)には特に注意が必要です。 生活紫外線は波長が長く、肌の真皮にまで到達してしまいます。 真皮には肌にハリや弾力をもたらすコラーゲンやヒアルロン酸、これらを産生するエラスチンがあります。生活紫外線によってエラスチンの働きが阻害されると、たるみやたるみ毛穴、シワなどのエイジングサインを引き起こします。 スキンケアに加え、UVケアも大切ですね。 エイジングケアは何歳から始めれば良いか エイジングケアは40代から始めれば大丈夫……と思っていたら間違いです。 なぜなら、エイジングサインはできてからケアするのではなく、予防することがとても重要だからです。また、成長ホルモンによって肌のターンオーバーが促されますが、その成長ホルモンの分泌に欠かせないものが酵素です。 しかし、この酵素は20代をピークに徐々に減少していきます。つまり、20代の時点で肌のターンオーバーが滞りがちになってしまうのです。 エイジングサインは表面化するまで時間がかかるため、実際に20代からエイジングケアを始めてもなんら問題ありません。むしろ、20代からエイジングケアを始めることをおすすめします。 逆に今から始めても遅いのでは…?と思っている人も安心してください。肌のターンオーバーが低下しても、エイジングケアによって促進させることができます。 今すぐ始められるエイジングケア 「エイジングケアを始めたいけど、いったい何から始めればいいの?」「スキンケアをエイジング向けに一新すればいいの?」 …なんて思っている人も多いのではないでしょうか。 いきなりスキンケアを一新してしまうと、これまでのスキンケアに慣れてしまった肌がストレスを感じ、かぶれを起こす可能性もあります。 エイジングケアを始めるなら、普段のスキンケアにプラスしてエイジング美容液を取り入れることがお勧めです。エイジング美容液には、美容成分が豊富に含まれているものや、美容成分が高濃度に配合されているものがあります。 普段のスキンケアでは解消できないエイジングサインに効果的にアプローチすることができるので、エイジング美容液はエイジングケアのファーストステップにぴったりなのです。
ヴェルモアの口コミから見る評判・批評など
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二重整形「埋没法」 | トップ | オールインワンゲル13 »

コメントを投稿

美容と健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。