独楽の旅

元気で山野を歩き、心を癒してくれたものは立ちどまって気ままに写し、ブログに載せ、自分で存分に楽しむのが無上の喜びです。

1001-【 ようこそブログ 独楽の旅 へ 】

2017年02月20日 | [案内]



開設:2005,12,08 (大詔奉戴日の64年後)



爺(私)が日本で初飛行した F-15J (同型機 1981,08)

    ブログ [思いつ記] と共に
    ホームページ 【爺の雑記帳】
 も観てください

下記は私の[E-mail]です
感想・連絡に使って下さい
[mailto:hdktom@gmail.com]



 最新データに依ると2016年の日本人男子の平均寿命は 80.79歳 になったそうです
 爺は今日この頃がちょうどその年齢に達していることに気付きました
 そして、20年後には満百歳を迎えることになります、
 その時になっても呆けずに、毎度の食事が美味しいと頂けることを願いながら
 日々の歩みを折にふれて書き残すこのブログはそのまま私の
 [タイムカプセル] であり [自分史の一ページ] になります
 日々気ままに、そして熱意をもって、
 私が[独り旅で楽めた内容]をそのまま書き残していきます
 どこまで充実した内容にできるか判りませんが
 熱意だけは失わずに毎日を活き、その足跡を記していきます
 独り旅で観てくる世界は全て私に新鮮な知識と活きる力を与えてくれます

 爺がブログを立ち上げて10年余りが経過しました  過日、
 妻が逝き『爺のブログ』から名称を『独楽の旅』に変更し
 日々の活き方も変えてゆく決心をしました  そのひとつの区切りとして
 中身を見易くするために最初から順次連番付けをして整理してみました

 その中で目立つ [旅] をピックアップして下に列挙しました
 余分な一刻がありましたら訪ねて観てください


            どうぞ!! 

  (2012,12,27) *415- 『津和野,萩,錦帯橋,厳島(2日間)』
  (2013,03,04) *424- 『カンボジア(3日間)』
  (2013,04,10) *430- 『宮古島八重干瀬(やびじ)(3日間)』
  (2013,07,26) *447- 『カナダ(ナイヤガラ,カルガリ,ロッキー,バンクーバ)(8日間)』
  (2013,10,31) *455- 『延暦寺,東寺,京都御所(バス旅)』
  (2013,11,29) *458- 『石見銀山(自家用車)』
  (2014,01,07) *462- 『年末年始の北海道(4日間)』
  (2014,01,07) *463- 『高蔵十ヵ寺巡り(H26年1月)』
  (2014,04,09) *477- 『元善光寺の舞台桜(バス旅)』
  (2014,05,20) *485- 『マチュペチュ,イグアス,クスコ,ナスカ)(10日間)』
  (2015,04,26) *514- 『屋久島,鹿児島(3日間)』
  (2015,05,06) *515- 『熊野三山,勝浦(2日間)』
  (2015,05,11) *516- 『ドイツ,スイス,フランス,ロンドン(10日間)』
  (2015,08,01) *518- 『貴船の川床料理(バス旅)』
  (2015,08,26) *521- 『九寨溝・黄龍・楽山・成都(10日間)』
  (2016,02,02) *539- 『カリブ海クルーズ(10日間)』
  (2016,03,16) *540- 『モロッコ,サワラ砂漠(10日間)』
  (2016,05,13) *542- 『西地中海クルーズ(10日間)』
  (2016,10,15) *546- 『スペイン(10日間)』
  (2017,04,24 予定) *577- 『ドバイ(5日間)』
             


**********************


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

560-[可搬式ソーラー監視カメラ]

2017年02月20日 | [クルーズ]
私の住む桃花台の自宅近くに県営住宅(4階建てアパート)が20棟近くあります
私は毎朝、3時半に目覚ましで起きだして約1時間半近くを黎明ウオーキングを続けています
冬の暗くて寒い時期の約1時間半のウオーキングは私には相当の忍耐です
帰ってくるとき東の空がやっと明らむくらいです

経路の途中に[マルマツ]と云う小さなスーパーがあります
そこの交差点にゴミ集積場がありますが先月末の朝、
そこを監視するように道の向かいに防犯カメラが設置されていたのです
そのカメラはソーラー発電機を備えたお金のかかった新式の防犯監視カメラでした

違法にゴミ投棄する人を監視するためだけの設置にしては高価な装置で勿体ないし、
近くに建つ県住への侵入窃盗の防犯目的にしたものだろうかと不思議に思っていました

先日の2月2日の早朝、ここを通り過ぎた時この監視防犯カメラが根こそぎ跡形もなく撤去されていたのです
今の時代ですから根こそぎ車に積んで盗んで行くような事も可能な時代ですから話題にならないのが不思議でした

ところが、今朝(2月20日)の新聞に
 「可搬式カメラを導入」
の表題で愛知県警が犯罪多発地域に可搬式の防犯カメラが先行導入し、設置したとの記事です
設置後、犯罪の発生が落ち着くと設置場所を移動しているとの記事が出ていたのです
桃花台のソーラー式防犯カメラが突如消えたのもこれなのだろうかと頷いたのです



[可搬式カメラ導入の新聞記事]


▲**********************▲


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

559-[今年2度目の雪景色]

2017年02月11日 | [日記]
今朝も大型寒波の来襲で又も鳥取など山陰では[国道8号線]や[鳥取自動車道]で行き止まりになって
路肩に留まってしまった車が数百台を超える伝えています

お陰で小牧は粉雪が舞う程度の空で今朝も早朝ウオーキングができました
帰ってからの昼寝で10時前に起きて外を観ると真っ白に雪化粧しておりました
1㎝くらいの積雪ですがここらでは貴重な雪景色ですので写真に収めました
今年2度目の貴重な雪景色です



[雪化粧した真下のユニー]


[自宅から東方を見渡した雪景色]


▲**********************▲

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

558-[初めてのスマホ]

2017年02月10日 | [日記]


[新しく購入したスマホです]

今日、初めて[スマートホーン]を持つことに決心し[au]の[AQUOS-U-SHV37]で契約してきました
パソコンは会社を定年退職した直後に思い立ってノートPCを購入し、
3年毎に更新しながら使っていますがスマホは初めてです
自学自習でホームページと2つのブログを書いて余暇を充実させボケ防止に役立てています
まだ電源の入れ方も判らい有様ですが小学生も自由に駆使してる今時ですから時間をかけ、
友人の教えを請いながら順次レベルアップして大いに活用していきたいと思います 


*************************************


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

557-[申年年始の所見が悲しくも的中]

2017年02月02日 | [日記]

   [MRJ社長更迭人事を伝える中日新聞]   [

13か月前に書いた昨年年始の所見記事(日の出に喝)が悲しくも的中してしまいました

下記URLは昨年元日に投稿した[独楽の旅] の記事URLです
---------------------------------------------
< http://blog.goo.ne.jp/oldeeagle/e/4daea46a843a8d4b4795fd5fa2059b7f >
---------------------------------------------
5日前に、重工本社の宮永社長がMRJ製造を担当する[三菱航空機(株)]を
社長自ら陣頭指揮・統括する組織改編をしたばかりです
そして再度、5度目の納期変更を発表したので遂に社長更迭を発表したのです
度重なる納期の延期は理由はどうであれ言い訳にしかなりません
如何なる事由があるにせよそれらを予期して万全の対応をとって受けて立つのが社長の責任です
大きな権限を与えられそれに応じた厚遇を受ける組織の長の責任です
それを全うできなかった現社長はその地位に留まることは有害であり資格を失って当然だと思います
4/1付の人事異動での更迭の情報が発表されました
本社の現常務水谷久和氏(65)が就任する人事が発表されました
昨年初の予見が的中して欲しくない私の危惧が的中してしまったのです

現場の進捗が如何なる状態にあるかが想像できます
5度の延期発表は県内に散在する下受け企業の皆さんの心中や如何なるものかとおもいます
新体制で早急に立て直し、競争相手のブラジル、カナダからの機体に負けをとらないよう
一機発奮の努力をして欲しいものです
これほどケチのついた機体を貴方なら 「大金を投じて買いますか」 と聞いてみたいです
多くの方が 「ノー、ノー」 と答えられるでしょう
2代続いた航空機製造出身の社長時代に対応されなかったものが
機械出身の現社長になって初めて必要な対応がとられた事に不満は感じませんか
古巣を思うわれらOBには残念至極の心境です

伝え聞くと三菱重工は商船建造も順調でなくこの界から退いて分社化に進むそうです


▲**********************▲


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

556-[あと1週間で立春です]

2017年01月25日 | [日記]

寒風に震える梅の蕾2輪


栗林公園(四国)で梅が開花を始めたと報道されたので
久しぶりに(年末のクリスマス以来)高蔵寺の旧自宅を訪ねてみました
[若しかしたら我が家の梅も満開になってるかな] と淡い期待を抱いて訪ねてみましたら
やっと数輪が薄っすらと白む程度でした
ここ数日まだ寒い日が続く予報なので満開は1週間後くらいになるだろうと思います
今年は蕾の数が多いので美しい満開写真が撮れて投稿できそうです  期待していて下さい  


  1週間経過して訪ねてみると梅は変化なく
  寒風の中、風に耐えていました
  この調子なら満開は月末になりそうです
  静かに待ってやりましょう
  明日は慈母[妙相院釋尼芳照大姉]の25回忌です
  帰路、遭いに墓参して行きます
   南無阿弥陀仏


▲**********************▲


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

555-『 篠岡の集い 』

2017年01月21日 | [案内]
私の住む小牧市篠岡地区に
  『篠岡の集い』
なる活動の集まりが昨年末の12月17日に発足しました




(篠岡会館)   

地区の区長さんたちが企画されて発足できた集いです
集まる場所は篠岡地区にある [篠岡会館] で、月に1回の計画で開催されます
民生委員や町内会長さんらの企画と区民への周知努力で集会所を拠点に
最初の会合が2016年12月17日に開かれました
2回目は1月21日に開かれました
1回目も2回目も50人余の方が集まり両会とも8割は女性でした
毎月1回土曜日に計画されています

折角、会合をセットして開いて下さった世話役の皆さんに感謝の意をこめて両会共参加しました
参加費は100円で昼食の弁当代に400円 合計ワンコインの500円で楽しい会合です
2回目は保健所の若い衛生士さんの指導で 「イキイキ体操」 を全員でエンジョイしました
呆けていなくても難しい頭の運動・体操でした
午後は全員でビンゴゲームをして参加賞、景品を頂いてきました

今後の会合でご婦人の1人が「編み物」を手解きして下さると云われ
「お願いします」と申し込んできました
今後の参加がちょっと不安であり、楽しみでもあります



2回目会合に参加された皆さん (その1)

               
                2回目会合に参加された皆さん (その2)


▲**********************▲


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

554-[3日連続の雪景色の朝 (2017/01/16)]

2017年01月16日 | [日記]
今朝は路面もよく歩けるかなと期待してバルコニから外を見ると粉雪舞う雪降りの朝でした
3日続けて[ウオーキング]不能が続きました  諦めて温かいベッドにもぐりこんで再就寝です

昨日より積雪量は大分少ないですが気温が低く路面が凍結して歩くのは危険です


[雪化粧して太陽に輝くユニー]


[澄み渡った空に遠方には鈴鹿山系 そして右上には没する途中の白い月影]



▲**********************▲


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

553-[今日も降雪の朝 (2017/01/15)]

2017年01月15日 | [日記]
おはようございます!
昨日の午後には殆んど溶けてしまっていた雪も
今朝早朝に起きてみると街灯の照らす薄明りの中で粉雪が吹き舞う荒れた朝でした
早速バルコニからの雪景色をカメラに収めました
今日は昨日以上に寒い荒れ模様の天気になりそうです
広島市では今朝、3時間で15㎝の積雪がありました
天候で延期になっていたJACSAの新しい小型ロケット(9m50㎝)が内之浦から打ち上げに成功したと伝えています
今日の最高気温は4度くらいだと予想しており、センター試験2日目も寒い1日になります


[今朝も眼下のユニーは雪景色の中です]



[遠くの小牧山も近くに見えます]


▲**********************▲
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

552-[今年初めての降雪 (2017/01/14)]

2017年01月14日 | [日記]




[自宅バルコニから見た雪景色のユニー]

大分前から14日、15日のセンター試験日は超大の寒気来襲で東海地方にも降雪が予想され試験日は十分な準備・対策をとる必要があると云われていました
朝03:30に目覚ましで起きて外を見ると霧雨らしいものが落ちており路面も濡れ始めているのが判り[ウオーキング]を止めてベッドに入りました
08時に起きて外を確認すると真っ白でした
積雪は約2㎝くらいでした
急いでバルコニーから外の雪景色を写真に収めました



[自宅から北方の小牧山を遠望]


[自宅から南方の雪景色を観る]



▲**********************▲


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

551-[酉年新春に初めて墓参]

2017年01月03日 | [日記]




[父母ら家族の墓前にお祈り (1月2日)]

今日、酉年最初のお墓参りができました
去年の夏は酷く暑い夏で、愛犬のチャーリーが体調を崩して入院しその後安楽死させてもらった1994年8月8日の年を思い出す暑い夏でした
熱射病が心配で藤山台家(空家)の除草にも行かれず12月末に行ってみると[盗人萩]の枯れ草にはいっぱい実を付けており除草作業を邪魔されました
やっと5回の往復で完了できたのはクリスマスの25日でした
そんな暑い夏をやり過ごして迎えた酉年の新春です
そして今年1年の安寧を祈り、墓石の掃除をして燈明と線香に火をつけ果物と缶ビールを供えて両親と妻と長男の安らかな永眠を祈ってきました


我が家から道を挟んで建つ「スーパー・ユニー」で正月の三が日にショウが催行されました
昨日の元日には「エンジェルひばり 爆笑ものまねショー」が、
2日は「沖縄獅子舞&エイサー隊」が
3日には「ヤスアキ・ナイトー スーパーイリュージョンショウ 」が開催されます
温かい好天の日差しの中、隣りのユニー会場まで歩いてB酔い覚まししてきました
今年1年を占うに相応しい楽しいひと時を過ごしてきました



[エンジェルひばり 爆笑ものまねショー (元日)]


[沖縄獅子舞&エイサー隊 (2日)]




[ヤスアキ・ナイトー スーパーイリュージョンショウ (3日)]



▲**********************▲


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

550-[酉年の始めに思う事(2017元日)]

2017年01月01日 | [日記]




[初日出に (活) の字]



申年最後の大晦日の夜は 紅白 に時々目を移しながら買いそろえた好みのお節料理を
(今年は完成品セトの購入を止めて、好みの単品を買ってきました:○千枚漬け、昆布巻き大、昆布巻き小、○三食豆、黒豆、○栗 など)
肴にしながらこの一年を独り寂しく(もう少し慣れてきた) 振り返りながら、お神酒を美味しく頂き、
例年通り今年もまた、深酔いをして新しい酉年の夜明けを迎えました
(眠いが今朝は何時ものように3時半セットの目覚ましで起きて7㎞を歩いてきました)

      
           [やっぱりお酒は美味しいね]
昨年は カリブ海クルーズ、モロッコの旅、西地中海クルーズ、そしてスペインの旅と 5回の海外旅行に参加し、多くの世界遺産を見学する事ができました
今年も何処か素敵な国を、地域を、世界遺産を 訪ねる旅をしてみしたいと思っています
この歳になってこんな独り旅を可能にしてくれるのは亡き父母が私に残してくれた遺伝子であり、その五体を日頃から続けて維持してきた成果だと感謝しております

      
           [でもやはりちょっと淋しいです]
去年旅した中でも特に記憶に残る旅はモロッコへの旅行です
モロッコの南方で訪ねた [サワラ砂漠] では、ひとこぶ駱駝を横目に見ながら往復約2kmの道程を歩き
日本の裏側の異国の地で東の空から昇るご来光を拝む事ができたことです
 ブログ [独楽の旅] :http://blog.goo.ne.jp/oldeeagle を参照してください

明けて今年は南半球に目標を定め、ニュージーランド、オーストラリア、台湾などに脚を延ばしてみたいと目論んでいます

これを可能にしてくれるのは日々怠らず続けでいる心身共に健康を保つための努力だと思います
定年直前に後輩の邊さんが丁寧に手解きしてくれ、今も気配りの支援をしてくれているパソコンのお陰があります
趣味の一つとして今の私を支えてくれている [パソコン] がもしなかったら今頃は痴呆への途を少しずつ歩んでいたことだろうと想像できます
毎日の生活の中で持て余す時間は皆無に等しく、寸刻を忙しくして過ごしていることが脳味噌の腐敗を防ぎ、活性を維持してくれているのです
 邊さんありがとう


      
           [我慢も限界かな?]

そして好きな[ウオーキング]です
早朝の[ウオーキング]で昨年歩いた距離は約1,700㎞でした
  (80歳になった昨年からそれまでの毎朝9㎞を2㎞減らして7㎞に短縮し
  旅行などで約50日間不在にしたために一昨年より約700㎞減りました)
歩く事は身体の内臓を含め全ての筋力が遍りなく鍛えてくれるので健康の維持には最高です
 (現役時代の試験飛行で日々かけてきた高荷重(約8G)に依る腰痛も今は全快しています)
暗い早朝の起床はサボりたくなりますが今年も意地と根性で[ウオーキング]を続け
健全な心身を維持していきたいと念じています


昨年の元日には日の出を背景に 「喝」 を浮かせましたが今年は同じカツでも
「活」 に置き替え、この1年を活動的に活き活きと羽ばたいて過ごしたいと念じてこの字にしました
さて、来年はどんな字になるのでしょうか

そろそろ [独楽の旅](http://blog.goo.ne.jp/oldeeagle)の名前を2人での旅に相応しい
[双六の旅] か何かに変えられないものかと今年は努力してみたいと云うのが新年の所感です



▲**********************▲


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

549-[伊吹山に初冠雪]

2016年12月30日 | [日記]



「バルコニから西に観た伊吹山の冠雪」

今年も今日と明日の2日のみとなりました  今朝の[ウオーキング]は特に寒い朝でした
昼前に西をの方を望むと伊吹山山頂は冠雪で白く光っていました
早速、写真に収めました  連日好天ですが寒い中での迎春になりそうです
寒い冬の中での新春は願う処です
地元には未だ雪は降ってきておりませんが明日の朝は初雪かもしれません
平和の中で迎えられる新年はこれ以上ない幸せの至りです
亡き父母よ安らかに眠っていて下さい


▲**********************▲


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

548-[井伊直虎の松岡城址を訪ねる旅(名鉄)]

2016年12月09日 | [バス旅行]



[松源禅寺山門]


来年の大河ドラマ「おんな城主直虎」所縁の地高森町の松岡城阯、
松源寺を訪ねてきました、
 その旅の途中、林檎(8個)や切り餅(9個)、寒天餅(15個)、カリカリ梅(10個)などの
つかみ取りを経験し、シクラメン農家では1鉢(\600)を貰い、
日帰りのバス旅を楽しんできました
 リンゴは訳アリとの但し書がついていますが中にはしっかり蜜が入っており
美味しい私好みの林檎で、日々のスムージーには最高でした
 切り餅は正月に頂きます  
 シクラメンは大切に育てて正月の部屋の潤いにします  最高の土産です

 心配された天気も終日穏やかで見学に適した曇り日和でした
 山頂の城址の見学も穏やかな中でできて最高でした
 翌日からは寒気が下りてきて急に寒くなりました

 この[バス旅]は毎年この時期に計画されている人気ものです
 今回も希望者が多く、春日井車庫から2台のバスが出発したのです
 我々のバスは30名を乗せて定刻の07:40に出発し、
 近くの[春日井IC]から高速道に乗り(07:55)[小牧JCT]から中央道を北上し、
 飯田に向かいました [恵那峡SA](08:30)でトイレ休憩をとり、
 [飯田IC]で高速道を降り(09:30)、
 飯田市内の「お菓子の城」に立ち寄り(9:45)、寒天餅のつかみ取り、
 そして途中の道端にある[シクラメン栽培農家]でシクラメン1鉢を貰い、
 再度バスに乗って昼食会場に向かいました
 2号車と合流できるように運転手が速度を調整しながら進み
 昼食会場の[山都飯田]でやっと合流でき(10:55)、その後は一緒に行動できたのです

 昼食の会場に早く着いてしまい、先ず切り餅のつかみ取りをして
 2階の食堂に行ったのですが準備が整わず
 暫く待たされてから食卓について「冬のグルメ膳」を頂きました
 誰もアルコールの注文をしないので私も我慢するだけでした
 食後、1階にあるフリーのコーヒーサービスを頂いて
 早すぎる時間を待機して調整しました
 [松岡城阯(高森町)] と [松源寺] の見学には地元のボランティアの人が
 丁寧に説明してくれる事になっていたのです
 

 [松岡城阯の標示板]

 到着が早かったので説明者の到着を待ってから丁寧な解説を受けました
 今は何も残っていない城址に周囲を五重に囲む乾いたお堀の跡が残っておりました
 

  [城址に残された堀]


  
  [城址から東遠方に天竜川が
  そしてその右が家康居城の浜松]

 この松岡城は一度も戦火を交えることは無かったそうですがドラマでの進捗が待ち遠しいです
 飯田ICから高速道に乗り往路と逆経路で[春日井IC]を下りて春日井駅で2人を下し、
 [春日井車庫]に予定時間に無事帰着しました(17:10)
 大きなリンゴ8個は重い荷物でしたが自家用車で自宅に帰着しました(17:45)

[追記-1]:
  「女城主直虎 男だった!? 」(中日新聞 2016/12/15)
  京都で新しい資料が見つかり、今川家家臣の息子ではないかと云うのです
  来年のNHK大河ドラマの主人公女城主直虎は井伊家を従えていた今川家の家臣の
  息子だった可能性があると云う新しい資料が見つかったと云うのです  でも
  [来年のNHKはドラマには影響しない。] としております


[追記-2]:
  高森町は数年前まで市田柿で有名な干し柿の町 [市田]と接していたのですが
  今は高森町の中に吸収合併されて市田町はなくなったそうです
  2年前ここ飯田を訪ねた時は(Blog-499)農家の軒先に干された柿のすだれで
  ピンク色に染まっていた風物詩は今は全く見られませんでした
  ガイドの説明では衛生上の問題で軒先で干す自然乾燥は許されず
  町の外れに新しく造られた工場で纏めて室内乾燥で干し柿にされ、
  軒先で干すすだれ風物詩は消えてしまい二度と見られないようです
  淋しい事だと思いませんか



********************(12/16:完)**


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

547-[スペイン10日間の旅 (トラピクス)]

2016年10月25日 | [[外国旅行]]




[サクラダファミリア大聖堂]
 (煌めきのスペインハイライト10日間:阪急)

スペイン10日間の旅を終えて10月24日の夕方、セントレアに帰ってきました
期間中いろいろな事がありましたが人身事故もなく、今回は外国負けする事もなく帰国できました
先ず、旅の募集計画で予定された行動を記述し、
旅の終わりに添乗員(高橋ましこさん)が書き残してくれた日々の旅日記と
自分が記して残したメモを参考に日々の観光行動を回想し、旅の経過の概略を記述します
続いて旅行日毎の映像をスライドで回想します
最後に総合所見を記して纏めます


--------------------------------------------
スペインへの移動の旅 (15日 土~16日 日 晴れ) :

「行動予定」
 10/15 夕方、参加者19名はキャシーパシフィック機(以後CP機)で
 香港経由でマドリッドへ出発
 10/24 予定の全日程を終えCP機で香港経由セントレアへ

参加者19名がセントレア(中部国際空港)に集合
10日間のスペインへの旅が今から始まります
セントレアと香港の両空港ではビジネスクラスラウンジで軽食と休憩で過します
香港空港ではマドリード行きの便への乗り継ぎの待ち時間に何者かに掏られてしまい、、
ビジネスラウンジで旅に携行してきたウオークマン(NW-505)を充電中、盗られたのです
この旅はウオークマンのない淋しい旅から始まってしまったのです
キャセイパシフィック航空 (CX-0539便 B7-200) で香港に到着
 (日本と香港の時差:マイナス1時間、飛行時間約4時間10分)
香港からマドリッドまでは同じキャャセイパシフィック航空(CPと略す) (CX-0315 B7-300) に乗り換えて飛行
 (香港と日本との時差:マイナス8時間、飛行時間約13時間55分)

スペインへの往復空の旅(香港経由日本マドリッド間往路)のスライドで観て下さい   

13時間のフライトはウオークマンの紛失で飛行中に退屈し余計な疲労感を感じる旅になりました   


--------------------------------------------
スペインの旅 1日目 (16日 月) :

「行動予定」
 マドリッド到着後 [サラゴザ] へ移動
 [アラゴン王国] の
  市街見学
  ピラール聖母教会観光
 見学後バルセロナのホテルへ(宿泊)


「添乗員の日記などから」
09時 ホテルに着くと各自は荷物をホテルに残して、
待機していた観光バスに乗り替え、早速
[サラゴザ](アラゴン王国の古都) に向いました
好天の元、気持ちの良い早朝のマドリッドのドライブでした
 (約310km、約4時間30分)
先ず、レストランでスペイン風のオムレツの昼食に食べ、
世界で初めて聖母マリアに捧げられたと云われる 「ピラール聖母教会」 を観光しました
幸運にも今日はこの地方で盛大に行われる花祭り 「ピラール祭り」 の最終日に出会えました
献花で盛り上げられたの豪華な花の塔は1年に一回、この時期にしか見られないのだそうです

スペイン 10日間の旅は好天のもと賑やかな花祭りの見物から始まりました
見学を終わって[バルセロナ]のホテルまでバスで移動しました
 (約310㎞、約4時間30分)
ホテルに帰り、パスタと白身魚の夕食を頂いて、スペイン初日の夜の床に就きました
今日は名古屋から香港、マドリッド、サラゴザ往復 と長距離・長時間の移動と観光の忙しく長い1日でした

  宿泊:機内泊 と バルセロナのホテル [バルセロナゲート] 


[16日の中日新聞記事]:
 天皇陛下 6年前に譲位意向
 拉致被害者松本さん平壌で入院か
 江戸の「コンビニ」
 ボート2会場 問題点は
 ルヴァン杯 浦和が優勝
 浜岡協力金 40億円超す
 カープ 日本S進出


スペインの旅初日(サラゴザ市内の観光)の様子をスライドで観て下さい   


--------------------------------------------
スペインの2日目 (17日 月) :

「17日の行動予定」
 バルセロナ市内の観光]
 世界遺産[サクラダファミリア] の見学
 カサ・ミラの見学
 大聖堂の見学
 世界遺産[サンパウ病院] の見学
 カサパトリョの見学

  *ペエリアで昼食後
 東海岸のタラゴナへ車で移動(約100㎞/1,5時間)

 世界遺産[タラゴナの遺跡群]を見学
  [ラスファレラス水道橋] の見学

 バレンシアへ車で移動(約259㎞/3,8時間)
 バレンシア市内を車窓見学してホテルへ移動(約12㎞/20分)
  宿泊

「添乗員の日記などから」
 ボンディア!!
 ガイドのトモコさんと共にバルセロナ市内の観光に行きました
 バルセロナ市民から”ラ・セウ”と呼ばれている 「カテラルド」 を観光し、
 写真の撮影、スペインで1番の人気スポット、「サグラダ・ファミリア」へ!! 
 完成まで何年掛かるか判らないと云われていましたが、
 ガウディ没後100年の2026年(今年から10年後)に完成を予定、
 既に世界遺産に登録されております
 「サンパウ病院」を訪問し写真撮影
 昼食は名物レストランにてシーフード [ミックスペエリア]を美味しく頂きました
 「ラスファレラス水道橋」 を観光し写真撮影
 悪魔の橋とも云われる程あっと云う間にこの施設は完成したそうです
 そして、[バレンシアの街] を車窓から観光
 今日はエルサレムのパラドールに宿泊です
 ホテルで優雅に楽しい食事を頂きました

  宿泊:エルサレレールのホテル [パラドール・エルサレ-ル] 


[17日の中日新聞記事]:
 新潟知事に再稼働反対派
 乳児液体ミルク解禁へ
 北朝鮮ムスダン発射失敗(直後空中爆発)
 視覚障碍者また悲劇
 弘前シードル楽しんで
 日本OPゴルフ 松山V
 阿蘇 祖父引継ぎ農業の道
 大谷が国内最高の165キロ


スペインの旅2日目(サグラダ・ファミリアの観光)の様子をスライドで観て下さい   


--------------------------------------------
スペインの3日目 (18日 火) :

「18日の行動予定」
 ホテルを出発 ムルシアへ車で移動 (約237km 約3時間30分)

 昼食後 グラナダへ車で移動 (約278km 約4時間)

 夕刻:グラナダのホテルに到着後

 ホテルに到着ごグラナダ市街を徒歩で見学 (約2時間)
 世界遺産を見学
  * アルハンブラ宮殿の見学 (約1時間)
  * ヘネラリー庭園の見学 (約45分)

 ホテルで夕食後
  * フラメンコショを見学 (ミニバス往復約45分)

 ホテル到着(深夜 23:30頃) ⇒就寝

「添乗員の日記などから」
 ブエノス ディアス! 
 スペイン第7位の都市 ムルシアまでバスで移動
 昼食はメルルーサのフライを頂く
 食後、バスは [グラナダ] まで移動 (278km 約4時間)
 ホテルに荷物を置いて、ガイドのベルナルトさんと共に [グラナダ] 市内の観光へ
 「アルハンブラ宮殿」 への入場・観光です
 そして一年を通じて250種類ほどの草花が観られる [ヘネラリーフェ離宮の庭園] を散策・観光
 観光後ホテルに帰り、バイキングの夕食
 食後、「フラメンコショウ」 の見学に出かけました
 洞窟フラメンコを目の前で踊る洞窟フラメンコの迫力は際立ち一見する価値があります
 小型バスに乗って深夜のグラナダの細い道を駆け抜けてホテル到着・就寝(深夜の24時)
 今日は長く疲れの大きい1日でした   足も頭脳もクタクタ ヘトヘトに

  宿泊:グラナダのホテル [アリサレス] 


[18日の中日新聞記事]:
 生前退位 8論点提示(有識者初会合)
 名古屋城天守閣 本当に閉鎖?
 展示鳥は「譲渡禁止」
 [iPS細胞]で大量卵子
 支援の連鎖が力くれた
 介護報酬詐取疑い逮捕


スペインの旅3日目(アルハンブラ宮殿の観光)の様子をスライドで観て下さい   


--------------------------------------------
スペインの3日目 (19日 水 晴れ) :

「19日の行動予定」
 白い村 フリヒリアナ村ネルハ村ミハス村 を見学
 白い村 ネルハ村 を見学
 白い村 ミハス村 を見学

「添乗員の日記などから」
 ボンディア
 1982年スペインで最も美しい村に選ばれたアンダルシアの3つの白い村を散策・観光しました
 [フリヒリアナ村](ホテルから約106km 約1時間45分) から
  [ネルハ村](約9km 約15分)、[ミハス村](約93km 約1時間30分) の3つの白い村を散策観光してきました
 昼食は見晴らしの良い高台のレストランで食べ、食後、スーパーマケットにも買い物を兼ねて訪ねました
 村のおじいちゃんも風土に合ってのんびりしたスタイルでした
 「コスタ・デル・ソル(太陽海岸)」 の名前に相応しい[ネルハ村]に。 
 海の色とのコントラストが素敵でした。
 好天の青空を背景にした美しい景色 白い建物に青い空 どこを写真に収めても素晴らしい絵になります
 そして3つ目の小さなかわいい白い村 「ミハス村」 に今夜は宿泊します

  宿泊:ミハスのホテル [TRHミハス] 


[19日の中日新聞記事]:
 松坂屋 日タイ交流80年
 三菱重工が大型客船 撤退
 広島・黒田 今期で引退
 一票の格差 合憲2件目
 三菱重工がMRJで[クラスター]設立へ
 IOC交え費用協議へ:五輪会場月内に結論
 政府 北方領土帰属こだわらず


スペインの旅4日目(3つの白い村を観光)の様子をスライドで観て下さい   


--------------------------------------------
スペインの4日目 (20日) :

「20日の行動予定」
 フスカル散策
 ロンダ市内散策
 闘牛博物館

「添乗員の日記などから」
 08時にバスでホテルを出発し、
 バスは山間部を走り抜けて [フスカル] へ向かいます
 美しいガイドのマリアさんと一緒に87km先(約1.5時間)の [フスカルの村] へ向かい、
 散策観光しました。 街中の至る処に[スマーフ]だらけでの村です  
 人口は僅か220人で、スーパーも病院もないこじんまりとした可愛い村でした
 この村から約24㎞の [ロンダ] へ移動して [タホ渓谷] の断崖絶壁の町 [ホセガイド] を観光 
 そして、闘牛の町へ
 闘牛の第一人者 [ペドロ・ロメーロ]は、8歳で闘牛を始め、6,000頭の牛と闘い、
 一度もケガをすることなく72歳まで現役で過した闘牛士だったそうです
 彼はまさに闘牛士になるために生まれてきた人で、
 ここの[闘牛博物館]では彼を中心に展示してあり、興味深く見学できました

 昼食はスペイン名物の 「ガスパッチョと烏賊墨ライス」 でした
 美味しかったです
 今日は朝、着いてからのびっしり詰まった観光スケジュールで疲労の1日になりました
 そして 「セビリア」 へ移動 (約128㎞ 約2時間)
 ガイド(ホワンセさん)と一緒に先ずはスペインで一番美しい広場と云われている 「スペイン広場」 からスタートです
 大きなカテドラルに立派な [ヒラルダの塔]を見学してホテルへ
 明日も楽しい1日でありたいものです

  宿泊:コルドバのホテル [マシア・アルファロス] 


[20日の中日新聞記事]:
 高浜原発審査で過労自殺
 原発費用 総額30兆円:国民負担増
 自殺中2写真一転受賞へ
 リニア認可2年 課題は?
 コラボ線香 いとおかし
 「ワンダーコアに欠陥」


スペインの旅5日目(フスカルの村、闘牛の町を観光)の様子をスライドで観て下さい   


--------------------------------------------
スペインの5日目 (21日) :

「21日の行動予定」
 コルトバ歴史地区の観光
  * 花の小径
  * ローマ橋
  * メスキータ
 昼食後コンスエグラへ移動 (約281㎞ 約4時間15分)
  * ラ・マンチャ地方の風車群を見学
 見学後マドリッドへ移動 (約131㎞ 約2時間)
 途中のレストランで夕食後ホテルへ移動 (到着予定 20:30)

「添乗員の日記などから」
 ガイドのアンジャラさんと共に09時にバスで
 [コルトバ] の歴史地区の観光へ向かいました
 観光名所として有名な [緑の花の小径] へ向かいました
  (残念ながらこの時期は名前に相応しい[花の小径]に花は見られず、
  「ここがその小路なのか」
 と疑うくらい全く花は見られない状態でした
 これは却って旅の懐かしい想い出になってしまいました
 続いて[ユダヤ人街]を通り抜けながら民家、商店を見学していきました
 [ローマ橋] も素晴らしい遺跡でした パティオがなんと素敵なんでしょう!!
 イスラム部分が大きな面積を占める中にある
 カトリック部分メスキータの中へ!!  
 8世紀から10世紀にかけて拡張された854本の柱の森
 昼食後、バスで [コンスエグラ] へ移動
  (約281㎞ 約4時間15分)
 ラマンチャの高台に建つ5台余りの風車群の見学です
 ドンキホーテ作品の舞台を忍ばせる風景で、
 バスを降りて風車の足元まで歩いて小高い山頂まで登り、
 見学者に解放されていた風車の一つに入って内部を見学させてもらいました
 風力で回転する風車で駆動する杵と臼でトウモロコシの粒を潰して粉にする
 仕組みをまじかで見学させてもらいました
 風景に溶け込んだドンキホーテ色豊かな見学体験でした
 見学を終わってバスで マドリッド に向かいます
  (約131㎞ 約2時間)
 夕食は中華料理店で中華の食事でした

   宿泊:マドリッドのホテル [ミゲルアンヘルバイブルーベイ] 


[21日の中日新聞記事]:
 トヨタ 電池自社開発
 米大統領選 最後の討論会も中小合戦
 伊調選手に「国民栄誉賞」
 平尾誠二さん死去(53)
 三菱自 益子社長が留任
 電通3年前にも過労死


スペインの旅6日目(コルトバ の歴史地区、緑の花の小径、ラマンチャの風車など)の   
様子をスライドで観て下さい   


--------------------------------------------
スペインの6日目 (22日) :

「22日の行動予定」
 マドリッド市内の観光
  ブラド美術館
  マヨール広場
  王宮
  ゴヤの礼拝場
  グランピア
  土産店でショッピング
 昼食後午後は自由行動 (一部の人はOP-2の行事に参加)

「添乗員の日記などから」
 今日はスペインの滞在最後の日です
 雨の中をマドリッド市内をの観光して回りました
  [ゴヤの礼拝堂]、
  [スペイン広場の王宮]、
  [プラド美術館]、
  [マヨール広場]、
  [グランピア]
 を見学して回りました
 歴代スペイン王家のコレクションを集めた 「プラド美術館」 の見学では
 ガイドの赤池さんの深い知識を駆使しての丁寧な解説・説明で
 充実した時間を過ごすことができました

 見学を終って、味の良い生ハムと白身魚の料理を食べさせて
 くれると云うレストランで昼食を頂きました

 今日は[旅の最終日]です
 生憎く朝から強い雨に悩された1日でした
 昼食から夕方までの自由行動はマドリッド市内の地図を頼りに
 街の中を歩いて散策する計画でしたが降り続く生憎の強い雨の中
 知らない土地で車で混雑する中を傘を差しての散策は危険ですので
 早々と散策をするのを諦め、タクシーを探して乗り込み
 今夜も宿泊予定のホテルに向かいました (11ユーロ)

   宿泊:マドリッドのホテル [ミゲルアンヘルバイブルーベイ] 


[22日の中日新聞記事]:
 鳥取中部で震度6弱(M6,6 揺れ瞬間「熊本」並み)
 人工知能で保育支援(名古屋)
 架橋贈収賄4人起訴
 無年金者救済法成立へ
 自動運転に地方熱視線
 将棋ソフト問題を調査


スペインの旅7日目(プラド美術館などマドリッド市内の観光)の様子をスライドで観て下さい   


--------------------------------------------
帰路の旅 (23日~24日) :

「帰国日の行動予定」
 23日09時にホテルを発ち、マドリッド空港へ 
 出発時間(12:30)までラウンジで待機
 23日12時30分 マドリッド発のCP機(CX0320)で香港に向かう
 24日07時05分 香港に到着
  (飛行時間約12時間35分 マドリッドと香港の時差:プラス8時間)
 24日10時10分 香港発のCP機(CX0536)でセントレア(名古屋)に向かう
  (飛行時間約3時間50分 香港と日本の時差:プラス1時間)
 24日15時00分 セントレアに到着
  空港で所要の手続きを済まして解散し、名鉄と高速バスで自宅に向かう

「添乗員の日記などから」
 スペイン10日間の旅は昨日以外は好天に恵まれ全ての計画を終了し、今日は帰国の途に就きます
 スペインには現在世界遺産が44件あり、世界で3位だそうです (今回の旅ではそのうち5か所を見学)

 09時にバスで宿泊ホテルを出発、空港へ向かう
 セキュリティ検査時に列の前後にいた中国婦人の荷物にクレイムがあり手間取る間に
 自分の帽子、上着とPPを入れた3つ目の籠の行方が何時の間にか行方不明になり、
 添乗員も一緒になってレーダー門の周囲を観て回るが見つからず、
 ポリスに状況を申告して調べて貰う
 PPがないと帰国できないので意気消沈の状況に
 約1時間して(この間トイレに)検査場に戻ってきて係官に尋ねると
  「これか?」
 と云って不明の3品入りのパンを出してくる
 何と不思議な出来事だったのだろうか
 この近隣国では全ての人が信用できない事を改めて認識させられる出来事だった
 荷物の個数を減らし、注視の目を離さないことが緊要と知りました
 幸い再発見でき無事に帰国できた事を感謝し努力してくれた添乗員に感謝したい
 無事、出国手続きを終えて予定通りにマドリッド空港から
 CP航空(CX-0320 B7-300)で香港に向かい到着
  (時差+2時間、飛行時間約12時間35分)
 香港からは同じCP航空(CX-0356 B7-300)に乗り継いでセントレアに向かい、
 15:00無事に到着しました
  (時差+1時間、飛行時間約3時間50分)
 スーツケースを受け取り、16:30発の名鉄電車で名駅に向かい、
 名駅から特急バスで桃花台に向かい自宅に19時帰着できました
 いろいろありましたが無事に自宅に帰って来られた事に感謝します 


[23日の中日新聞記事]:
 補助犬 なお入店拒否も
 田部井淳子さん死去(77腹膜がん)
 遭難13日ぶり救助
 岐阜市議、自社に政活費
 税逃れ市民が監視を
 オプジーボの効果判別
 害虫で松茸SOS

[24日の中日新聞記事]:
 衆院2補選 自民系勝利
 安保法新任務を明言
 平幹二郎さん死去(82)
 AT&Tが8,9兆円買収
 オプジーボの効果判別
 害虫で松茸SOS


スペインへの往復空の旅(香港経由して日本への復路)のスライドで観て下さい   


****************************

[総合所見]

⇒ スペインとジブラルタル海峡を挟んだ隣国モロッコの類似点・相違点

1 スペインにはアンダルシア地方に小さな白い村が3つ
  ('16,10,19訪問のフリヒリアナ村、ネルハ村、ミハス村)
 あります
 一方、南の隣国のモロッコにはシャウエンのメディナ・青い街 ('16,03,18訪問)があります
 その生い立ちなどの詳細を私は知り得ませんが両者の大きな違いは白色か、
 青色かの差で、街の構造などよく似ておりそこに住む住民達が各自で
 ペイント缶と刷毛を手に自宅の外壁を塗り直して
 新鮮な色に改善しているのです
 世界の人々に知られ、世界各地から訪れる観光客も増え、
 その効果を有効に利用しているのです

2 スペインの白い街もモロッコの青い街もキリスト教徒とイスラム教徒が混在して
 生活する中では宗教的対立も起こります
 侵入してきた異教徒など外部の者が侵入したら容易に脱出する事ができないように
 迷路造りになっているのだそうです
 歩いてみて双方の街には多くの点で共通している事に驚かされました

3 もう一つの両国の類似点は王宮の造りです
 愛妾をはべらす部屋の配置や造りも実によく似ております
 比較するとモロッコの方に豪華さなど資金の投入額などで
 軍配が上がるのではないかと思いました

4 現在のスペインに至るまでにはローマやアメリカなどとの
 長い闘争の歴史があり現在に至っているのです
 日本と違って昔、世界史の受験勉強で悩まされたように難しい込み入った
 長い闘争(侵略・占領)の歴史があったのです


⇒ 旅の途中での盗難に注意

1 海外旅行では常時要注意
 5月の地中海クルーズでは携行した買ったばかりのカメラを一瞬目を離した隙に
 船内で盗まれました('16,05,16)
 そして今回は香港で、ウオークマンの置き引きに遭遇しました
 不運の一言では済まされません
 外国に出かけたら自分の物は肌身離さない事が基本でしょうが
 周囲の人は皆善人に見えるのですが
 日本の人は(特に私には)直ぐに隣の人は悪人ではなく気を許してしまうのです
 信じて気を許してはいけないのです
 戦後の日本で 「他人をみたら泥棒と思え」 と云われた一時期がありました

2 先日('16,07,18) 日帰りバス旅行で静岡県の久能山東照宮を参拝した時、
 境内の売店でソフトクリ-ムを買って食べたのです
 バスに帰って財布の紛失に気づいたのですが戻ってくる可能性はないと
 諦めて帰宅しました  すると
 翌日午前、東照宮社務所から電話があり、財布が届いているとの朗報です
 「さすがに日本だ。」 と日本国民の正直に感心し満足し誇りに感じました

3 今回のスペイン旅行から帰るとき、マドリードの空港での税関検査で
 パスポートとカードを入れた携帯袋の行方が不明になり
 言葉の通じる添乗員も一緒になって探してくれたり、警官に聞いてくれたり
 したのですが彼ら誰も知らないと云って本気で対応してくれないのです
 1時間以上粘っていると
  『若しかしたらこれじゃあないか?』
 と探し求めていたパスポート、帽子、コート、現金入りの財布などを
 入れたケースを持ち出してきたのです
 どう見ても何処かに隠していたとしか思えない様子だったのです
 添乗員も私もそれまでの彼らの対応を見ていて納得できない不思議さを
 感じ抗議を始めたのですが自分の大切な物が手元に無事に戻ってきたので
 それ以上に抗議はやめて早々にラウンジに急いだのです
 これからは警官でも信用してしまうのは危ない事である事を
 肝に銘ずべきと認識したのです


⇒ 撮影した写真について

1 今回の旅行でピンボケの写真が多く困りました
 地中海クルーズで新品の写真機が盗まれ新たに購入したCanonIXY180を
 携行したのですがピンボケになる写真が多かったのです

2 6月に付知峡を訪ねて写した写真にも同じ現象が出ていました
 前に持っていた古いタイプのIXY900では起きなかった現象です
 更新の機器にこんな現象が出るのは個体異常だと思い修理に出そうと考えていた矢先、
 キャノンからAF機能不良で無償修理のリコール連絡があり早速11月19日に
 修理に出し発送し24日に終わって帰ってきました

3 今後の写真は正常に撮影できるどろうと期待しています


⇒ トラピクスについて

1 スペインツアーの募集広告について
 その広告パンフには 「人気添乗員同行」 の特記があったので、できたらこの日に
 私も参加したいと申し込みました  処が
 参加してみると特にそのような事は全く感じられず問題点の多い添乗員さんでした

2 添乗員が毎日配るメモ紙(A5)の記述について
 本来は 往復の時差修正についての記述があるべきなのに全く記述がなかったのです
 メモ紙には毎日自分の氏名を大書したり携帯番号を記述して
 初めて見学する参加者に必要な見学の経路や要点などを説明して欲しかったです

3 添乗員には何度目かの訪問なのでその体験を元にして親切な判り易い解説が欲しいです
 基本となる[テンププレート]を作っておけばその都度微修正と加筆で適応は可能な筈です
 工夫して欲しい事です

4 外食する時はその場所は事前に設定されている筈なので
 レストランの 名称・住所・電話番号等 の記載が欲しいです
 お客さんの立場で知恵を働かせて頂けませんか

5 観光地での引率案内について
 単独でどんどん前に歩いていき(後方確認が少ない) 
 添乗員の位置を見失わないようにシグナル旗を注意し続ける事に熱中させられ
 見学は疎かになってしまいます  自分の経験を活かして欲しいと思います

6 高い料金を払って参加していお客さんに対し少しの不満があってもそれは自分の足らざる
 故と考え、自分の感情を表情に丸出しにしないで少しの我慢は必要です
 生起した結果の原因は貴女にも少しはある筈だと考えるべきと思います

7一般的に言えることは、旅の途中で添乗員としての自分を吹聴自慢するの方の評価は
 私らの評価は逆に平均以下であったは云えます

8社内の研修会などで技能向上を図って下さい



▲********************(12/07:完)**▲

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加