【思いつ記】

かって大空で生きてきた若鷲も
老いた今は民間機と客船で地球の裏側も訪ね
見識を広める旅を元気に続けています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

018:提言-18 「観光バスのシートベルト着脱確認法について]

2017年08月22日 | 安全


[申告や目視確認でなくライトで確認可能に]


 先日、高速道走行中の観光バスに反対車線から分離帯を飛び越えた乗用車がサカサマの状態で
 バスに被さってくる大事故が起きました
 運転手とガイドさんは夫婦で2人は絶えず乗客にシートベルトの着用を督促し、全員が着用し
 その車のベルトはたすき掛け式で性能を遺憾なく発揮したと云うことです
 高速走行中のバスに反対車線から乗用車がサカサマ状態で飛び込んで来ることなど想像もできない事です
 こんな事故にも一人の死者も出なかったのは乗務員が着用を徹底したことと乗客全員が指示を守って
 シートベルトを着用した結果です

 ツアーで観光バスに乗ると発車前にマイクで着用を徹底されますが途中は監視されていません
 乗客全員のシートベルトの着用状態を走行中いつも乗務員やお客同志が走行中いつも監視できるようにして
 安全を保つことができるように改善して欲しいです
 製造会社で設計段階でこの思想を採用して観光バスを改善して欲しいと思います

 乗用車では各座席のシートベルト着脱の状態を運転席で常時確認でき着用を徹底することができます
 観光バスでは安全のために走行中の着用を法律で規定しておりますが着用徹底・確認の方法は不十分です
 旅客機のシ-トベルトについても同様のことが云われます
 簡単なメカニックを設計・製造に採用することで容易に徹底でき最悪事態に遭遇しても
 事故被害の局限化が図ることが可能になります
 政府国交省の積極的なご一考をお願いします

*************************************


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 017:提言-17 「寿命100歳以... | トップ | 1002- ようこそ爺のブログ [... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

安全」カテゴリの最新記事