DQN ARGO

2016-10-17 | Weblog

だいぶ前にwillは意志だ、だから一人称で語られると絶対そうすると言う表現になると言った。実はネイティヴはI willとI'llを使い分けている。意志をはっきりと言い表す時はI willそしてその時思いついたことをする時はI'llと表現するのだが、詳しいことはネイティヴに聞いてみたらわかると思う。

私はこのクラブを運営するにあたってこの群れが来ている人たちにとって有益であり、特にうちは社会人が多いのだからその社会人がbenefitを受け若い人が人間的に成長できる場でなければ意味がないと思っている。私が本当にアホだと思う人間は自分の小さい世界で生きてそこでえらそうにすることが偉くなったと勘違いする人間だ。自分たちの狭い世界でしてきた小さなことを恰もすごい偉業のように語り、何も持たない人間がちょっとでもスポーツで業績をあげたらたちまちそれをサクセスストーリーにかえてしまって、これ見よがしにそれを自慢するアホな先輩とかがいる集団。教育レベルと言うものを考えなくてはこういう奴らが刑務所仲間をたよるように集まってくるような場になってしまうと思っている。こういう先輩とか親玉はその取り巻きにあの人はすごいとか半端やないとか言われているが、しかし何がすごいのか一体何をしたのかわからない。私から見たらDQNはすべてDQN、強いて言えばウジ虫がハエになったぐらいだ。私のまわりにはわるい人間がたくさんいたことをブログで明かした。そして人間がよりよい生き方をするのは意志よりも環境だと言うことを伝えた。人間と言うのは弱いものだ、だからいくら意志が強くても誘惑や環境にまけてしまうこともある。さらにその意思が強くてもその意思をどこに持って行くかが問題であり、それがわからなければ意味がない。格闘技でそれしかできないような人間やアウトローくさい人間が集まる集団にいても成長はしない。小さい自分のサクセスストーリーを大げさにして話したり、スポーツなどの成功話や感動話を語って刺激を煽るが、はっきり言ってそんな自慢話では人間は本当に成長はしない。私に言わせてみればこういう環境にいること自体ダメなわけで、見ている先が先細りである。

人間は環境が大事である。そしてその環境と言うのは常にまわりにどういう人間がいるかとうことが問題になると思う。本来社会で成功したいと考えたらまず教育を受けて大学に進学するということを考える所謂教育と言うものを重んじるのだが、しかしまわりの教育レベルがひくくてアウトローくさい人間が多いとそういう考え方には行きつかないというか、そういう刺激をうけることはない。格闘技のチャンピオンなんて言うのはそういう発想の延長線上にあると言っても間違いではないだろうが、うちのようないろいろな人が集まるコミュニティはどこの大会で優勝したとかそういう自慢話ではなく、いろいろな立場を認め、お互いが尊敬しあって刺激をうけるようなコミュニティでなければbenefitは生まれないと思っている。そして問題になってくるのがそこにどういう人たちが集まってくるかである。武勇伝や格闘技の話しかできない、教育的レベルがひくいとそこに集まってくる人間はたかだか知れている。しかし責任者が幅広く世界をとらえて言葉や教養を大事にしていればその群れの質は社会的にもよくなってくると言うのが私の考え方である。

学生の頃ハワイで韓国人の友人によく連れて行ってもらった教会、そこにはすごく立派な人たちがいた。言葉づかいや振る舞いなどもきちんとしていて、その時教育を受けた人たちは違う、自分もこうならなくてはと思ったものだ。人間はそのまわりにどういう人間が存在するかと言うことがその人の生き方や成長させる意味では大きい。そしてその環境に入って自分を順応させていくためには教養や教育と言うのは大事である。私自身一応人に言える経歴を持っているが、私がそこまでに至ったのは、努力とかそういうことよりも自分をきちんとした環境においてきたからだと思う。おそらくまわりのそういうたぐいの人間に巻き込まれていたらとんでもない人間になっていたかも知れない。言葉が話せるしつながりがあるのでひょっとしたら海外にルートをつくってなんていうこともできたであろう。しかし私はなるべくまともな人間と付き合うことで自分の環境をかえてきた、そういう人間たちと付き合うことで、自分に足りないものや自分はこれではいけないと思わされたことは確かであり、そういう人たちから刺激をうけて引っ張って来られたからこそ努力ができて今の自分があると思っている。これ見よがしにするアホなサクセスストーリーや根性論からでは人間は成長しない。どういう環境に自分をおくかであり、そういったことは心理学的にも社会学的にも正しいことであると思う。

このブログのタイトルはDQN ARGOであるがARGOと言うのはくたばれと言う意味だ。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Es ist gut これでよし | トップ | セコンドのもうひとつの役割 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL