今日のMOB

今日のMOB

高知のボクシングジムMTオリーブボクシングクラブの日記 5月 13日

2017-05-15 | Weblog
5月はトレーニングをするにはいい時期だ。あつすぎることもないのでそれだけでバテルこともなく、少し体を動かせば汗を大量にかくのでダイエットするには最適である。今日は男女の比率のバランスがよかったので女王様をたくさんできた。うちは女性が強く、女王様の時は特権のようなものを持っているので頼まれるとその圧力についハイと言ってしまう。でも女王様はディフェンスのトレーニングにはもってこいだ。さらにこのことを通して格闘技ではマイノリティの女性がボクシングと言うスポーツに実戦的にふれることができるので、女性もトレーニングに積極的にかかわることができ全体の雰囲気がよくなると思う。格闘技では女性はまだまだマイノリティである。競技者が中心で女性はダイエットと言う枠でくくられて特別枠、格闘技の世界は時々性差別じゃねえのかと思うことがあるが、ジムはトレーニングする場であって競技目的、ダイエット、健康維持などのおおまかなトレーニングをする理由はあっても、それはカテゴリーではない。私から見たら競技目的の人間がダイエットと言う時、自分たちとは違うと少し上から目線で言っているように感じるが、ここでのプライオリティは仕事と学業、ダイエットをカテゴリーでとらえて軽く見ないで、仕事や学校帰りに真剣に同じようにトレーニングしている。そのトレーニングしている理由がダイエットのためだと言うスタンスで見ている。すこし話はおおげさになるがダイエットだからと言う言葉で自分のトレーニングを制限するのはネガティブだ。またそういう環境をつくるクラブは間違っている。私から言わせてみればむしろダイエットのだからこそそのために女王様をしたり、積極的に技術をおぼえて取り組んだら効率も上がるし、ボクシングがもっと楽しいものとなる。うちの女子検定をうけた人たちは最初から競技目的でやったのではなく、やっているうちにそれが楽しくなって出てみようかと言う気持ちになって挑戦したのだが、みなさん本当に普通の人、さらにほとんどが運動音痴で、こういう人たちが集まって活躍してくれることが何よりもうれしいことだ。

一枚目の画像はおっさんたちのダベリング。戦後の闇市のように見えるが時代は平成、西暦2017年だ。おっさんたちはこの隅っこでたわいもない話をしている。おっさんたちが集まればトリオ漫才がはじまるが、このトリオ漫才は意外とおもろい。日常生活でこんだけおもろいネタがあるなあと感心しているが、特に福ちゃんはピン芸人でもいけるし、漫才もいける、そして時には体をはって笑わすリアクション芸人にもなるマルチお笑い芸人である。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高知のボクシングジムMTオリ... | トップ | 高知のボクシングジムMTオリ... »

あわせて読む