【思いつ記】

かって大空で生きてきた若鷲も
老いた今は民間機と客船で地球の裏側も訪ね
見識を広める旅を元気に続けています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

012:提言-12 「保育士は不足?」

2016年11月10日 | 教育

日本では少子高齢化が騒がれており、一方世界で一番の長寿社会になり、
高齢者の分別も今の65歳から75歳に切り上げてはとの提言がありました
そして国会や都議会などでも議論されております保育園への待機児童数が増加し、
社会に出て働きたい若い母親が幼児を抱えて働きに出られない人が多いと聞きます

昔の日本ではどこの家でも今よりずうっと子だくさんでその数は3人から6人が普通でした
沢山の幼子たちも、おじいちゃん、おばあちゃんから[昔ばなし]などを
耳もとで聞かせてもらいながら楽しく賑やかに育っていったのです
そんな生活の中で勧善懲悪や親孝行のあり方などいわゆる日本の道徳を教えてもらい身に着けて育ったのです
その時代に幼児を預かってくれる保育園があったのでしょうか
国民学校に入る前の幼稚園にも行かなかった子供も沢山いただろうと思います
私もそうだったのですが何の不満もなく成長してきました
現今では生まれてくる子供が極限まで減少し、一方高齢になった祖父母たちは皆元気者で手持ち無沙汰で暮らしているのです

なぜ、この元気で身近な祖父母の助けを借りて幼児の成長を支援してくれる社会に仕向けないのでしょうか
行政は[三世代同居]を推奨し、経済的にも政策的にもこれを推奨する政策を進めるべきではないでしょうか

元気で暇な時間を過している両親を地元に残して寂しく暮らさせ、
自分たち新婚の2人は都会に出て困窮した新所帯を持つからです行政がそれをこれまで推奨してきたからです
彼らが5人家族で育った故郷の40坪を超える大きな家には老父母2人だけになり空き家同然の家になり
彼らが子供時代を過ごしてきた庭も部屋も何時も灯りが点かずに雑草がはびこり放題です
部屋には埃が溜まるまま放置され老父母に掃除を強要しているのです
夜、付近を通ると寂れてしまった灯りの点かない家々になっているのです
年老いても元気な両親は娘を育てた家で日々を過ごし、楽しみに待っていた孫の世話もさせて貰えないまま
いつの日か訪れるであろうデイサービス行きの日が来るのを待っているのです
保育所の増設・入所を願う前に両親との同居を推奨する税制改革、所得改革などの行政施策をすすめて欲しいと思います
戦後の日本は全国民が大学へ入り、ホワイトカラーやオフィスガールのサラリーマンのなる事ばかりに熱中した結果であり、
この結果は心の荒廃した今のみじめな現状に落ち着いてしまっているのです

若い彼らは混雑する列車でオフィスに通い子供たちは愛情の薄い事務処理的な保育所の中で育てられているのです
そこで日本伝来の道徳心の教育を期待することは無理なことです
特に交通安全の教育などは真の愛情ある祖父母の言葉が孫たちの心に染み込んで育まれる教育です
今の農村の荒廃、過疎化はこんな行政が目もくれない間違いに由来しているのではないでしょうか
鳥取、島根では過疎化が進み国選の制度改革が急迫している現状です

国などの行政は何故、昔のような親との同居生活の実現を推奨しないのでしょうか
最近の高寿命化で元気な高齢者が増えており、高齢者を今の65歳から75歳にしようとの提言もあります (提言-01参照)
空き家の解消にも繋がり若い夫婦は幼い子供を両親に任せて気楽に共働きができるようになるのです
そして大都市への人口集中も解決し、農村も再開発され食料自給にも近ずけるのです
子供の躾や道徳、交通安全などの教育にも祖父母の教えの言葉を大いに活用すべきです 



*************************************

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

007:提言-07 「大学は入学易く卒業難しに」

2016年09月16日 | 教育

学生は毎年実施されている[センター試験]を受け全国の共通評価を受けて
希望する大学に願書をだし各大学の評価を受けて合格すると入学できることになります
現在の方式では入試から入学、そして学生生活の殆んど全ての身分が保証されてしまうのです
だから大学に入ること、合格することで多くの人の生涯の人生を決めてくれているのです
合格して大学に入学できるとその日から本分の勉強よりもアルバイト先を探して
納入する学資や遊び代を稼ぐために奔走することになるのです
卒業後彼らが進む社会・企業は彼らが学んで習得した学力・能力なのです
現実の社会では個人の習得した能力ではなく大学の名前が先行して評価され
司法試験や国家試験を除いて彼ら個人が習得してきた能力を評価できる手段が皆無なのです
それほど卒業へ向かって大学生の学ぶ過程で障害や過労となるものが少ないか皆無なのです

対策として大学への道は入学することより卒業することの方が難しい
学生環境にすることが必要ではないでしょうか
現在のセンター試験は大学入学後の教育についていけるか否かを判定して可能と判断されれば入学を許可し、
入学した後は容易の卒業できない環境にしていけば
入学後の学生は学力・体力・技能の向上・鍛錬に向けて努力することが必要になるのです

そして全ての大学生は卒業資格を得る全国共通試験として[センター試験]に類似した
試験を導入し、その成績で社会への出発切符にする方策を考えたら如何でしょうか
大学入学には高校教育よりも受験塾通いに時間と費用を浪費し、
両親や社会を困らせている現状を改善して欲しいのです

学年別に、専攻別に、そして卒業時に全大学共通の試験を導入し

 [留年]、[成績可]、[成績良]、[成績秀]、[成績優秀]

の5段階の成績を区分する
その後も毎年実施される資格試験を受けて上位の成績取得の道を残すのです
全ての卒業生はこの全国共通の大卒認定成績を持って官民の職業に就職・従事することになります
従って卒業大学の名前が個人に就いていくのではなく実施されるこの共通試験の成績が
生涯就いていくことになるのです
その成績はその後の人生で努力することにより上位の格付け成績に向上させることができるのです
人生は努力を続ければ向上の道が開かれていることが大切なのです

大学生が本分の学習を忘れて入学と同時にアルバイトに熱中できる仕組みを排除すべきと考えます



*************************************


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

005:提言-05 [道徳は童謡から学ぼう]

2016年08月09日 | 教育

最近、「道徳」 を小学校教科に導入しようとの検討がなされていますが中々結論に至りません
成績の評価、点数化や思想の強要などの問題で実現に至らない難しい問題に至っています
そこで私の提案ですが小学校の[音楽]に童謡の採用は如何でしょうか
童謡には
 勧善懲悪、恩義、慈愛、動物愛、協力、勤勉、忍耐、友情、感謝
などその節々に日本古来から引き継がれ貴ばれてきた日本人の精神的支柱が織り込まれて歌われており
感受性が強い幼少時代の教育に適したものだと思います

これこそ敗戦後の日本の教育で見捨てられ失われたままで過ごしてきた心の支柱ではないでしょうか
道徳教育の復活は先ず日本古来の童謡教育から始めるのが手早い手段です
歌手の由紀さおりさんが熱唱しいる日本の童謡はこれからの日本の幼児教育に不可欠な要素ではないでしょうっか
童謡になじみ成長すれば現在のような惨い虐めな殺人事件などはなくなると思います
戦後教育で育った今の中年の方には馴染めない環境になっていますが
デイステイなどを訪ね老齢の方に接すると彼らの心を最も癒し慰めるものは静かに歌える童謡唱歌です

卒業式では決まってみんなが歌ってきた「蛍の光」の復活も是非勧めて欲しいものです
卒業式は自分が卒業できるその場面で恩師や両親、友人に感謝とお礼を表す場だと思います
その場面で最も相応しい歌が「蛍の光」ではないでしょうか
文科省が中心となって教育体系の再構築に臨んで欲しいものです 



*************************************

コメント
この記事をはてなブックマークに追加