情報日記

情報提供

美白クリーム

2017-08-05 16:15:22 | 美容と健康
美白クリームを選ぶ際は、配合されている美白成分も参考にしましょう。 《代表的な美白成分》ビタミンC誘導体トラネキサム酸プラセンタエキスハイドロキノンアルブチン シミをピンポイントで集中ケアする美白クリームなら、ハイドロキノンやビタミンC誘導体配合のものがおすすめ。 ???美白成分とその働きをもっと詳しく見る ②お肌に合った美白クリームを選ぶ美白成分で肌トラブルを起こす人も多いため、化粧品で肌トラブルに遭ったことがあるという人は注意して選びましょう。 ビタミンC誘導体は、敏感肌でも使いやすい成分ですが、高濃度のビタミンC誘導体だと、皮脂分泌量が抑制されて肌を乾燥させるため、敏感肌には不向きです。サンプルがあるものやお試しセットがあれば、パッチテストなどをして、事前に使ってみることをおすすめします。 お肌に合わず、炎症や湿疹などの肌トラブルを起こしてしまうと、炎症後色素沈着といったシミの原因になるので注意してください。 ③毎日使うものだからお気に入りの使用感の美白クリームを選ぶ美白ケアはお肌のターンオーバーのことを考えると、3ヶ月を目安に使ってみることをおすすめします。 そのため、使用感が好きになれないクリームは長く続けることができません。ベタベタする、逆に使っていても物足りないなど、クリームの使用感に満足できないものの使用はおすすめできません。毎日心地よく使える美白クリームを選びましょう。 ④顔全体のくすみ?それともシミを集中的にケアしたい?目的別に選ぶ美白と言っても、できてしまったシミを消したい、顔全体のくすみをなんとかしたいなど、人それぞれ美白ケアの目的が異なります。 できてしまったシミを消すのであれば、メラニン色素還元作用のある「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」がおすすめです。顔全体のくすみには、ビタミンC誘導体や保湿成分配合のもの、またシミの予防であれば、メラニン色素の生成が抑制される成分、アルブチンやトラネキサム酸配合の美白クリームがおすすめです。 もちろん、予防と集中ケアの目的で異なるタイプの美白クリームの併用もおすすめ。
【エクイタンス】ホワイトロジー美白3点体験セットを通販限定で購入する方法
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プエラリア | トップ | 便秘解消 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。