つれづれなる日々♪

アンティークが大好き♪オメガと中国時計が大好きでコレクションをしてます。

LIP(フランス)

2016-12-13 17:19:40 | アンティーク ウォッチ

LIPは長い歴史を持つ、フランスを代表する時計ブランドです。戦前のリップを代表するムーヴメントはT18(Tはトノー)ですが、戦後はR.25とR.23(Rはラウンド。23と25は直径で23mmと25mm)です。リップはソ連政府と契約し、戦前に T18の生産設備をそのまま持ち込み、現地の職人を指導しました。戦後も同じようにR.23とR.25をソ連で生産しています。ソ連の時計産業を立ち上げたのはリップであり、これらのムーヴメントは本家のリップよりも長い機関生産されました。部品の殆どに互換性があり、現在リップの部品は入手難ですが、ソ連製のものは比較的安く入手できますので、これらのムーヴメントを持っておられる方は部品取りにソ連製のリップを買っておくと安心です。

ちなみに、リップはアイゼンハワーやチャーチル、近年ではクリントンが使ったこと(実際にはフランス大統領から贈られたのでしょう)で知られ、プレジデンツ・ウォッチなどと称されることがあります。また世界で始めて電池を使った電気式腕時計を1952年に発表しましたが,なかなか問題が解決できず、発売はハミルトン(1954年)に先を越されました。また、初めてクォーツ・ムーヴメントを開発したのもリップですが、コストダウンが思うようにいかず、1969年、セイコーに先を越されてしまいました。また、ストライキに端を発する労働争議で、経営権が経営者側から労働者側へ移ってしまった会社としても知られます。

CAL R23D

17石ムーブメント


リップは1955年にR.23を開発します。これは最初からセンター・セカンドとして設計された新世代のムーヴメントで、最初からフラット式スプリングと衝撃吸収装置が標準仕様です。資料によれば全部で8つのヴァリエイションがあることになっていますが、例えば同じR.23Cでも衝撃吸収装置の違いや、細かい差異があります。

リップは1955年にR.23を使ったBlancpain(ブランパン)とのダブル・ネームの時計をフランス国内で発売しています。ネジ式裏蓋のケースを使った防水時計で、50ファゾム(1ファゾムは6フィートですので、50ファゾムは約90メートル)を保証していました。ブランパンは1735年創業の、世界最古の時計メーカーで、高級時計で知られています。ちなみに、R.23はムーヴメント単体でもブランパンに販売され、ブランパンの刻印が入ったR.23というのも存在します。フランス国外ではダブル・ネームではなく、プランパンのブランドで販売されたそうです。

自社製ムーヴメントを使ったフランス製の中・高級時計というのは、実はそれほど多くなく、そのせいでしょう、フランス人にとってリップはとても人気のあるヴィンテイジ・ウォッチで、一般的に言ってフランス人以外は「え?」と思うぐらい高価です。しかもリップは少数しか輸出されませんでしたので、フランス以外でリップを捜すのは、かなり困難です。

ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人に言いたくなる! 車のナン... | トップ | C・ロナウドが2年ぶり4度目の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アンティーク ウォッチ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL