つれづれなる日々♪

アンティークが大好き♪オメガと中国時計が大好きでコレクションをしてます。

豪華絢爛の山鉾巡行、祇園祭 沿道埋め尽くす観客

2017-07-18 06:54:07 | Weblog

 

写真山鉾巡行の先頭を進む長刀鉾。四条河原町駅周辺は多くの見物客らで賑わった=17日午前、京都市下京区(鈴木健児撮影)
山鉾巡行の先頭を進む長刀鉾。四条河原町駅周辺は多くの見物客らで賑わった=17日午前、京都市下京区(鈴木健児撮影)

 京都・祇園祭は17日、前半のハイライトとなる前祭(さきまつり)の山鉾(やまほこ)巡行が行われた。「動く美術館」とも称される豪華な飾りをまとった山鉾23基が夏の都大路を進み、沿道を埋め尽くした観衆を魅了した。


 午前9時、「エンヤラヤー」の掛け声を合図に、先頭の長刀(なぎなた)鉾が京都市中心部の四条烏丸交差点をゆっくりと出発。鉦(かね)や笛の祇園囃子(ばやし)が響く中、長刀鉾に乗り込んだ今年の稚児、林賢人君(10)=市立御所南小4年=が、四条通に張られたしめ縄を太刀で切る神事に臨んだ。


 見せ場は、交差点で山鉾の進行方向を90度変える「辻回し」。車輪の下に割り竹を敷き詰めて水を打ち、曳(ひ)き手たちが音頭に合わせて一斉に綱を引くと、山鉾がギシギシと大きな音をたてながら回り、沿道から拍手や歓声がわき起こった。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オメガ懐中時計 | トップ | 宇良が号泣「言葉出てこない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL