夢と笑顔が宝物☆

mokaの、きまま、そのまま、わがまま日記

ブックカバー

2016-10-19 21:40:03 | 日記
私は、持ち歩く本には、たいていブックカバーを付けています。

今回は、和菓子屋の和紙(包装紙)を利用しました。

結構粋な感じになり、気に入っています。

作者の方は、ご自分のご著書を何もカバーを付けずに持ち歩くのと、
大事にカバーを付けているのとでは、どちらが嬉しいのでしょうか?
どうでしょうか?
さらに、本の装丁を生業にしている人はどうでしょう…
もっとも、カバーしていたら誰の本か、わからないですけれど…。
同じサイズの本だと、カバーしているのが全部自分の本だと思えたり、
カバーなしの自分の本を見つけたら、【うわ~】とドキドキするのでしょうか?

話がそれますが、
私の仕事仲間は、かの有名な『失楽園』を図書館で借り、
電車の中で読んでいると、結構注目の的になったようですが、
ご自身は本の世界に没頭していて気付かず、
何やら視線が突き刺さるように感じ、『はッ!!』としたそうです。

最近の電車の中は、8割方の人がスマホに没頭しているので、
あまり周りを気にしていない様子です。
スマホ以外は、寝ているか、しゃべっているか、
読書している方は1割いるでしょうか…少なくなった気がします。

読書しながらの移動時間は、アッという間ですね。
しばし別世界にワープして、
現実世界をデフラグできるような気がします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2弾 | トップ | 10月のイラストから・・・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神崎和幸)
2016-10-20 11:28:39
自分はどちらかというとカバーをつけずに持ち歩いてもらえるほうが嬉しいですよ。(笑)
デザインを気に入っているんです!

カバーなしの自分の本を見つけたらドキドキしますよ。

確かに最近は電車でスマホをしている人が多いですよね。
読書をしている人は少ないと思いますよ。
ありがとうございます! (moka)
2016-10-22 10:04:34
なんと!直に作家の方の貴重なご意見を頂きました。
素敵なデザインの装丁ですものね。
カバーは外して読ませていただきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。