嗚呼、オーベルジュへの道

長野県佐久市にあるホテル「おいまつえん」CEO兼こづかいさん(爆)の日常

加齢なる遠足 トクイチオートに出向いてS660を拝ませていただく

2017-06-17 22:14:00 | 加齢なる遠足(爆)

梅雨入り直後の数日間は、ぴーかんが続く、というのは梅雨時の恒例でございます。そんな中、クルマ関連のお友達がS660を真剣に考えているが、どんなものか、といって相談に来られたのですが、私が答えられるはずもございません。

ちょうどトクイチオートのメカニック=FJさんがS660のオーナーだったね、というのを思い出しましたので、ボクスターをタイア交換で入庫させるついでに緊急出動してまいりました。

車体下部の徹底したフラットボトム化に始まり、NASAダクトやゼータクなアルミ製サブフレームなど、見どころたっぷりのリフトアップシーンや、トクイチのメカニックがオーナーとして、自分の車にどのような整備を行なっているのか、というあたりのお話は全く興味深いの一言。

普段は無口である、と言われている青年メカニックですが、化けの皮が剥がれるのにそう時間はかかりませんでしたとさ(爆)。

楽しげなクルマを前にすると、やはりそのオーナーは寡黙ではいられないということのようでございます。

今日はリフトアップされたS660の向こう側にブレーキ整備のクワトロポルテ。987と981のボクスター2台、レストア中のデルタインテグラーレと好きなクルマがずらりと並んで、全く楽しいひと時を過ごさせていただきました。

981のオーナーに懇願して、運転までさせていただいたのですが、もうね絶句。珍しいスポーツクロノ+6MTの個体でしたけれど、クヤシイの一言でございます。

ボクスターのくせになんだかそこはかとない高級感すら醸していて、明らかにGTの雰囲気なのですけれど、ポルシェってのはしっかりモデルを育てているなあ、と実感いたしました。リリースからははや5年。すでに旧型になってしまった981ですけれど、タイア交換一発50〜70と言われるカレラを無理して買うのではなく、値落ちがいちぢるしいボクスターのリーズナブルさをタイミングよく味わってゆくのはかなりバリューな車選びに思える昨今でございます。

FJさま、今日は本当にありがとうございました。なんか明日にでもハンコつきそうな勢いで盛り上がりながら、無事に戻ってまいりました。今後ともよろしくお願いいたします〜!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SHIFTのコーティングを実際に... | トップ | トクイチオートからの電話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

加齢なる遠足(爆)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。