横浜十六吋倶楽部

16インチのミニベロ再生奮闘記 レストアの楽しみとリハビリーの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

透析患者の会に参加しました。

2017-04-23 | 珈琲タイム(雑談)
4月23日(日)、透析患者の会に参加しました。
透析をはじめてもうすぐ3年目ですが、最近自分が透析患者の自覚が出てきました。
おいらは平気だ!と強がっても、透析患者の抱える不安はおなじなのだなぁ・・と今日の話を訊いて感じました。

薬の副作用や自分で薬の効能と自己防衛をしないと、かなり危険な場合があること。
ドクターは多くの患者をデーターで見ているだけで、長年透析をされている方々はそのことをよく知っている。

透析中に心臓発作を起こして亡くなった方や救急搬送をされた方は、ICUで「どうしてこんな処方をされたのか?」と疑問をドクターに指摘されたそうです。
テストで同じ投薬を少量すると心臓は止まったそうです。
ドクターの言う事を訊くだけでは、自分の命は守れないって事です。
我がクリニックの系列は金権主義の様ですので、患者一人一人のパーソナルサポートより流れ作業的ですね。



帰宅するときコンビニでポンジュースのアイスバーを買いました。
100円のわりには美味しかったです。

IPS細胞は網膜や心臓には実用化できつつあるようで、心不全などで心臓機能が悪い私にも明るい兆しです。
問題は腎臓のIPSでの再生は難しいようですが、10年以内には実用化を目指しているようです。

透析が辛くないと言ったら嘘になりすが、糖尿病治療の新薬エクアの登場でどれだけの患者が救われたかを考えると、自分の寿命と新薬。医療技術のどちらが早いかですね。

横浜市は政令指定都市ということもあり、透析費用だけでなく医療費や薬も無料です。
全国同じだと思っていたら、神奈川でも横浜・相模原・川崎だけのようです
つまり歯医者に行っても風邪で内科に行っても無料です。
当選、薬局も無料なのです。
こんなに福祉に手厚いことに感謝しないといけませんね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 輪行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご当地菓子パンの話 | トップ | チョッパーのカスタム化計画 »
最近の画像もっと見る

珈琲タイム(雑談)」カテゴリの最新記事