個をみがけ

2017-06-10 | Weblog

宗教学の授業でSchleiermacherと言うドイツの哲学者が宗教は絶対依存の絶対感情だと言っていたことを習った。でもしかしそんなことを言ったら犬が一番信仰心が強い動物になってしまう。はっきり言って彼の宗教の定義は支持されるものではないが、しかし日本の監督中心のスポーツのヒエラルキーと言うものはそれに近いのではないかと思っている。私から見たらスポーツのヒエラルキーに順応すると言うことは監督やその他の先輩などの輩の子分になること、監督と言うお父さんを尊敬あるいは尊敬の意を表すことが求められる上部依存型のヒエラルキーシステム的にはやくざのヒエラルキーと何らかわらないと思っている。はっきりいってそんな親玉の監視下にあるような軍団に入っていたら自由に自分を表現できない。こういう輩はトレーニング中にほえたり、勢いあることは言えるが、しかしそれは血気盛んで勢いはあって、ただ暑苦しくてうるさいだけだ、持論であるが本当にやってやろうと言う気持ちはそういう奴らのパフォーマンスのようなものではなくて、離れたところで自分を磨き個を確立させることで出てくるものだ。

私が競技者の時こいつはすごいと思った男がいる。彼はのちに世界ランカーまで行ったが、そのボクシングにかける情熱がすごかった。ある試合で彼は勝ったにもかかわらず思い切り悔しそうにしていた。たぶん自分の試合に満足がいかなかったのだろう、のちに世界をとろうとする男は我々と見ているものがちがって、これぐらいの内容じゃあ世界は通用しないと思って悔しがっていたのだと思うが、その時私はその彼の悔しがる様子を見て、こいつは俺たちとは違う絶対に強くなると思った。こう言うことを言うとフェミニズムにおこられるが、男が一度悔し涙や悔しいと言う思いをしたら、その時本気にならなければいけないと思う。我々のように趣味であれば別だが、しかし試合に出て上を目指しているというのなら、何度も何度も次は勝ちますとか同じパフォーマンスを繰り返さない。一度やられて悔しい思いをするというのは競技者にとってそれは成長させるための糧である。本当に悔しい思いをしてそこから本当に強くなっていく、そしてそういう体験が競技者を成長させるのだと思う。才能がなかった私自身もその悔しさをバネにしたと思っている。はじめてのスパーで相手にならなかった時も悔しくて悔しくてずっとリングを見ていたのだが、その時悔しくて涙がでそうだったけど泣いてたまるかとこらえたのだが、本気で強くなったやろうと思ったからこそ、その気持ちをたやすことなく一生懸命トレーニングし続けることができた。たぶんそういう気持ちがあったからたいしたことがないBサイドレベルの人間がある程度活躍できたのだと思う。一度こてんぱんにやられることは競技者として成長するためには必要なことかもしれない。しかしその経験を生かせばもっとさらに強くなれるだろう、でもしかし悔しがるにしても涙を流すにしてもそれは本気でなければ意味がない。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Dear George | トップ | 考えろって、まずお前が考え... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL