九条の会おまぎ お知らせ板

憲法九条を今に生かそう。さいたま市緑区尾間木地域で活動中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月24日、お話「脳の発達と心の発達」

2007年09月24日 | 企画
 24日、午後1時より、「第4回 憲法と交流のつどい」として、講演「脳の発達と心の発達」を開きました。
お話は、九条の会おまぎの世話人でもある、皆川正男さん(埼玉医科大学名誉教授)でした。

 お話の後に、質問・感想の時間をふくめ、2時間にわたってお話をうかがいました。脳細胞のしくみ、赤ちゃんから成人まで、脳がどのように一人前になっていくか。人間にとって、人と人との言葉を通じてのやり取りがもつ大切な意味などを、貴重な写真をプロジェクターで投影しながら、興味尽きないお話でした。

 参加した20人の方から出された、感想の一部を紹介します。

「改めて幼児教育の大切さを教えていただきました。
 ガンジーの言葉の『人間社会に対する7つの罪』にも納得できました。」

「科学的な世界を、とてもわかりやすく、おもしろく話してくださって、心がひろがりました。中学の教師をしている友人が、生徒のADHDでとても悩んでいます。自閉症とか、切れるとか、近頃とても多いように思います。脳の発達との過程で、食事とか、どういうところに原因があるのでしょうか。」

「脳のお話とのことで、むずかしいと思ってきましたが、とても分かりやすく楽しく聞かせていただきました。このような機会をまた、お願いいたします。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月24日(祝)「脳の発達と心... | トップ | 24日の皆川先生、お話あり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。