横浜十六吋倶楽部

16インチのミニベロ再生奮闘記 レストアの楽しみとリハビリーの日々

ご当地菓子パンの話

2017-04-21 | 珈琲タイム(雑談)
このところ、身体の疲れが取れない。
夕食を済ませて横になると8時だろうが9時だろうがすぐ寝てしまいます。
肉体的にも精神的にも疲れているんでしょうね。



さて、今日は菓子パンの話です、
地方に行くとそこのしなない菓子パンてありますよね。
地元の人は当然のように食べているけど、食べると美味しかったりします。

福島県郡山市に行ったとき、小さめの食パンにミルククリームを塗っただけというシンプルな菓子パン。

しかしながら、この組み合わせが非常に美味しいのです。
何と言っても、このミルククリームがたまらなく美味しいのです!生クリームやバタークリームと異なり、基本のカスタードクリームのようなとろみがあり、練乳のようなコクがありながらくどさが無く、濃いミルクの風味が感じられます。
たしかこのご当地パンは、クリームボックスだったと思います。

静岡県富士市の「ようかんぱん」は、粒あんを包んで焼き上げたパンにようかんをかけ、バニラクリームをトッピングして仕上げられたものです。

最近、横浜にもこの「ようかんぱん」に似た「つぶあん&ホイップパン」と言うのが売りはじめました。
子どもの頃、食べた「ようかんぱん」に味が似ているので、最近、嵌まっています。

地方にはいろんなご当地菓子パンがあるんでしょうね・・。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 輪行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピクニカ改ー2 オポジット... | トップ | 透析患者の会に参加しました。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む