奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

ロートレックメニューに舌鼓@アルビ

2017-10-13 | 添乗日記


早くも旅は中盤戦に入り、アルビへとやって来ました。タヌン川に面した美しいバラ色の街は、パリのムーランルージュのポスター画を代表作とするフランスの近代画家ロートレックの故郷。裕福な家庭に育った彼はグルメとしても知られ、彼の残した料理レシピは現在でも市内のレストランで忠実に再現されています。



っとそんなわけで、川を挟んだ美しい街を望めるレストランでいただいたのはもちろんロートレックメニュー。ただし今夜コニーにはホテルでお留守番してもらいました。なにせ前菜はこちら、うさぎのテリーヌですから。ピスタチオ入りのテリーヌは全く癖もなく美味しかったですが・・・うさぎを食べたなんて、絶対言えません(汗)。



メインはホタテのグリル。びっくりするほどふっくらしてめちゃくちゃ美味。下にはサフランで炊いたリゾートが。どちらも日本人好みの優しいお味です。



さらにデザートはレモンタルト。タルトといっても下の生地はザクザクのクッキーのよう。メレンゲクリームの下にはレモンクリームが隠れていて、ほのかな酸っぱさがアクセントになってます。しかし・・・毎度のことながらボリューム大!でどのお皿も半分ほどでギブアップ。それでも本場でいただいたロートレックメニューを堪能できました。


 ← ロートレックの郷でいただいたロートレックメニューにポチしてね。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天空の村も快晴なり@コルド・... | トップ | 朝靄に包まれた美しい村で@サ... »
最近の画像もっと見る

添乗日記」カテゴリの最新記事