JR秋葉原駅の昭和通り口の改札が封鎖され、爆発物処理班や特殊車両が出動

アキバからっ!(・△・)/

4月23日の正午頃、JR秋葉原駅の昭和通り口の改札が封鎖され、爆発物処理班が出動する騒ぎがありました。



シャッターが降りて警察が他の改札(中央改札や電気街口は使用可能でした)への誘導をしていました。



昭和通り口の改札に近い多目的トイレで清掃員が不審物を見つけたことで110番通報があったとのことで、トイレ周辺は駅の南側がガラス貼りなので外から見えますが、作業中はブルーシートで隠されていました。



13時半ごろから爆発物処理班がトイレに確認に出入りし始めたのかマスコミも集まってました。




13時50分頃、爆発物処理班が液体窒素のタンクと“何か”を持って出てきました。



液体窒素の運搬車の中央円筒部分に“何か”が納められ、マスコミ含め多くの人が集まってました。



ただまあ、爆発物だと例え爆発しない状態になっていたとしても、一般人がこんなに近づくのを放置するはずはないので、危険物ではなかったんだろうな~と思いながら眺めていました。
ちなみに、トイレから回収されたものを収めたのか、持ち出していた機材か何かを戻しただけなのかはよくわかりません。



13時55分ぐらいには皆さん液体窒素には関心が無くなったようで。円筒部分の中ってどんなかな?と撮影してみました。



中央の大事なところは謎の白いモヤで見えません。ってやつですね。


14時頃には今度は、ドラム缶とコンテナのようなものが出てきました。







これらはトレーラーに積まれていきましたが、これまたこの時点では何が入ってるかわからないので大人気。




そんなこんなで14時10分ぐらいには昭和通り口のシャッターが開いて改札が使えるようになりました。




不審物に関してですが、後の報道によると「ゴミ箱のフタを自動開閉する外付け機械」とのことで、機械にカバーが無く配線などが剝き出しだったため爆弾鴨ということで通報となったとのこと。
元々このトイレに設置されている機械ではないことから、誰かが悪質ないたずらで設置したものではないかということのようです。



日曜午後の大騒ぎとなってしまいましたが、大事にならないで何よりでした。



現場には万が一に備えての特殊車両も出動していました。
なかなか珍しいので写真は多めに載せときます。

















かっこいいですね!


【関連リンク】
JR秋葉原駅のトイレに不審物 昭和通り口を封鎖、爆弾処理班が出動 Twitterに写真や動画が続々と(ねとらぼ)
JR秋葉原駅のトイレに不審物、ごみ箱の一部か(TBS NEWS)
駅出入り口が3時間にわたり閉鎖 秋葉原駅で不審物(テレ朝news)
東京・秋葉原駅で不審物騒ぎ(FNN)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 ) この記事をはてなブックマークに追加

« フレッシュジ... ページトップへ 昭和通り近く... »

 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。