今日のMOB

今日のMOB

高知のボクシングジムMTオリーブボクシングクラブの日記 6月 27日

2017-06-28 | Weblog
最近暑くなってきたので扇風機をつかう。本来ならば7月まで我慢したかったのだが、先日原人岩さんが入ってくるなり扇風機のスイッチに、そしてそこから扇風機をつかうことになってしまった。でもこれごときの暑さで扇風機をまわしたら本格的な夏にたえれるだろうか、でも夏は汗をかくのでダイエットには最適な時期である。その原人岩さんと下っ端オーラ満載の福ちゃんと影武者の3人まわしのマスを夜行った。8時ぐらいまでは女性が多いので優先的に女王様をしてくれるので、おっさんたちのマスは夜に行われることが多い。その影武者であるが20代ともあって最近実力をつけだした。最後師匠である福ちゃんにボディをもらってうーっとへたれこんでいたがでもかなり実力がついたと思う。秋月トレーナーからもミットを持ってもらった時に君はストレートがいいから頑張れよと言われていたが、彼自身もミットを持ってもらってかなりモティベーションがあがったようだ。忙しい中一生懸命時間をつくって一生懸命トレーニングしてるので試合に出る日も近いと思う。

うちのクラブのマスではいいパンチをもらうとよくうーっとへたれこむことがある。これは安全を考えると大事なことであり、社会人は仕事が第一なのでダメージをのこすことはしない。それゆえにいいパンチをもらったら我慢するではなくへたれこむ、これは安全上大事なことだと思っている。
うちのクラブは自称運動音痴の人がトレーニングに来てくれる。中には本当に運動音痴の人もいるが、しかしたいていは運動する機会がなかっただけである。運動をしていなかったのだからできないのは当たり前、だからまわりのペースに巻き込まれてこれぐらいはできないとはずかしいとか自分がマスにまざったら何もできないので迷惑がかかるんじゃないかと決して思わない。ここにいるほとんどの人はそうやってやってきてもらってるし、うちではむしろ運動音痴やおっさんや女性はマジョリティであるから、楽しく堂々とトレーニングしてほしい。

「人は自分があろうとする姿以外にはありえない。このことが実存主義の第一原則である」はジャンポールサルトルの言葉である。これは物や動物に比べて人間だけが自分が描いた理想像を持ちそれになれる存在だと言うことである。ただ生きているだけでは本当に人間が持っている本質に近づくことはできないであろう。アリストテレスは目的に向かって行く力をエネルゲイアと呼んだがこれは植物の種が花にかわろうとする力エネルギーのことである。しかし種は所詮あらかじめ決まった花にしかなれないが、人間はその意思を持って何物にもなることはできる。自分が描いた夢を現実にできるのが人間だと言うことである。私はサルトルの言葉にはすごく励まされる。ニーチェは麻薬のようなものであるが、サルトルは挑戦的で実のある哲学だと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高知のボクシングジムMTオリ... | トップ | 高知のボクシングジムMTオリ... »

Weblog」カテゴリの最新記事