goo!人生設計

人生に欠かせない健康、愛、お金、運力アップにつながる情報を発信します!!

夏至

2017年07月10日 | 日記


お久しぶりです。

前回は"秋分の日"でしたから、"夏至"について書きます。
夏至は6月21~7月6日ごろをいいます。

一年で一番日が長く、夜が短い...。
おかげで朝早く目が覚めてしまって、寝不足気味になっていませんか。

日本では数少ない夏至祭りといえば、
三重県伊勢市の二見興玉神社の夏至祭りがあります。

伊勢市の二見浦にある夫婦岩には夏至の前後だけ岩と岩の間から
朝日が昇るそうです。

まさに、ザ・ニッポンの風景ですね。
数年前に夫婦岩と伊勢神宮に行ってきましたよ。

日照の少ない北の国(ヨーロッパや北欧など)の人たちにとって、
夏至という期間はお祭りのようです。

そして、7月7日~22日までは"小暑"です。
つい先日の台風では恐ろしい自然災害となりました。
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

毎年のように起こる災害がとても気になります。
地球温暖化の影響が厳しさを増しているような気がします。


夏至を境に、「陽極まれば陰となる」というように
日一日と「陰」の世界が広がります。

冬至から夏至までは陽の世界で、夏至から冬至までは陰の世界です。
陽は精神で、陰は現実です。
陽はなんとなく夢が膨らみ、陰は目の前の現実を紡ぎます。

この陰と陽は人の人生に例えれば100年周期で繰り返されます。
大運にそのつなぎ目があれば、陰陽の変わり目になり、
極端にいえば暗い人生から明るい人生に変わることもあります。
今が暗いと感じるなら陰の人生かもしれません。


時代的には、陰が極まって陽に変わりつつあると思います。
時代を見るときは25年周期です。
2015年から見て、25年前は1990年あたりですから、そのころから陰の世界に
入ったと思います。平成の始まりあたりです。

陽は夢が膨らむ世界ですから、東京五輪も一役買うでしょう。
特に若い世代に「夢」を見てほしいですね。

頑張ろうニッポン
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋分 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL