奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

色づくワイン処を訪ねて@ヴィッキオ・マッジョ

2016-10-17 | 添乗日記


旅も中盤。トスカーナ地方に入り、久しぶりにやって来たのはイタリアを代表するキャンティワインの郷の中のひとつ、ヴィッキオ・マッジョ。



キャンティワインとひと口に言っても、実際ワインの醸造所は280近くあるイタリアきってのワイン何処。そんな中でも1,400年代に建造された古城を残すここヴィッキオ・マッジョは大変興味深い場所です。



何でも1,500年代の領主が招いて滞在したレオナルド・ダ・ヴィンチがこの城内で描いたのが、かの有名なモナリザなんだとか(あくまで通説)。



そんな城内で1964年に開業したワインセラーでは、イタリアを代表するキャンティ・クラシコやリゼルバ、あるいはスーパートスカーナといったワインが造られています。



さて。朝一は靄っていたトスカーナ地方ですが、みるみるうちに晴れ渡りました。一面に広がるぶどう畑を眺めながらのワインテイスティングには最高の日和です。



もちろん気に入ったものがあれば併設のショップで、格安のお値段で買うこともできますよ



お天気のいい週末とあって家族連れの姿もたくさん。そういえば今年もそろそろ新酒が出来上がる頃?フランスほどには大騒ぎはしませんが、果たして今年のワインの出来は?


 ← イタリアの美味しいワインたちにポチしてね。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 窓辺のフレンチ@フィレンツェ | トップ | 日曜日の風景@シエナ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む