今日のMOB

今日のMOB

高知のボクシングジムMTオリーブボクシングクラブの日記 7月 10日

2017-07-11 | Weblog
今日は湿気も多く、昼からかなりにぎわった。女子率も高く6対4ぐらいであったが、しかし夜8時をまわると相変わらずおっさんたちと女性はひろちゃんだけ、昨日はフレンチに言っていたらしいので体重はおちたかと聞いたらなんと3キロ痩せたそう、食べログだけではなくトレーニングも頑張っているひろちゃん。今日は岩さんと外でしゃべっていたらいきなり「おっいかんいかんひろちゃんにマス頼まれてた」と途中でジムに戻った原人岩さん、うちのクラブはよく男が女性に呼ばれていく姿を見る。
あのーっとこっそり声をかけてくる福ちゃん。「実はまさのりが誰かとマスやってほしいらしいんですと」「えっじゃあ自分で頼んだらいいでしょ」と冷たくあしらうと「いやあ前のことがあって頼みにくいんですよ」と福ちゃん。実は前回ある人がまさのりのパンチをもらってうっすら鼻血を、そのこともあって遠慮しているようだ。私はそれを聞いて大笑い。そして半分騙すような感じである人にマスのお願いを、マスの最中、福ちゃんが「まさのり思い切りやったらあかんぞ」と必死で言う中、私は「まさのり遠慮せんと思いっきり行け」と結局その人は1ラウンドでギブアップ、まさのりはかなりパンチ力がついたと思う。最近まさのりは自信が出て来たようである。この後も今度はボディうってもらうぞと言ったら「うんいいよ」と自信たっぷりに言う。来た当初は頼りなかったが、しかしここに来て1年ちょっとだが精神的にかなり成長したと思う。福ちゃんは下っ端オーラ満載であるが、しかしまさのりは大物のように育てようと思う。
ベルグソンの「創造的進化」の中にélan vitalと言う言葉が出てくる。これは日本語では生の躍動と訳されているが、これはキリンなどの動物がその環境に応じて自分がその環境で有利に行きたいと言う、その生存競争で勝ち残っていくためにキリンの首を長くすると言ったことで、élan vitalとはそのキリンが生存競争で勝ち残っていくために働く力のことである。そして世界はélan vital繰り返し進化していて、動物が本能を進化させたのに対して人間がよりよく生きるために進化したのが知性であると言う。よく体育会ではあいさつしろというが、たいていのクラブはその競技とあいさつ意外何も教えることはできないから笑える。人間は知性を磨かなくては人間らしく生きれないと言うのが私の考え方。群れもある意味知性を大事にしたら自ずと健全な群れになる。知性を磨きお互いを刺激し合えばその群れにおいてコモンセンスや思いやり、そして助け合いの精神は自然と育つだろう。ルールや仲間意識と言うのはサルでも持てる。大事なのは責任者がひろく深く物事を考える力であり、そういう知性をしっかりとたくわえて指導しなければ、本当にその群れを機能させることができない。うちのクラブはあいさつよりも責任者の知性、それを磨けば自ずと群れは健全に正しく機能する。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高知のボクシングジムMTオリ... | トップ | 高知のボクシングジムMTオリ... »

あわせて読む