今日のMOB

今日のMOB

高知のボクシングジムMTオリーブボクシングクラブの日記 6月 21日

2017-06-22 | Weblog
今日は全体的に女性が8割、うちのクラブに見学に来る7割は女性である。なぜ女性が多いかと言うのはある特定の女性のグループがいてとか女性向きのサービスがあるとかそういうことではない。たぶんジムと言う場所が独特の雰囲気を持っているのに対して、ここでは普通の感覚を持った常識人が集まっている。いかにも俺たちはボクサーの集団だと言うような雰囲気を醸し出しているようなみっともないコミュニティでは決してないからだと思う。うちのクラブは女性だけではなく子供からおっさんまで様々な年代の人たちがジムに来て汗を流している。おっさんたちのマス、おっさんと若人のマス、おっさんアンド女性たちの女王様、様々な形で行われるマスはうちの醍醐味だ。またうちのクラブはコミュニティであるのでクラブの会員はみなさん同じようにトレーニングできる。どこかのOBみたいな奴がきたらそいつに気をつかうことは決してないし、いい意味で影響力がある人がいても、決して特定の集団がクラブの中心になって、そいつら中心にトレーニングが行われていると言うことはないので安心してトレーニングできる。

対抗試合まであと1か月、でも出場者にその雰囲気はなく、特に原人岩さんはダベル、あんたそんなことやってる場合ちゃうでと思うのだが、岩さんはのんびりとちんたらとトレーニング、でも岩さんも秋月トレーナーが来たら練習モードに、やはり試合前は秋月トレーナーの存在は大きい、積極的に指導してくれるのでみんな練習モードにはいる。それは決して人を煽り立てるのではなく、自らが動きながら指導してくれるので競技者も気持ちよくトレーニングできる。ボクシングの指導でよく聞くのはトレーナーの指導の仕方が人によって違うと言うことだが、うちのクラブは比較的統一されていて、おおむねジャブやストレートのうちかたやパリングなどそれぞれ教え方があるので、ベテラン会員からも習いやすく、幅広く指導を受けることができると言うことだ。

古谷トレーナーが足をけが、しばらく十分な指導ができないけど、なおればまた同じように盛り上げて指導してくれます。迷惑をかけますがよろしくお願いします。とのことです。その間かっちゃんを中心に女性は指導サポートの人たちが指導してくれると思います。

時々高校生から見学したいと電話がある。しかしうちのクラブは見学は保護者同伴、単独ではさせない。その旨を伝えると90パーセント以上はかけてこないのだが、やはりそれは当たり前だが子供だけでは入会を判断させてはいけないと言うことを意味していると思う。ボクシングは危険なスポーツだし経済的なことも含めて子供だけでは入会を判断できない、うちのクラブでは高校生未満の見学は親に同伴してもらって、うちのクラブには悪影響をあたえる大人はいない、ボクシングは危険だと言うことを説明してその上で入会してもらっている。また高校生や中学生で髪をそめた人間はクラブのバランスを入会させない、たとえそれが個性とか言っても勝手にしてくれここではそういう小さい個性は認めない。
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高知のボクシングジムMTオリ... | トップ | 高知のボクシングジムMTオリ... »

Weblog」カテゴリの最新記事