UK ハーバリスト修行

2002~2007年、スコットランドにて英国メディカルハーバリストの修行をしていた時の記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Weleda の見学会

2005-06-15 | Herbs

先週末にイングランドにあるWeledaのハーブ畑の見学に行った。人智学に基づくバイオダイナミック農法が行われている敷地内には、ハーブ畑の他にも、池があり樹木が植えられていたり野菜が育てられていたりしていて、人工的でありながらも自然に近い状態で植物を栽培しているそうだ。

 イギリス国内では医療品よりもスキンケアシリーズの売り上げの方が大きいというだけあって(!?)目についたハーブはカレンデュラ、バーチに始まり、特性の肥料にされるためのネトルやカモミール、ホメオパシーで使われるというものが多かった。Welwdaはハーブ医学というよりホメオパシーがメインだと今まで気がつかなかった。自分でどんなものを使っているかと言えば、スキンクリーム、リップバーム、日焼け止めにシャンプー。ホメオパシーのアルニカ。よーく思い出しても薬っぽいものといったら口唇ヘルペスにつけるクリームくらいしか思い出せない(どんなハーブが入っているのか?)。

 広大な畑とそこを案内してくれたMichaelの深い知識には感動したけれど、人智学における医学の位置づけ(ハーブ、植物と医学の関係というか)は不明のまま。シュタイナーの考えた医学を今まで深く知ろうとした事がなかったが、これを機会にチョッと勉強してみようと思った。以前、人智学における栄養学の講座を取った事があったけれど、人智学のベースがしっかり無かったために、こんな事を勉強している人もいるんだ程度で終わってしまった事もあった。そんなのもったいない。大地と宇宙をつないで自然と人間を考えるという理論はすばらしい!!と思う。 

コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PMA | トップ | レモンバームのチンキ剤 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
特性の肥料? (sasapy)
2005-06-15 20:32:02
カモミールが特性の肥料ってどういうことですか?

うちでは今ミントやローズマリーがにょきにょきと育っています.

いちごのランナーも伸びてきたので増やそうと計画中.



サオリちゃんがどんどんと自分で勉強をしていく姿に感動! 私も頑張ります.
シュタイナーって? (Tugezou)
2005-08-15 14:43:51
彼の学校があることは聞いていましたが、製品の元であるハーブを作っていることは知りませんでした。

さおりさんのお奨めのベレダ商品は何ですか?教えてください。
お奨めヴェレダはね、 (Olive)
2005-08-15 18:42:00
Tugezouさん、シュタイナー学校に行ったことがあるんですか?幼児教育や農業・アートのコースがあるんですよ。私は以前エマーソンカレッジhttp://www.emerson.org.uk/の栄養学のコースに行ったことがあります。惑星の動きとそれに適した穀物の食べ方などビックリするような話ばかりでした。



ヴェレダのCalendula baby lotion(オレンジの甘い香りのスキンクリーム)とSun lotionはお奨めです。お試しあれ。
Calerendula ですね。 (Tugezou)
2005-08-23 15:30:24
こんにちは。Tugeです。

実を言うと、彼の学校行ったことがあります。夢の中ではなくイギリスの森の中のです。

Calenduraかどんな香りなのかしら??

これって製油ありますか?

買う日を楽しみに働きます。
Calendulaは・・・ (Olive)
2005-08-23 21:46:42
Tugeさん、残念ながらCalendulaは精油にはありません。外用では、香りにというよりは花のオレンジ色に有効成分があるので浸出油のかたちで手に入れる事ができます。

Weledaの製品にはスイートオレンジCitrus sinensisの精油が入っています。甘くてトロンとなります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。