奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

隊長と散歩。

2017-09-30 | 隊長どんの日々


隊長との1日2回の散歩です。
名前を呼んでも振り向かないのが隊長らしいところなんだよな。



あらら真っ暗だね。
隊長のつなを持っての写真撮影は思ったより難しいわ。



わかりずらいけど海がキレイなのが沖縄だよなー。隊長。


 ← 呼んでも振り向かない隊長にクリックしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

隊長。添乗員さんが帰国したよ。

2017-09-29 | 隊長どんの日々


添乗員さんが帰国しました。
でも次の仕事をしてから帰ってくるから沖縄に帰ってくるのは来月の中旬頃かな。



添乗員さんが帰国したことは隊長は知りません。
って。寝てるかと思ったら起きてんのかよ。



目を開けたまま寝てるわ。
あと半月なかよく留守番してような。隊長。


 ← 添乗員さんの帰国を知らないで目を開けたまま寝る隊長にクリックしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

旅のおわりのびっくり話@コペンハーゲン

2017-09-29 | 添乗日記


お天気に恵まれた旅もここコペンハーゲンでそろそろ終わり。で、その前に今回の旅のびっくり話をひとつ。場所はコペンハーゲンのチボリ公園横にある中央駅近く。路上のホットドッグの屋台の前を通り過ぎようとしてふと見覚えのあるマークが目に入り、思わず足が止まりました。はっ?TULIPって、あのチューリップ?



沖縄ではSPAMと並ぶ県民食であるランチョンミートのブランド。チューリップの花のトレードマークは間違いなくあの!チューリップです。そこで調べてみたら、なんとデンマークの会社だったんですね。知らなかったというか、気にもしていませんでした。てっきりアメリカからの輸入品だと思い込んでいましたし(汗)。



沖縄同様デンマークでもポークは国民食として愛されてますからね。そんなデンマーク王国から、TURIPの輸入元である沖縄の企業が名誉メダルを受賞してるなんてこと、沖縄県民は知っているんでしょうか?いやはや、今回の旅で得た1番の情報は間違いなくこれ!でしょう(笑)。っと、そんなことでそろそろ帰国の途につきたいと思います。


 ← デンマーク生まれのTULIPにポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

ハロウィン色の街@コペンハーゲン

2017-09-28 | 添乗日記


早朝ベルゲンを発ち、最後の街コペンハーゲンに到着しました。そろそろ北欧の観光シーズンも終わりに近いこの時季。にもかかわらずデンマークも季節はずれの暖かさで、薄手のシャツで歩けるほど。もっとも来週あたりからは本来の気温に戻りそうな予報は出てますが?



スムーズに観光を終えてホテルに入ったら、今回最初で最後のフリータイムに突入です。荷物整理を済ませ、ホテルから至近距離のチボリ公園の前を通りかかると・・・



ハロウィンの飾り付けに人々が足を止めてます。そう、あと1ヶ月もしたらハロウィンなんですもんね。



っと思えば、デンマーク土産御用達所として人気のスーパー、イヤマちゃんの店頭もしっかりハロウィン色。



飾りものなんだか、食べるものなんだか?大っきなかぼちゃが300円!物価の高いデンマークにしてはお買い得品といえそうなお値段ですね(笑)。



っとまあそれはともあれ、このフリータイムは連日の移動続きでかなりお疲れ気味な身体を休ませてあげたいと思います。ビールでも買ってホテルに帰ろっ〜 ♪


 ← 暖かすぎるハロウィン色の街にポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

ハンザの街は夏模様@ベルゲン

2017-09-27 | 添乗日記


フィヨルド廻りを終え、ノルウェー最後の街となるベルゲンへとやって来ました。それにしてもびっくりするほどの暖かさで上着も邪魔になるほど。そもそも晴天率のめちゃくちゃ低いこの街で、「この時季にこんな青空に恵まれるなんてホントにラッキーだよ!」とはドライバーさん談。よってブリュッケン地区のカフェテラスでは多くの観光客が季節外れの?日光浴を楽しみながら、ビールやらワインを楽しんでます。そうそう。この街に来たからには地ビールの「ハンザ」を飲んでかなきゃ!



コニー : コニーもハンザビールが飲みた〜い
添 : 残念ながらまだ仕事中。



さてさて、旅もそろそろ終盤戦。明日はここベルゲンから、いよいよ最後の国&最後の街となるデンマークのコペンハーゲンへと向かいます。


 ← まるで夏の陽気のベルゲンにポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

フィヨルドクルーズの旅へ@ソグネフィヨルド

2017-09-26 | 添乗日記


オスロを後に走れ走れ!とばかりに6時間。それでも標高の高い峠道では山全体が色とりどりに黄葉した景色に見入りながら、ソグネフィヨルドエリアへとやって来ました。



さて。ヨーロッパでも最長規模を誇るソグネフィヨルドは全長204km。その中でも最も内陸部に位置する支流のひとつ、ネーロイフィヨルドをこれよりクルーズ船で廻ります。



夏のハイシーズンは過ぎたもののさぞかし観光客でにぎわってるかと思いきや・・・なんと他にグループの姿はなく、数名の個人客はいらっしゃるもののほぼ貸切状態(汗)。



ではこれよりグドヴァンゲンからフロムまで、雄大な景色を眺めながらの秋色フィヨルドクルーズを楽しみたいと思います。


 ← 貸切状態のフィヨルドクルーズにポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ真夏だよ。

2017-09-26 | 隊長どんの日々


隊 : また真夏か戻ったよ。
留 : ここのところ南風になって蒸し暑いよな。



隊 : もうバテバテだよ。
留 : だよな。気温も相変わらず30度以上だもんな。



隊 : 紅葉を見ながら露天風呂でゆっくりしたいよ。
留 : 沖縄では、それは無理だな。


 ← 紅葉が無い沖縄にがっかりな隊長にクリックしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

色づくフログネル公園@オスロ

2017-09-25 | 添乗日記


旅も中盤戦に入り、早くも3ヶ国目となるノルウェーの首都オスロに到着しました。そんな朝一番でやって来たのはフログネル公園。



広い公園内ではすでにあちこちの木々が黄葉し、秋の深まりを見せてます。ただ例年に比べるとかなり暖かい日が続いているようで、色づきはやや遅れている模様?



もっとも観光する身にはありがたいことこの上なし、ですが。



この時季に防寒具なしに秋色を愛でながら朝の散歩を楽しめるとは、ホントにびっくりです。



っと、一部だけ真っ赤に色づいたツタの葉を発見。いつもは早朝の冷たい空気で目が覚めるんですが、今日はその鮮やかさに眠気が吹っ飛びました(笑)。



さあて。これよりオスロを後にいよいよフィヨルドエリアへと向かいますよ。この先どんな秋色を目にすることができるか、楽しみです。


 ← 鮮やかなフログネル公園の秋色にポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

黄葉の中の街歩き@ストックホルム

2017-09-25 | 添乗日記


バルト海を渡り到着したストックホルムは、晩秋としては珍しい青空が私たちを出迎えてくれました。



そんなストックホルムでの観光を終えて得た貴重なフリータイム。久しぶりに旧市街ガムラスタンでのぷらぷら歩きへ。



毎度のことながら限られたフリータイムとあっては時計を見ながらではありますが、細い路地を探しては迷路歩きに挑戦。



思わずドキドキするような古い建物のトンネルをくぐったら、隠れ家的な小さな広場を発見。ハラハラと落ちる黄葉の下でのランチは、さぞかし美味しいことでしょうね。



それでも太陽の日差しに輝く秋色のストックホルムを堪能しました。ではこれより空路、お次の国ノルウェーのオスロへと向かいましょう。あぁ、忙しいったらありゃしない(汗)・・・


 ← 秋色のストックホルムにポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

バルト海クルーズの旅へ@タリンクシリア

2017-09-24 | 添乗日記


あっという間のヘルシンキ滞在を終え、やって来たのはオリンピア・フェリーターミナル。すでにたくさの人でにぎわう中慌ただしく乗船手続きを済ませ、シリアラインのセレナーデ号に乗り込みました。



全長203m、12階建てで約980室を備え、2,800人を上回る乗客数を誇るシリアラインはバルト海クルーズ船を代表するフィンランド船籍です。



メインデッキとなるプロムナードにはフィンランド土産を置くギフトショップも。



日本でもお馴染みのムーミングッズはもちろん、



フィンランドを代表するブランド、マリメッコも。商品によってはヘルシンキの本店より安かったりしますからね、見逃せません。



さらにお酒や化粧品、お菓子などを扱う免税店も入ってます。特にアルコールの高い北欧ですから、近隣国からの観光客には圧倒的にお酒類が人気のようです。



あるいは夜遅くまで楽しめるナイトクラブやカジノもありますよ。



気軽に楽しめるスロットマシンだってあちこちに置かれてます。



ところで今回利用するキャビンはシー・ビューのツインルーム。明るいし、何より窓から海上や点在する島々の様子が見えるので、ひと晩を過ごす空間としては快適です。ちなみにリーズナブルな内側のキャビンだと外の様子も全くわからない上、密室感に圧迫感がハンパなく、最近は気分が悪くなってしまうんですよ。なので今回は助かりました(汗)。



さて、部屋に荷物を置いたら再びプロムナードへ。出航時にはウェルカム・シャンパンを1杯2ユーロでいただけるんです ♪



コニー : ウェルカム・シャンパンいぇ〜ぃ



ではこれよりバルト海クルーズのはじまりはじまり。たくさんのカモメたちに見送られながらヘルシンキを後に、お次の国スウェーデンのストックホルムを目指します。


 ← バルト海クルーズの旅にポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加