時空を超えて Beyond Time and Space

人生の断片から Fragmentary Notes in My Life 
   桑原靖夫のブログ

ヨブの妻は悪妻か:ラ・トゥールの革新(6)

2015年08月25日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

アルブレヒト・デューラー『メランコリアI』 銅版画、1514


 ラ・トゥールの『ヨブとその妻』は、前回記したように、ヨブと妻の対話、ヨブの神を疑うことのない信仰心の篤さについて、夫と妻がお互いに見つめ合い、真意を確認しあう構図がきわめて斬新である。加えて、ヨブの目の奥を覗き込むような妻の位置どり、身につけている衣装の美しさがきわめて印象的である。初めてこの作品に接した時から妻の衣装は、どことなく彼女が聖職にかかわっている、あるいはなんらかの祭儀の折の装束のように思われた。16−17世紀の他の画家たちの手になる作品では、ヨブの妻はほとんど例外なく年老いた、美しくない女として描かれてきた。衣装も粗末なものが多い。『ヨブ記』のストーリーが、かなり素朴な形で社会に受容されていたことを思わせる。

ラ・トゥールはなぜ従来、社会に流布してきた世俗的理解とは異なる形で、この主題を描いたのだろうか。筆者はこの作品に出会って、深く感動するとともに、作品に秘められた謎に長らく疑問を抱き、探索を続けてきた。その結果、謎を解くひとつの鍵は、あのアルブレヒト・デューラーの同主題の作品にあるように思われた。デューラーの作品では、ヨブの妻はラ・トゥールの作品に類似したルネサンス風の明るい衣装を身につけ、腰帯に鍵の束をつり下げていた。

鍵は「鍵」に
キリスト教美術における「鍵」はしばしば重要な意味を持たされてきた。聖ペテロの「天国への鍵」はよく知られているが、今回のような女性の場合についてみると、パリの守護神とされてきた聖ジュヌヴィエーヴ St. Genevieveは、しばしば
鍵をアトリビュートとして手にしたり、帯に下げている。また、聖マルタやローマの聖ペトロニラなどのように鍵束をアトリビュートとしている聖女もあり、彼女たちは家事・家政を受け持つ主婦や奉公人の守護聖人とされてきた。近世の家庭における夫と妻の関係において、妻が果たす役割について一定の評価がなされていたことをうかがわせる。デューラーの作品で妻がつり下げている鍵束は、そうした点を反映し、夫ヨブが試練に耐えている間、家庭を守る主婦として夫ヨブと対等の立場を保持していることを意味しているのではないだろうか。

さらにデューラーより少し時代を下った、北方オランダ北方ルネサンスの画家ヤン・マンディンJan Mandyn(ca.1500-1560)の作品の場合、作品の解釈が難しい部分があるが、画面左側(全体は本ブログ記事最下段掲載)に描かれたヨブと妻についてみると、妻は白い帽子と衣装を身につけ、鍵束を持つなど、デューラーの作品に類似する部分がある。妻の衣装も日常着とは異なり、不思議な形の帽子を被り、祭儀の衣装のような感じを受ける。鍵は財産など特別なものを保護するために、鍵の持ち主が他人が立ち入れない領域(ドメイン)を支配していることを意味している。その点で、ヨブの妻がそうした特別の領域に関わっていることが推察できる。

ヤン・マンディン『ヨブとその妻』 部分

侮蔑か慰めか
デューラーそしてマンディンの作品には、専門家の間でも解釈が異なる部分がいくつかある。たとえば、デューラー作で、妻がヨブに桶で水をかけている場面を、ヨブに対する妻の侮蔑、残酷な行為とみるか、妻の救い・慰めの行為とみるかで、判断が分かれる。筆者は後者をとり、ここまで神に対して真摯な信仰を持ち続ける夫ヨブへの妻の慰めの行為と解釈したい。水をかける行為も背中にかけており、頭からかけるような乱暴な行為には見えない。妻の表情も嘲笑や侮蔑感という印象は受けない。

マンディンの作品(下段に全体を再掲)の右側の楽師たちの描写にしても、苦難に耐えているヨブを、嘲笑している光景なのか、ヨブと妻を慰める演奏を行っているのか、その含意に定説はない。

関連して、デューラーのヤーバッハ祭壇画の2人の楽師の画面は、同様にヨブへの慰め、癒しの意味を持つのではないか。ヨブの家、財産が焼失している背景に、小さく悪魔(サタン)のようなものが描かれている(画面左奥、燃えさかる火炎の前)。サタンが自らヨブに与えた業火の中に滅失しくいくことを含意していると考えるのは現代的すぎるかもしれない。しかし、その後の画家たちの画面からも、サタンのような存在は消えている。

ラ・トゥールの作品では、妻は蝋燭以外に鍵束のようなアトリビュートは身につけていない。しかし、デューラーの作品における妻の衣装に共通する部分がある。特別の衣装から明らかに聖職などに関わっていることを暗示しているようだ。必要最小限のものしか描き込むことをしなかったラ・トゥールの画風からすれば、この衣装だけで、当時の人々にはその意味を十分伝達できると考えたのだろう。このブログ・サイトが一貫して重視している「コンテンポラリー」の意味を改めて考えさせられる。ラ・トゥールは16-17世紀に多い凡庸な画題の表現を、根底から考え直し、きわめて美しく感動的な画面へと大きな転換をもたらした。

続く


 

ヤン・マンディン『ヨブとその妻』


References
Katherine Low, The Bible, Gender, and Reception History: The Case of Job's Wife, London: Bloomsbury, (2013) 2015pb.

デューラー(前川誠郎訳)『ネーデルラント旅日記』岩波書店、2007年。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨブの妻は悪妻か:ラ・トゥールの革新(5)

2015年08月14日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋




ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
『ヨブとその妻』部分(上半分)
クリックして拡大




 今年の夏の異常な暑さにとりまぎれて、このブログでは中途半端のままに放置されているシリーズが2,3ある。そのひとつは『ヨブ記』の解釈をめぐるデューラーやラ・トゥールの位置づけである。これまでの話と少し重複するが、おさらいしながら続けてみたい。

  『ヨブ記』におけるヨブとその妻の世俗の評価は、17世紀になってもかなり固定したイメージであったようだ。要約すれば、ヨブの妻は、ヨブが財産や家族に恵まれ、豊かな暮らしをし、家族も健やかにあった時には良き妻であったが、ヨブが神の手先のような専横な振る舞いをするサタンの横暴、非道な策略によって、すべての財産を奪われ、子供たちも失い、家庭も破壊されてしまうと、冷酷無情に夫を嘲罵する悪しき妻に変貌してしまったというストーリーである。

広がってしまった世俗的理解
 中世以降、世の中に広まっていたこうした一般的理解に従って、多くの画家たちも、ヨブをひたすら神への信仰を失うことなく、いかなる苦難にも耐え忍ぶという忍耐の権化のようなイメージで描いた。持てるもののすべてを失い、炎天下で堆肥や塵芥溜まり(ラ・トゥールの場合は(塵芥桶)の上に座り、ひどい皮膚病に苛まれながらも、土器のかけらでわが身をかきむしって苦痛に耐えているという姿だ。他方、ヨブの妻については、苦痛に苦しむ夫ヨブをいたわり、励ましてもよいはずなのだが、夫の神への疑心のまったくない信仰の姿にあきれたのか、嘲罵の言葉を投げかけるまでになる。


 世俗の世界の話に置き換えてしまえば、ヨブの妻の対応も理解できないではない。設定さえ変えれば現代でもあり得る話ではある。ヨブの妻はそれまでの幸せな妻としての座を失い、ひたすら神への信仰に心身を捧げてゆくヨブのあり方に愛想がつき、切れてしまう。世俗の妻であったならば、さもありなんと思われる。かくして良妻賢母のイメージはたちまちにして悪妻へと反転、転落してしまう。『ヨブ記』では主役はやはり信仰篤いヨブであり、妻は脇役の位置にある。そのため、妻はヨブを引き立てるような役割を負わされてしまった。画家や後世の美術史家たちの関心は、ヨブにひきつけられてしまった。

 ヨブの妻はその後しばしば年老いた女の姿で描かれることになる。しかし、『ヨブ記』には、ヨブがサタンに打ち克ち、神の信頼を確保し、かつての幸せな生活を取り戻した後における妻のことにはなにも記されていない。ヨブのもとを去ったとも描かれていない。聖書の話だから、すべて仮想の組み立てである。

ラ・トゥールの新しい試み
 ここで、ラ・トゥールの『ヨブとその妻』を画題としたと思われる作品について、立ち戻ってみる。この作品に最初に接した時に、
作品の与える不思議な美しさに感動させられた。

 デューラーをやや別とすれば、従来の画家たちによる『ヨブとその妻』を題材とした作品とラ・トゥールの大きな違いは、次の点にあるように思える。(1)ヨブと妻との対話の構図の形成、(2)妻の容姿が大変美しく描かれ、醜い年老いた女性のイメージではまったくない。少なくもヨブと対等する位置が与えられている。一見すると聖職に携わっているような雰囲気さえ見る者に感じさせること、そうだとすれば、(3)妻の社会的役割はなんであるのか、ラ・トゥールは『ヨブ記』の伝統的解釈にいかなる革新を導いたのかなどの諸点に関心が集中する。

 第一のヨブと妻の対話の構図については、この主題を絵画化した16-17世紀の作品のほとんどは、肥料桶や堆肥などの上で、皮膚病とたたかいながら、神の真意を深く考えているヨブの姿(多くは下を向いて考えている)に対して、妻とおぼしき年老いたあまり美しいとはいえない女性が、厳しい形相で対している構図である。そこに見られるのは神から苛酷な試練を課せられた夫ヨブに、口汚く罵り、あざけるような表情である。

 これに対して、ラ・トゥールの作品では、神へひたすらの信仰心を抱いて苦闘している夫と、その様子を憂い、真意を確かめに来た妻という対話の構図が初めて採用されている。

 従来の画家の作品では、ヨブは炎天下の堆肥などの上で皮膚病に苦しみながら、下を向いて、じっと耐えているポーズが多い。他方、妻はすっかり切れてしまって、夫を嘲笑するみにくさが前面に出た姿で描かれてきた。

 さらに、16−17世紀の絵画では、ヨブに計り知れない苦難を与えているサタン(悪魔)のような奇怪な存在もしばしば大きく描かれている。デューラーの作品にも、よく見ないと気づかないほど小さな姿ではあるが、サタンとみられる怪しげなものが背景に描き込まれている。しかし、デューラーの場合は、妻が炎天下のヨブに桶で水をかけてやっている構図であり、ヨブを嘲るような表情ではない。妻の衣装もルネサンス風の美しいものだ。
ヨブとその妻をめぐるストーリーの受け取り方は、時代が経過しても地域や画家の受け取り方次第で大きな差異がある。ラ・トゥールと同時代のジャック・ステラはヨブを嘲笑する妻という従来の解釈をそのまま受けとっている。16-17世紀の画家たちはほとんどがヨブの妻を年老いた美しくない女性として描いている。

 デューラーとラ・トゥールの間には、およそ1世紀近い時空の経過がある。ラ・トゥールがデューラーの作品(祭壇画)を見る機会があったか否かについては、確たる証拠はなにもない。しかし、デューラーという偉大な画家についての情報は、カラヴァッジョについての情報同様に、ラ・トゥールが生きたロレーヌの地にも届いていた可能性は高い。ヨブとその妻を題材としたデューラーの作品には、前回記したように,右側にヨブを慰める楽師たち(そのひとりはデューラー自身の像といわれる)が描かれていた。この作品にはひたすら苦難に耐えるヨブを慰めようとする画家の心情がこめられているように思われる。炎天下のヨブに水をかけてやる妻にも、嘲笑や愚弄の色はない。背景に描かれている悪魔のごとき存在も、次第に小さくなっている。ヨブの忍耐と信仰の篤さが、勝利を収めようとしていることを暗示していると考えられないか。

 デューラーからほぼ1世紀を経て、ラ・トゥールは同じ主題を取り上げた。ラ・トゥールはいわば17世紀ヨーロッパ画壇にひとつの革新をもたらしていた。この画家は決して安易に時流に流されなかった。同じ主題であっても、深く考えていた。長い因習にとらわれていた人々には、その点が読み抜けなかった。そのこともあって、この美しい作品は、長い間画題が定まらず、『天使によって虜囚の身から救い出させた聖ペテロ』といった誤った評価すら与えられてきた。

 ラ・トゥールのこの作品を理解するには、描かれた新しいヨブの妻のイメージについてさらに踏み込む必要があるだろう。そのためには、ヨブと彼の妻が置かれた社会的位置と役割について、バランスのとれた理解が求められる。

続く 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラ・トゥールに射す光:暑中お見舞い

2015年08月04日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

 


暑中お見舞い申し上げます。

日本は亜熱帯になっ
たような異常な暑さ。それでなくとも間延びしてきたブログもさらに間が抜けて夏休み状態。

その中で庭の片隅に5年ほど前に植えた百合カサブランカは、いつも花屋や近隣の家々よりはかなり遅れたペースで、しかし前年よりも一段と大きく開花しました。時々水をやるくらいでほとんど世話をすることはないのに、自然の摂理はどこかでしっかりと働いています。今年の猛暑も、自然界の変化の大波の中では、小さな波なのかもしれません。見事な開花を見せた後は、本体は枯れて球根となり、地中で力をたくわえ、再び新たな輝きを見せる時を待ちます。

閑話休題 

さて、あのラ・トゥールの『ヨブとその妻』 で、妻が着ている美しい衣装、当時としても普通の人が日常着ているものとは明らかに異なる感じがします。それまでは、ヨブの妻はしばしば年老いた女性、当然若い女性、美女とは異なり、美しくない 女性として描かれてきました。しかしデューラーやラ・トゥールは、美しい衣装をまとった不思議な雰囲気を秘めた女性として再登場させます。なにが、こうした変化をもたらしたのでしょう。

この絵に限らず、ラ・トゥールが残した数少ない作品は、一枚、一枚が深い謎や物語を背後に秘めており、その奥深さは今は亡きラ・トゥールの大研究者テュイリエ教授が東京展のカタログに残したように、フェルメールの比ではありません。

画家の生涯もまた文字通りドラマティックなものでした。この画家を理解するに欠かせない小さな特別展が、今夏、画家の生地ヴィック・シュル・セイユのジョルジュ・ド・ラ・トゥール美術館で開催中です。実際に訪れてみると、小さな、小さな美術館ですが、この画家のファンにとっては一度は訪れる価値があります。今回の催しのポスターに使われているとなったのは、あのレンヌの『生誕』です(前回ブログの最後に掲載)。この作品、見れば見るほど魅入られます。作品表題が『生誕』(聖誕)
nativityに定まるについても議論は尽きませんでした。しかし、今は疑う人はありません。

このブログを開設するに当たり、この画家をご存知ない方のために、『生誕』が子守歌を集めたCDアルバムの表紙に使われている小さな本を取り上げました。長年、私の仕事場に掲げられたこの作品のポスター、もう私の命あるかぎり取り替えられることはないでしょう。 

 

 

県立ジョルジュ・ド・ラ・トゥール美術館のロゴ。
モダーンなデザインの意味を考えてみてください。

いまや17世紀フランスを代表するラ・トゥールには、最近新たな関心が高まってきたような気がします。これについても、晩夏の時を待ちつつ、ゆっくりと考えてみましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨブの妻は悪妻か:ラ・トゥールの革新(4)

2015年07月23日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

Albrecht Dȕrer(1471-1528), Job and His Wife, c.1504, oil on panel,
Städel, Frankfurt, and Wallraf-Richartz Museum, Cologne, detail.

アルブレヒト・デューラー『ヨブとその妻』 部分、鍵に注意
画面クリックで拡大 


神は細部に宿る
 このラ・トゥールの画題と意味について、なぜこうした一見些細なことにこだわるのかとおもわれるかもしれない。確かにブログ開設の頃は、大学生や一般社会人向け教養講座の水準であったが、10年余りも経過すると、内容も時にかなり深入りし、継続して読んでいないと分かりにくい水準にまでなっている。管理人の覚え書きの代わりを果たすこともあり、ブログにしては少し重いことは自覚している。しかし、同時にこの問題にかぎらず、細部を知ることなくして、世の中の真理は分からないと思っているので、ヨブのように(笑)、じっとがまんして読んでくださる方には有り難く感謝したい。

 ラ・トゥールという希有な画家の作品の一枚も、細部を知らないと、なにを描いた作品なのか分からずに、ただきれいな一枚の絵で終わってしまう。これまでも繰り返し強調してきたが、ラ・トゥールという画家については、特に見る人と画家(作品)との精神的対話が求められる。その対話なくして,ラ・トゥールは分からない。

 実は人生も同じなのだ。世の中の出来事を注意深く観察する目を養いながら、細部に関する知識を累積してゆくことで、次第にその深みが見えてくる。最近では、再び大学の危機が議論の俎上に乗る中で、「教養」の必要が話題となっているが、筆者は昨今の教養をめぐる議論には大きな疑問を抱いている。あまりに大きな疑問なので、いつか改めてブログ上に登場させるかもしれない。

閑話休題

 前回のアルブレヒト・デューラーの作品『ヨブとその妻』を思い起こしてみよう。16世紀初頭、1503年頃の制作と推定されている。画面にはヨブに多大な苦難を与えているサタンのような姿、あるいはヨブが座って考えこんでいる汚い堆肥のような、一見してあまり美しくないものは、依然として描かれているが、同時代の他の画家あるいは17世紀のステラの作品で見たように、あまり見たくないという作品ではない。作品が祭壇画として描かれたこともあるが、美しい作品である。ヨブとその妻の話に関心を抱く人にとっては、きわめて興味深い作品になっている。ちなみに、この祭壇画は3枚から成るが、左側にあるべき一枚は逸失しており、諸説あって今日の段階では確定されていない。この2枚も、別々になっていたが、ヨブの妻の衣装のつながりから、接続していたことが確認された。

鍵の持つ意味
 前回、ヨブの妻の腰帯に鍵の束がつけられていることに着目した。実は「鍵」は絵画を見る際にきわめて重要なアトリビュート(その人の属性などを示す持ち物)なのだ。古くはイエス・キリストが聖ペテロに神の国への鍵を渡したことで、よく知られている。今日でもオリンピックなどの祭事などの時に、市長などが大きな鍵を持っている光景を見ることがある。鍵は権威の所在、持ち主などを象徴的に示すものでもある。

 16世紀のデューラーやさらに時代を下って17世紀、ラ・トゥールの作品を見ていると、ヨブと妻の関係が、それまでの夫に従わない悪い妻であるというイメージが、時代ともに少しずつ変化していることに気づく。財産も子供もすべて失ってしまい、さらに自分が皮膚病に苛まれ、それでもじっと耐えている夫ヨブの背中に水をかけてやる妻の顔色には、夫を嘲り、蔑むような感じは、まったく見られない。むしろ、サタンが企み、神が認めた、ヨブの身体を究極の苦難にさらすという試練に、じっと耐えている夫への愛と同情が感じられる。それは、『ヨブ記』では、図らずも口にしてしまう妻の一言とは別の次元と思われる。

 若い世代の人たちには、第一回に掲げた『ヨブ記j』の文語訳は、理解しがたいかもしれない。筆者は文語訳に慣れていて抵抗感はないが、ここに口語訳聖書の該当部分を記しておこう:ふりがなは原則省略。
ことの起こり
1(略)
2 またある日、主の前に神の使いたちが集まり、サタンも来て、主の前に進み出た。主はサタンにいわれた。
「お前はどこから来た。」
「地上を巡回しておりました。ほうぼうを歩きまわっていました」とサタンは答えた。
主はサタンに言われた。
「お前はわたしの僕(しもべ)ヨブに気づいたか。地上に彼ほどの者はいまい。無垢な正しい人で、神を畏れ、悪を避けて生きている。お前は理由も亡く、わたしを嗾して(そそのか)して彼を破滅させようとしたが、彼はどこまでも無垢だ。」
 サタンは答えた。
「皮には皮を、と申します。まして命のためには全財産を差し出すものです。手を伸ばして彼の骨と肉に触れてごらんなさい。面と向かってあなたを呪うにちがいありません。」
主はサタンに言われた。
「それでは彼をお前のいうようにするがよい。ただし、命だけを奪うな。」
 サタンは主の前から出て行った。サタンはヨブに手を下し、頭のてっぺんから足の裏までひどい皮膚病にかからせた。ヨブは灰の中に座り、素焼きのかけらで体中(からだじゅう)をかきむしった。
 彼の妻は、
「どこまで無垢でいるのですか。神を呪って、死ぬ方がましでしょう。」と言ったが、ヨブは答えた。
「お前までが愚かなことを言うのか。わたしたちは神から幸福をいただいたのだから、不幸もいただこうではないか。」
 このようになっても、彼は唇をもって罪を犯すことをしなかった。
 (以下、略) 
聖書(新共同訳)「ヨブ記」2.8 (旧)776-777 

 ここでは,「ヨブ記」のさらに詳細については触れないが、この文脈の流れに沿って、宗教的・社会的イメージが形成され、それはカトリック、プロテスタントを含めて大きな影響を及ぼした。その時代に生きた画家たちもそうした時代の受け取り方の中で、最大限の創造力を発揮して、この主題に挑んだ。

画家の創意に迫る
 さて、本題に戻って、前回までのラ・トゥール、そしてそれより一世紀前の巨匠デューラーの作品が、他の多くの画家たちの作品あるいは多くの理解と異なって、画家独自の主題理解、創意とその工夫が画面に込められていることを記した。

 とりわけ、筆者は伝統的に伝えられてきたヨブの肉体的苦難の描写以上に、ヨブとその妻の対比的位置、妻の衣装、アトリビュートなどに関心を惹かれた。いうまでもなく、この2人の天才的画家の作品は、この主題のきわめて残酷な情景を極力回避し、きわめて感動的で美しいものに仕上がっていた。筆者がラ・トゥールに惹かれるようになったいくつかの作品の中で、図抜けて美しく魅力的なものであった。

 しかし、ラ・トゥールの作品には多くの謎が込められている。それらの謎を解くためにこの主題を描いたいくつかの作品、研究成果などを探索している過程で、出会った一枚は、デューラーの作品であった。 デューラーとラ・トゥールは、時代をほぼ1世紀隔てるが、そこには共通したものが流れている。特にヨブの妻のルネサンス風の衣装とラ・トゥールの描いたヨブの妻の聖職者を思わせる美しい、しかし、ヨブとの特別の社会的関係を思わせる衣装に目を惹かれた。

 そして、気づいた点のひとつはデューラーの作品で、ヨブの妻の腰帯につけられた鍵(束)であった。デューラーもラ・トゥールも制作に当たり深い思索をこらし、作品の主題に不必要なものは極力描かない。逆に言えば、描かれたものには意味があるのだ。 

 さて、こうしてヨブの妻の衣装、そして腰帯につけられた鍵の意味を探索する試みを続ける旅の途上で出会った作品が次の一枚だった。

なぞに迫る一枚


Jan Mandyn(1500-1560), Les épreuves de Job, Musée de la Chartreuse-Douai, Phototheque-Musée du Douai. 画面クリックして拡大
ヤン・マンディン『ヨブの試練』 

 オランダ北方ルネサンスの美術家ヤン・マンディンJan Mandyn(ca.1500-1560)は、ヨブをあざける光景を描いている。画面の左側にはヨブとその妻が描かれている。ヨブの妻の腰帯にはあの鍵がつり下げられている。そして、ヨブの妻の衣装は、筆者がラ・トゥールの作品で感じたように、普通の町の人々が着る日常着ではない。明らかになにか特別の恐らく宗教的な意味を持つ衣装である。

 この作品を残したヤン・マンディンはオランダの画家ヒエロニムス・ボッシュHieronymus Bosch の画風に従ってきたといわれる。Boschの作品は、ご存知の方はすぐに思い浮かぶように、作品の明快な解釈を難しくずる特異な画風だった。Boschの工房でもヨブの生活を1507年から  3枚折の祭壇画を制作した。この作品では楽士たちと町の人たちを描いているが、ヨブの妻は描かれていない。どちらの作品でもヨブを嘲弄する場面を描いたものとされる(画題は後世の人がつけたものかもしれない)。しかし、描かれた人物の性格は依然として謎を秘めたものだ。

 上掲の作品を制作したヤン・マンディンは、オランダの画家である。この作品が収蔵されている場所の名から、最近話題となったある映画名を思い起こす方もあるかもしれない。Chartreuse-Douaiはフランス最北部に近い所にある。このことも、デューラーやラ・トゥールの議論に関連するかもしれない。まだ、謎の解明は終わらない。今日はこれまでにしましょう。


続く

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨブの妻は悪妻か:ラ・トゥールの革新(3)

2015年07月14日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

 

アルブレヒト・デューラーヨブとその妻』
ヤーバッハ祭壇画の一部
クリックで拡大

 

 ヨブとその妻についての話を知っていたり、関心を持っている人は、ブログ読者の中でも数少ないのだろう。そのことはアクセス数その他で直ちに知ることはできる。身近かなカトリックの信者の方に聞いても、当方の疑問についての手応えある答や説明が戻ってくることは少なくなった。旧約聖書に出てくる聖人の名前でしょうか、聞いたことがあります程度の反応で終わってしまうことが多い。

 ヨブの妻が長らく悪妻の象徴的存在のひとりにされてきたことについても、ほとんど知る人が少ない。今回話題としているラ・トゥールの作品についても、きれいな絵ですね、初めて知りましたなどのコメントは多数いただくが、実際にこの作品の主題がいかなる内容であるかを答えられる人も少ない。世の中が変わったといえば、それまでなのだが、少なからず残念な気がする。

ラ・トゥール効果
 ほぼ同時代の画家フェルメールのように、ただ目の前にある世俗的情景を美しく描いた作品と異なって、ラ・トゥールの多くの作品には画家の深い思索の結果が凝縮されている。風俗画など世間で話題のテーマをそのまま描いたものはない。世の中でよく知られたテーマであっても、この画家は安易に時代の風潮に乗ることをせず、常に他の画家と一線を画すいわば革新を企図していた。一枚の絵からは、その制作に精魂込めた画家の精神、さらには背景にある画家が生きた社会の姿が浮かび上がってくる。不思議なことに、ひとつひとつは小さなことだが、こうしたことが積み重なって行くと、広く時代を見る力、先を見通す力など、多難な時代を生き抜く上での手がかりのようなものが得られる気がする。


 一般社会人のセミナーなどで、何度か少し立ち入った話をすると、終わりの頃には、かなり核心に迫った質問や感想が出てくる。こうした人たちは目に輝きが増し、自分で考えさらに調べてみようという意気込みが感じられる。これはとても嬉しいことだ。

 西洋美術史家でもない私が、あえてこうしたトピックスをとりあげていることについては、いくつかの理由がある。およそ半世紀前にフランスの小さな町の美術館で、この作品に接した時の衝撃は、今も残っている。同行してくれたドイツ人夫妻との議論も長く続いた。掲示されていた画題から、画家がなにを描いたものであることは分かったが、長年にわたる伝承と作品の間隔に、なんとなくしっくりしないものを感じてきた。さらに美術史家の説明にも納得できるなかった。これは前回に記した作家のパスカル・キニャールも感じたことに近い。しかし、パスカル・キニャールは残念にもそれ以上、探求することをせず、旧来の伝承を受け入れてしまった。

 このラ・トゥールの『ヨブとその妻』は、神への信仰の真実さを確かめる最後の試練として加えられた皮膚病に苦しむヨブよりも、妻の側に重点が置かれている。この作品での妻の存在感は、ひと目見ただけで圧倒的だ。しかも、そこからはヨブに対する蔑みや愚弄する言葉は聞こえてこない。雑念を離れて見れば、そこには神へひたすら傾倒し、その信仰の真実性を試すために加えられた厳しい病に悩む夫と、それを心配し、慰めに来た妻というきわめて自然な関係が見えてこないだろうか。

ヤーバッハ家の祭壇:デューラーの試み
 それまでの通念は、ヨブの妻は夫を侮り、軽蔑する、高齢で容姿も決して美しくない女として、描かれてきた。しかし、ラ・トゥールの情景には、そうした妻のイメージはない。むしろ、自分の肉体への試練という厳しい事態に、強い信仰心をもって耐え抜いている夫の本当の心を確認したいと思い、見舞いにきた妻の姿とみるべきだろう。その姿、形は際だって美しく見える。

 実は伝統的なヨブとその妻に関する通念、とりわけ神に対して疑うことのないヨブとそれについて懐疑的な世俗的な妻との関係は時代と共に、すこしづつ変化してきたと筆者は考えてきた。ラ・トゥールとの関係でそれを想起させたのは、以前にも記したアルブレヒト・デューラーの作品との関連であった。ラトゥールよりもほぼ1世紀前の画家である。ラトゥールの作品と比較してなにが分かるだろうか。

Albrecht Dȕrer(1471-1528), Job and His Wife, c.1504, oil on panel,
Städel, Frankfurt, and Wallraf-Richartz Museum, Cologne 

アルブレヒト・デューラー、『ヨブとその妻』 3枚パネルの一部

 

 この作品はヤーバッハ・祭壇画として知られる祭壇画の一部であり、恐らくサクソニー選帝侯フレデリックIII世によって画家に依頼され、ウイッテンベルグの城内の教会に、掲げられたものと推定されている。1503年における悪疫の終息を感謝しての作品と思われている。元来3部で構成されていたようだが、祭壇側面部の作品だけが今日残されている。

 今日では上掲の右側と左側の作品は、別々の美術館が所蔵している。ここではヨブの妻の衣装の続き具合などを考慮して、イメージ上で仮に接合してある。この作品を含む全体の構成については、多くの議論があり、定まっていない。18世紀末には、これらの作品はケルンのヤーバッハ家の礼拝堂を飾っていたといわれるが、その後、散逸し、今日に至っている。

 上のパネルの右側には2人の楽人が立っている。ドラムを持った右側の人物は、デューラーの自画像ではないかと推測されている。彼らの役割、意味については、定説はまだない。

 上のパネルの左側が、ヨブとその妻の関係を示す作品と思われる。言い伝えのように、ヨブは堆肥の上に皮膚病に侵された半裸体のまま、消耗しきってなにかを考えるかのように座っている。彼の心中は、家族、財産のすべてを失っても切れることなく維持してきた神への絶大な信仰と、ここまで来てしまった自らの行いについての懐疑と悔悛の心が入り乱れているのだろう。遠くには火炎を上げて燃えるヨブの豪華な家も見える。火炎の中には小さな悪魔のようなものも描かれている。この点は『ヨブ記』についての時代の受け取り方を反映している。しかし、16世紀の人でありながら、天才デューラーは、ヨブとその妻についての長年にわたる伝承の路線上にありながら、従来の固定した観念とは、かなり異なった新しい試みを行っている。

 たとえば、ヨブの妻は美しいルネサンス風の衣装をまとい、ヨブの背中に水をかけている。この時代に多い、ヨブの妻は歳をとり、容貌も醜く夫の行動を嘲るような、見るからに悪い妻というイメージは少なくも画面の上からは感じられない。手桶で炎天下に熱くなってしまった夫の脊中に水をかけてやっているが、頭からかけているわけでもなく、ごく普通の仕種である。妻であったなら、夫の苦難を和らげてやりたいという普通の行動ではないか。しかし、疲れ切ったのか,ヨブは妻の方を見ることなく、考え込んでいる。ここで注目すべきは、妻が腰の帯に吊しているひと束の鍵である。これがなにを意味するか。ラ・トゥールにつながる謎を解く鍵となるかもしれない。



続く

  



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨブの妻は悪妻か:ラ・トゥールの革新(2)

2015年07月05日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋



ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『妻に嘲笑されるヨブ(あるいはヨブとその妻』 
ヴォージュ県立博物館、エピナル、部分(クリック拡大)

  


迫られる作品との対話

 ラトゥールの「ヨブとその妻」を見ると、同時代の画家たちの作品と比較してきわめて異なる強い印象を受ける。この画家については、とりわけ描かれている人物との対話が求められるようだ。画題は記されていないことがほとんどだから、解釈は見る人の力が試されることになる。

 この画題が旧約聖書『ヨブ記』(前回記事参照)の話の一齣を描いたものとしても、未解明で注目すべき点は多々残されている。ラ・トゥールの生きた17世紀を含めて、この『ヨブ記』の主題を描いた作品は、その多くに悪魔のごとき奇怪なものが描かれていたり、ヨブの座っている所が汚い堆肥の上であったり、ヨブの全身に皮膚病の発症した状態が見る者をおじけさせるように描かれている。しかし、ラ・トゥールのヨブは、恐らく暑さを避けての洞窟内を想定したのであろう、半裸ではあるが、皮膚病の発症などはほとんど確認できない。そして、あのサタン(悪魔)のごときおぞましいものも、堆肥のごときものも描かれていない。この画家は自ら深く考えて必要であると考えるもの以外は描くことがない。画題の本質の理解に不必要なものは極力描かない。しかし、ひとたび必要と考えた対象には細部にわたり全力を傾注している。

 前回の続きで注目すべき点は、ヨブの妻の姿態、衣装である。 この作品においては、同じ主題を描いた画家が、ヨブに注目しているのに対して、ラ・トゥールはヨブの妻により大きな比重を与えている。ヨブの妻は16-17世紀まで、ほとんど例外なく、年老いた容貌で、夫のヨブを嘲り、言葉で鞭打つような姿で描かれてきた。しかし、ラ・トゥールのこの作品を見た者は、長い間刻み込まれてきたヨブの妻のイメージとの大きな違いに驚かされ、戸惑ったに違いない。そのこともあって、過去には美術史家によって誤った画題が想定されてきたこともしばしばだった。

 以前にも記したが、筆者の私は、これはひとり苦しみに耐えるヨブの所へ、妻が見舞いに来た光景ではないかと思った。しかし、長い歴史の間に刻み込まれた社会的通念は多くの人の思考を強く制約している。

 ここに描かれた女性は、背が高く、帯が高く締められており、画面上部との関係で、多少窮屈な印象を与える。しかし、これは画家の想定したことなのだ。ヨブの妻の頭上に洞窟の天井が迫っていることもあって、身体を折り曲げて、座っているヨブの顔を覗き込んでいる光景としてみれば、絶妙な位置関係である。こうした構図はラトゥールの「農夫」、「農婦」などの作品にも感じられる。重心が意図的と思われるほど下方に置かれ、強い意志を秘めた人物であることが見て取れる。


ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
『農婦』
サンフランシスコ美術館
画面クリックで拡大 


 ヨブの妻の衣装は、洞窟の中、蝋燭の光に美しく映えている。なんとなく聖職や祭事に関連する衣装であるかのような印象を与える。画家ベランジュやカロの作品にも見られるように、この時代のロレーヌの画家は、衣装を精細、華麗に描くことが多い。『農婦』が誇らしげに着ているエプロンや胴衣も、実に美しく、彼女の自慢するものなのだろう。この『農婦』の場合も、人物の重心が意図的に下方に置かれたかのように描かれ、安定感としたたかさを感じさせる。

 ラ・トゥールの「ヨブの妻」の来ている衣装については、筆者は作品の初見時から聖職など、特別の役割が込められていると考えてきたが、これも本作品の謎のひとつであり、次回以降に触れることにする。

 
通い合う夫と妻の視線
 画面をさらに見ると、ヨブの妻は左手の蝋燭の光の助けで、右手をヨブの髪の少なくなった額に触れんばかりに近づけ、 顔を上げたヨブの目の色を読むかのようにじっと覗き込んでいる。ふたりの目は心中考えることは互いに異なるかもしれないが、あきらかに視線は取り結んでいる。

 ラ・トゥールの『大工聖ヨゼフ』や『聖ヨセフの夢(聖ヨセフの前に現れたる天使)』などの作品を思い起こしてほしい。いずれの作品においても、対峙する2人の視線は、交差していない。あたかも霊界の人と世俗の世界の人間を見えない壁が区切っているかのごとくに描かれている。この点、管理人の知るかぎり、これまで内外の美術史家の誰も記していない。だが、ラ・トゥールは作品の数は少ないが、主題に深く沈潜、熟考して制作した画家であった。いうまでもなく、ヨブも妻も世俗の世界の人である。

 ヨブの妻の目には、この主題を描いた17世紀までの他の画家の作品に多い、夫ヨブへのあからさまなあざけりや見下げた感じはない。ヨブの妻は、神がサタン(悪魔)の手を介し、この世の財産をすべて奪われ、 3人の息子と7人の息女まで失うことになったヨブが、ついに自らの身体に加えられた究極の試練としての病いに耐え苦難の時を過ごしていることを知り、見舞いに現れたのだ。

  これほどの苦難にありながら、夫のヨブは依然として神への畏敬の念を失わずにいるのだろうか。あたかもヨブの心底を読もうとするかのごとく深く食い入るように覗き込んでいる。そこに嘲けりやからかうような表情を感じることはできない。他方、ヨブの目は度重なる苦難に疲れ切ってはいるが、深く悟りきった純粋なものである。

 ヨブの妻はこれまで、夫とともに想像を絶する試練を共有してきた。しかし、今や自らの身体を危うくする苦難にも神を疑うことのないヨブの忍耐に、ついに彼女の評価を定めてしまったあの有名な一言を口にしてしまうことになる(前回参照)。ラ・トゥールが描いた光景は、まさにこの言葉が出てくる少し前の場面と考えられる。しかし、ラ・トゥールは他の画家のように、ヨブの妻を夫を嘲り、罵る悪い妻として描いていない。その謎を解くには、描かれたヨブの妻の側のイメージにさらに立ち入る必要があると思われる。

続く 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨブの妻は悪妻か:ラ・トゥールの革新(1)

2015年06月26日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

 

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
『妻に嘲弄されるヨブ(ヨブとその妻)』
油彩・カンヴァス、 145x97cmj
エピナル、ヴォージュ美術館 



 梅雨模様のこの頃、あまり意欲が高まる時期ではないが、それなりに考えてみたいことはある。「カードゲーム:いかさま師物語」も中断しているのだが、新たに興味深いことが思い浮かぶので、忘れないうちにメモしておきたい。今回のトピックスはまたラ・トゥールである。

 この画家の作品は不思議なもので、今になってもさまざまな疑問が浮かび上がって来る。そのいくつかは再び作品を見たり、文献を読んだりすることを通して、なんとか納得できる答に行き着くのだが、まったく手がかりのない文字通り謎に近いようなものもある。こうした探索・思考の過程は想像以上に楽しいことが多い。

作品との出会い
   そのひとつを取り上げてみたい。初めてこの画家に魅せられたのは、いまやはるか昔となる1972 年、パリ、オランジェリーで開催されたラトゥールの企画展
(Georges de La Tour, Orangerie des Tuileries, 1972)を見た時であった。この画家の生涯と作品世界が初めて描き出された展示であった。しかし、当時の作品の中には、カタログを読んでもなにを描いたものなのか、主題を十分理解し得たか、こころもとないものがいくつかあった。

  その中に『妻に嘲弄されるヨブ(ヨブとその妻)』 Job Mocked by his Wife, Musée Departmental des Voges, Épinal と題された一枚があった。その概略については、すでにこのブログでも記したことがある。美術史上でもこの作品の主題の確定については、かなり右往左往したようだ。作品の主題がなにであるか、すぐには分かりにくいのだ。多数の美術家や鑑定家が、現在の「旧約聖書ヨブ記」にある「ヨブとその妻」の一場面を描いたものではないかとほぼ確定するまでには長い年月を要した。 

 この作品を所蔵するフランス、エピナルの美術館を訪ねた時にも、謎は十分解けていたわけではない。それでも作品に接してその絶妙な美しさに心を奪われた。バロックの華麗な作品が多い時代にあって、シンプルな構図でありながら見る人に深い感動を与える作品である。これまでにも多くの人々の思索の源泉となってきた。この作品の主題が明らかにされた後は、数多い評論や推論が生まれた。

主題の発見 
 作品主題の確定については、作品の下部に画家の署名が見出された後、大きな進展を見せたようだ。画面右手に座っている男の足元にある小さな物体が、欠けた土器らしいということが判明したことが鍵となった。サタン(悪魔)によって、平穏な生活を破壊される。家畜(財産)を奪われ、さらに愛する子供たちを失い、ついには自らもひどい皮膚病(腫れ物)に侵されたヨブは、それでも神をひたすら畏れ敬い、絶大な信仰の心を維持してきた。堆肥桶(塵芥)の上に座り、土器の破片で、皮膚の苦痛をまぎらわしていた。その話が美術史家に、「ヨブとその妻」の話を想起、類推させたとみられる。

  しかし、その説明を読んだ後でも管理人は十分納得が行かないでいた。それまで仕事の傍ら調べていた、この物語の内容、そしてとりわけ、それぞれの時代の画家がいかにヨブ記を理解し、作品に表現しようとしたかを考えてきた。その一端を書いて見よう。

社会の通念と革新
  ラトゥールという画家は、それまでの画家たちが繰り返し描いた主題であっても、深く考え抜き、自らの思索の末を描いた。時代の風潮、通説に流されていない。その結果、時には時代の通念とかなり異なる表現、体裁をとった。現代フランスを代表する大作家のひとりで、ラトゥールに造詣の深いパスカル・キニャールも、ラトゥールのエピナルの作品を見て、最初は考え込んだようだ。これがヨブとヨブの妻の話を描いたものだろうか、疑問を感じながらも、最終的には「ヨブ記」を主題にしたという美術専門家の見解を受け入れているようだ(Pascal Quinard, Georges de La Tour, 2005, 57-58)

  他方、管理人はその後、展覧会やエピナルでこの作品に接する毎に、細部を確認したり、モノグラフを読んだりするうちに、画家ラトゥールはこれまでの「ヨブ記」の解釈に大きな革新をもたらしたのではないかと思うようになった。ヨブとその妻の話を描いた部分は、神に対する絶対の信仰を信じて疑わないヨブの強い忍耐心とそれを嘲弄する妻の関係が主題となっている。しかし、その作品化に際しては画家が置かれた社会の通念や道徳規範などが背景にあり、画家がそれらをいかに理解し、作品に具象化するかというプロセスがある。

 それまでこの主題を描いた作品は、ヨブの皮膚病に侵された無残な身体、ヨブの妻の厳しく嘲けるような、年老いた女の容貌が、ひとつの特徴をなしてきた。たとえば、ラトゥールと同時代の画家ジャック・ステラの作品は、この時代に社会に浸透していた伝統的なヨブとその妻の認識とほとんど重なっている。

 

ジャック・ステラ「皮膚病に苦しむヨブ」油彩、カンヴァス、パリ、国立文書館
http://www.wikigalllery.org/ 


 


 ジャック・ステラの他の作品は、バロックの華麗なものが多いだけに、これはあまり見たくない作品である。旧来の社会に定着している社会的通念に忠実に、苦難にひたすら耐え忍ぶヨブとヨブを嘲弄する妻の関係がそのまま描かれている。作品の印象は凡庸で、新味がない。もっとも、この時代までの多くの画家は、ヨブとその妻に対して、ステラ同様にかなり固定した理解をしてきた。それは、「ヨブ記」に記されたこの逸話を、そのままに受け入れてきた社会における理解の反映でもある。長い間、「ヨブとヨブの妻」の話は、ヨブの揺るぎのない神への敬い、信仰心とそうした夫の強い信念についていけない凡庸な妻が、夫を嘲り、からかうという行動として理解し、描いている。ステラの理解にとどまらず、この時代、社会的にはヨブの妻は、問題ばかり起こす女、悪妻の代表のごとく考えられてきた。

 さらに、そこにはヨブあるいは妻(一般に名前は知られていない)についてのきわめてステレオタイプ化した理解がある。ヨブにはひたすら神の与える試練への「忍耐」の象徴であるかのごときイメージを与え、妻には彼女が発した短い一言で、「悪女」という固定化したイメージを創りあげてきた。言い換えると、妻として苦難の極みにある夫を支えることを放棄している妻として、不適な女というステレオ・タイプの形成がみられる。

思索する画家
 実は「ヨブ記」には一般の読者にはよく分からない点が多々ある。たとえば、神とサタン(悪魔)が同じ場(次元)にいて、神はサタンが提示し、実行する暴虐、非道ぶりを制止することがない。しかし、こうした点は、ここではとりあげないでおく。問題にするのは、16,17世紀における「ヨブ記」あるいは聖書の他の部分についての社会の受け入れ方の変化の推移である。たとえば、いつの間にか、この主題の作品にしばしば登場していたおぞましい悪魔のような姿、あるいはヨブが置かれた塵芥の捨て場のような光景は、画家が描かなくなっている。悪女には年老いた女をもってするという通念のようなものも薄れてきていた。

  これと比較すると、ラトゥールの作品は、全体のイメージがまったく異なる。大きな特徴は、ヨブと妻の間に対話の雰囲気が感じられることである。ひたすら罵詈雑言をもって夫であるヨブをさらに苦しめるがごとき妻のイメージは感じられない。そして、同時代の画家たちでもしばしば描いていたおぞましい悪魔のような姿も、ヨブが座る塵芥の捨て場のようなものも見いだせない。ヨブの妻は左手をヨブの頭部に近づけて、右手の蝋燭の光で、夫ヨブの様子を確かめているかにみえる。ヨブの妻の一見窮屈そうにみえるイメージも、洞窟の中の光景と考えれば、理解できる。なによりも注目するのは、通常の夫と妻の間の関係が、そこに復活しつつあるかにみえることにある。。

  ラトゥールの作品はイメージとしても実に美しい。ヨブの妻も同時代の他の画家の作品とはまったく異なった姿、形で描かれている。なにかの聖職者のようにもみえる。おぞましいサタンや不潔な環境はどこにも見当たらない。ラトゥールの生きた17世紀といっても、地域差や画家の作品嗜好の違いもあり、同時代の画家といっても、かなり相違が見られる。画家の生まれ育ったロレーヌはその点、きわめて厳しい環境にあった。なにが、ラ・トゥールをしてこうした作品を制作させたのだろうか。

続く 

 

 

 

参考
『ヨブ記』 (2−7〜10)
 敵対者はヤハウエの前から出ていって、ヨブの足の裏から頭の天辺まで悪い腫物で彼を打った。そこでヨブは陶器のかけらをとって体をかきむしり、灰の上に座っていた。彼の妻が彼に言う、「あなたはまだ自分を全きものにしているのですか。神を呪って死んだらよいのに。」ヨブは彼女に言った。「おまえの言うことは愚かな女の誰かれが言いそうなことだ。われわれは神から幸いをも受けるのだから、災いをも受けるべきではないか」。これらすべてのことを通じてヨブはその唇をもって罪を犯さなかった。

『旧約聖書ヨブ記』 (関根正雄訳)岩波書店、(1971)2015

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスに集う聖ヒエロニムス

2013年12月25日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

Georges de La Tour (1593-1652)
Saint Jerome Reading
Oin on canvas, 79x65cm
Madrid, Museo del Prado
イメージ拡大はクリック 

 

 

  老人が拡大鏡で手紙らしき書類を読んでいる。身につけている朱色の衣が美しい。この画像、以前にも掲載したことがある。慧眼の方は、ひと目見ただけで、ラ・トゥールの作品ではと気づかれた方もおられよう。この画家の数少ない作品の中では、最も最近時点で「発見」され、専門家の鑑定を経て、画家の真作と認知された。それまで長い間、マドリッドのセルバンテス研究所の壁に、ながらく誰の作品とも確認されることなく掲げられていた。

 この作品が年末、初めて画家の生地ヴィック・シュル・セイユのジョルジュ・ド・ラ・トゥール美術館に置いて展示された(9月1日ー12月20日)。今年、フランスでも多数の展覧会が開催されたが、その中でも特筆に値する展示のひとつとされた。

 17世紀の宗教画に詳しい方は、この画像が聖ジェローム(聖ヒエロニムス Saint Jerome Latin: Eusebius Sophronius Hieronymus; c. 347 – 30 September 420)を描いた一枚であることに気づかれるだろう。2005年に偶然、マドリッドで発見された時、美術界のメディアが世界にそのニュースを伝え、何人かのブログ読者の方もご親切に知らせてくださった。その当時は、ほとんどラ・トゥールの作品ではないかと専門家は直感したが、これまで模作、偽作のうわさが絶えなかった画家だけに、直ちに真作との評価はなされなかった。
 
  その後、プラド美術館へ作品が移され、詳細にわたる鑑定が進み、ラ・トゥールの作品目録に新たな一枚が加えられた。ラ・トゥールはその生涯でかなりの数の「聖ヒエロニムス」を描いたと思われるが、今日の段階で真作と確認されているのは、この度の真作を加えても4枚である。その4枚すべてが、画家の生地を記念して立てられた美術館に集められた。プラド美術館の作品は、今回の展覧会で初めてマドリッドを離れ、公式に画家の生地にお里帰り?したという点でも大きな意味がある。

 この展覧会では、その他にも、画家の失われた真作の模作と思われる作品などもあり、その多くが集められた。上記4枚の真作とは、このプラド蔵の作品に加え、このブログでも再三記してきたブルノーブルおよびストックホルムの美術館が所蔵する悔悛する聖人が自らの身体を鞭打つ場面を描いた2枚(一枚は宰相リシュリューに贈られた)およびイギリス王室のコレクション(ハンプトンコート蔵)に含まれるこのたび発見された真作と同じ主題の「手紙を読む聖ヒエロニムス」である。

 ハンプトンコートの作品と比較して気づくことは、画面の背景に一段の工夫が見られることである。ハンプトンコートの作品は、画面中央部で左右に濃淡が分かれているが、このプラドの作品は斜めに濃淡のある背景となり、特定の場所を思わせる深みのある空間を構成している。さらに、ヒエロニムスの読む手紙もさらに精緻になり、紙面を通して写る文字が読めそうな思いがする。髪の毛や髭の描写も、この画家の特徴として絶妙なものがある。

 聖ヒエロニムスは、聖職者、神学・聖書学者など学者、智の人という側面と自らを絶えず厳しく律する悔悛の人というふたつの側面を持っている。ラ・トゥールもこの聖人の二つの側面をそれぞれに描き分けている。このたびの展覧会には、その二つの側面が描かれた作品が勢揃いした。

 このイギリス王室所蔵ハンプトンコートの作品も、ラ・トゥール研究史上エポックを画した1972年の展示以来、作品の状態が公開には適さないということで長い時間の空白の後に公開展示の場に出たものである。この作品をめぐっては、クリストファー・ライトなどの美術史家の間で、ラ・トゥールの真作か否かをめぐっての論争もあった。グルノーブル、ストックホルムの2枚は、過去50年近い年月の間に何度か、並んで展示されたことがあった。

 ヴィックのような小さな町の美術館で、これだけの素晴らしい展覧会が開催されたのは、設立以来美術館に多大な支援を行ってきたルーヴルのおかげであり、とりわけ今回の展示のコミッショナーを務めた有名な美術史家ディミトリ・サルモン Dimitri Salmonの功績によるものである

 画題が聖人という地味なものだが、ラ・トゥールが得意とした赤色系(ヴァーミリオン)が広く使われ、クリスマス・シーズンに鑑賞するにもふさわしい作品といえる。

  



 展示された作品の多くは、プラドの一枚を除くと大変よく知られたものだが、カタログはDimitri Salmonの他にもHoch Philippe, Laurent Thurnherr, dominique Jacquot, Gabriel Diss, Chiristopher Wright, Elizabeth Ravaud, Iwona Chardel and Marie Goormaghtigh などの研究者がエッセイを寄せており、研究者、愛好者にとっては貴重で大変喜ばしいものになっている。

Sous la direction de Dimitri Salmon, Saint Jérôme & Georges de La Tour , IAC éditions d'art, 2013, 288 p., Editor Dimitri Salmon, Saint Jerome & Georges de La Tour, IAC Art, 2013 288 p., ISBN : 978-2-916373-66-9.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神は細部に宿り給う

2012年06月01日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋


 同じ17世紀とはいえ、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの生きたロレーヌと、レンブラント、フェルメールの住んだオランダの市民的日常社会とは大きく異なっていた。ロレーヌの深い漆黒の闇、その奥には魑魅魍魎が住むともいわれた。多くの不安を抱えながらも、日々を過ごしていた人々のさまざまな顔かたち、ひとつひとつのしぐさはなにを語っているのか。この画家が分かるためには、最低限、細部の注視が欠かせない。





George La Tour closely







*この画面、それぞれのタイトルがすぐに思い浮かぶ方は、相当のラ・トゥール熱に感染されています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二人のヨハネを結ぶもの

2012年05月01日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

 

 Hendrick Terbrugghen
(Deventer 1588-Utrecht 1656)
San Giovanni Evangelista
Olio su tela,, cm 105 x 137
Torino, Galleria Sabauda
Inv. 100, cat. 462

ヘンドリック・テルブルッヘン
『聖ヨハネ福音書記者』

 





  ジョルジュ・ド・ラ・トゥールという画家と作品に魅せられてから、この画家に関する通説・俗説?にかなり違和感を覚えたこともあった。そのひとつは、画家のイタリア修業に関わる仮説だ。かなりの美術史家がラ・トゥールのイタリア修業を、当然のように考えていた。そのため、画家の背景にうとい普通の人々は疑問を抱くことなく、そのまま受け入れてしまう。この仮説は、とりわけ、カラヴァッジョの影響をめぐって生まれた。だが、ラ・トゥールのイタリアでの修業や遍歴の旅を示す文書記録のようなものは、発見されていない。画家自身もイタリアへの旅を示唆するような事実をなにも残していない。

 カラヴァジェスティの範囲をどこまでにするかも、慎重に考えるべきだろう。この時代の画家の誰もがカラヴァッジョの影響を受けたわけでもない。また、その伝播 diffusionの道もさまざまであったと思われる。

 他方、カラヴァジェスティの研究が進むにつれて、北方ネーデルラント、とりわけユトレヒト・カラヴァジェスティとの関連で、新たな可能性が開かれてきた。その概略は、このブログにもメモ代わりに記してきた。ラ・トゥールは、恐らくロレーヌからはさほど遠くないユトレヒトへは、旅をしたに違いないという思いは、管理人の推理としても次第に強まってきた。ラ・トゥールを仮にカラヴァジェスティ(この点も早急な決めつけが多い)とするならば、イタリアの光の下ではなく、北方ネーデルラントの光の下であったに違いないと思う。

 最近、2003年に北イタリアのトリノで開催されたジョルジュ・ド・ラ・トゥールとカラヴァッジズモの企画展カタログを眺めていて、その感は一段と強まってきた。この企画展に展示されたラ・トゥールの作品は、ニューヨークのメトロポリタン美術館が所蔵する『女占い師』 La buona ventura  のわずかに1点であった。ちなみにイタリア語 (La buona ventura は「幸運(を告げる人)」を意味する)。他方、展示された作品は、ほとんど主催者のトリノのサバウダ美術館所蔵のカラヴァジェスティとみなされる画家の作品であった。

 その中で改めて惹きつけられた1点があった。ヘンドリック・テルブルッヘンの手になると考えられる、上に掲げた『聖ヨハネ 福音書記者』 San Giovanni Evangelista を描いた作品である。テルブルッヘンの作品の中では、殆ど紹介されていない。研究者の間でテルブルッヘンへ帰属することに異論を唱える研究者もいるようだ。イタリアの画家などが挙げられている。しかし、管理人にとっては、仮にテルブルッヘンに帰属しないとしても、ユトレヒトなどの北方画家の作品であるとの印象が強い。

 この聖ヨハネは、キリストの12使徒のひとりで、第4の福音書の著作者とされる。さらに、伝承によれば「ヨハネの黙示録」の作者でもあるらしい。人物像として構成するのが困難なほど、不明な点が多い人物でもある。

 伝承によれば、ヨハネはドミティアヌス帝により、小アジアのエーゲ海の小島バトモスへ流され、そこで黙示録を書いたと信じられてきた。テルブルッヘンによるこの作品は、その場面をイメージし、主題としたものだろう。本はこのヨハネのアトリビュートのひとつとされてきた。

  ちなみに、ラ・トゥールが描いた『荒野の洗礼者聖ヨハネ』 Giovanni Battistaとは別の使徒である。こちらはバプテスマのヨハネともいわれ、キリストの先駆者または「使者」とされる。旧約と新約をつなぐ役割を果たす人物である。
 
 テルブルッヘンの描いた使徒聖ヨハネは、かつて洗礼者聖ヨハネの信仰上の追随者であった。そして、キリストの洗礼 バプテスマ(“Behold the Lamb of God”)に立ち会った。さらに、ユダヤの大祭司カイアファ(カヤパ)によるイエスの審問に立ち会った唯一の使徒でもあった。

 ヘンドリック・テルブルッヘンとジョルジュ・ド・ラ・トゥールは、ユトレヒトとロレーヌという活動の場は違いながらも、ほとんど同時代人であった。洗礼者聖ヨハネとキリストは、生年がヨハネの方が半年ほど早かったといわれている。異なったヨハネを描いたこの二枚の作品、対象も画家も異なるとはいえ、明らかに時代の流れの中でしっかりとつながっている。

 

 
 La buona ventura
Di Georges de La Tour
e aspetti del caravaggismo
nordico in Piemonte
Electa: 2003

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よみがえるラ・トゥール

2012年04月19日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

輝きを増す作品

  ジョルジュ・ド・ラ・トゥールは、今日に残る作品がきわめて少ない。17世紀、この画家が生まれ育ち、主たる制作活動の地としてきたロレーヌが、戦乱、悪疫、飢饉などによって、荒廃のきわみを経験したことによる。当時は人気画家だっただけに、実際の制作数はかなり多かったのではないかと推定されている。 

 幸いにも今日まで残った40点余の作品は風雪に耐え、「再発見」されて、今日燦然と光彩を放っている。ひとつの問題は必ずしもこの画家に限ったことではないが、作品をめぐる真贋論争が絶えないことだ。その背景にはいくつかの理由がある。この画家はしばしば同じ主題をさまざまな構図で試みたこと、いくつかの人気テーマについては多くのコピー(模作)がラ・トゥールの工房を含め、複数の画家により制作されたこと、工房で息子エティエンヌが制作過程の一部あるいはすべてに関わった作品が存在する可能性が残るなど、発見された作品と画家の帰属(同定)が難しい。

 作品に年記、署名が必ずしも加えられなかった時代である。今回のミラノ展カタログでは、画家の署名・書体の探索にかなり力が入ったエッセイが含まれ、興味深い。別に真作でも、コピーでも素晴らしい作品は率直に素晴らしいと思うのだが、美術史家・鑑定家、画商などの世界では、コピーになると、作品の美的評価まで大きく下落するようだ。

 幸い画家が活動していた時代などの記録があっても、所在が不明であった作品が、今でも世界のどこかで発見されることがある。このたびのミラノ展でのカタログを読んでいると、これまで帰属不明あるいは数年前に発見された作品が真作と認定されていることに気づいた。認定といっても、専門研究者がさまざまな観点や時に思惑も含め真作と鑑定するため、すべての研究者、専門家が同意しているとはかぎらない。

 その中でほぼ確実と思われる作品を紹介しておこう。いずれも、ラ・トゥール研究の第一人者であるDimitri Salmonの論文に記されている。

 第一は、マドリッドのセルバンテス研究所で、長い間誰の作品か特定されることなく放置されてきた作品である。この作品については、2006年発見当時の事情をブログに記している。当時のブログの読者の方も知らせてくださった。この『手紙を読む聖ヒエロニムス』は、セルバンテス研究所の所内に誰の作品ということも確認されることなく、掲げられていたらしい。この研究所の内部を知る知人の話では、制作者未確定の作品はまだあるらしい。ラ・トゥールの作品と同定された後、今はプラド美術館が所蔵することになった。ラ・トゥールが好んで描いた主題であり、ルーヴル所蔵の同定されていない作品を含め、類似の作品がいくつか存在する。このたび真作とされているプラド所蔵の作品は、保存状態も良好のようで、聖ヒエロニムスの赤色の上着が美しい。プラドまで飛ぶのは一寸厳しいが、いずれどこか近くの企画展などで、対面できればうれしいことだ。

 

Georges de La Tour, San Gerolamo, olio su tela, 79 x 65 cm.
Madrid, Museo National del Prado
(T-5006), deposio del Ministerio de Trabajo y Asuntos Sociales


主題が類似の作品


Da Georges de La Tour, San Gerolamo, olio su tela,122 x 93cm.
Parigi, Musee du Louvre




Bottega di Georges de La Tour?,  
San Gerolamo che legge,, olio su tela,
95 x 72cm, Girmato in basso a sinistra.
Nancy, Musee Lorrain



 第二は、「アルビ・シリーズ」として知られてきたキリストと12人の使徒を描いた作品の中で、「聖大ヤコブ」を描いた作品(現在ニューヨークの個人所蔵)が、漸く真作と認定されたようだ。これも、作品の状態は良好のようだ。



Georges de La Tour, San Giacomo Maggiore, olio su tela,
65 x 52 cm, New York, collezione private

 

  この作品が真作と認められると、「アルビ・シリーズ」の13枚の現在の状態は、世界レベルで見ると、真作5点、模作(イメージあり)6点、逸失(イメージ不明)2点ということになる。真作と模作の双方が存在するものもある。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『キリストと12使徒』シリーズの
状況。着色部分は真作、それ以外は模作。
この他、キリストを描いた作品(模作)、聖パウロ(模作)、いずれも
アルビ、市立トゥールーズ・ロートレック美術館所蔵以外は逸失。

聖アンデレ(真作)、聖ペテロ(模作)、聖トマス(真作)
聖ユダ(タダイ)、聖ピリポ(真作)、聖マティア(模作)
聖シモン(模作)、聖大ヤコブ(真作)、聖パウロ(模作)

Tavola della rovosta "L'Amour de l'art", n.9, 1946.
Georges de La Tour A Milano (2011-12).


 ちなみに、今回のミラノ展カタログでは、真贋論争が激しかったあのイギリスのレスター美術館が所蔵する『歌う少年』 The Choirboy も、真作とされている。大変美しい作品であるだけに、世俗の雑音を超えて楽しみたい。

 



 
Dimitri Salmon. L’”invenzione” di Georges de La Tour.
o le tappe principali della sua resurerezione

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おくるみに包まれたイエス

2012年04月10日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『羊飼いの礼拝』油彩、ルーヴル美術館(部分)
Georges de La Tour. L'Adoratione dei pastori, particolare, olio su tela.
107 x 137 cm. Parigi, Musée du Louvre.
画面クリックで拡大します。

 

 
 16-17世紀、 『羊飼いの礼拝』は大変人気のあるテーマで、多くの画家が主題に取り上げてきた。ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの『羊飼いの礼拝』(上掲は部分)
を最初見た時、他の画家の同じ主題の作品とはかなり異なるほのぼのとした雰囲気が画面から伝わってきた。画面全体に素朴な雰囲気が漂っている。当時のイタリア絵画に見られたように華やかでもなく、装飾的なものはほとんど描かれていない。他の画家の作品のように、幼子イエス自らが光を発しているわけでもない。

 右側のヨセフが右手に掲げ、左手で遮る蝋燭の光の中に、5人の男女が描かれている。画面の真ん中には白いおくるみに包まれた幼子が眠っている。左に描かれたマリアとみられる女性は、ただひとり手を合わせ、祈っている。彼女はこれまでに起きたことすべてを、全身で受け止めようとしているようだ。

 さらに右手には二人の羊飼いが光に照らし出された幼子をみつめている。ひとりは帽子に手をかけ、尊敬の念を示している。よく見れば、羊もイエスに敬意を示すかのように、藁を一本くわえて顔を出している。そして召使いの女性が、水の入ったボウルを差し出している。イエスの義父となったヨセフはなにを思っているのだろうか。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『羊飼いの礼拝』(部分)。  

どこにもいるマリア
 
マリアの容姿、衣服にしても、他の多くの画家の作品のように、いかにもイエス・キリストの母であるかのように、厳かにあるいは華やかな衣装を身につけているわけではない。当時のロレーヌならば、どこにもいたかもしれないような普通の女性に描かれている。これはイエスの義父であるヨセフについても同様だ。ひとりひとりを見れば、普通のロレーヌ人としか見えないだろう。

 その中で、この作品を見る人の視線は,光に照らし出された幼子イエスに集まる。真っ白なおくるみにしっかりと包まれた幼子は、これ以上にないほどに可愛く描かれている。画家は最大の努力をここに注ぎ込んだのだろう。筆者が注目するのは、このおくるみだ。あの『生誕』のイエスも、同じようにしっかりとおくるみで包まれていた。他の画家の場合、この生誕にかかわる主題では、イエスは誕生したままに衣服をつけることなく、描かれていることが多い(もちろん、例外はカラヴァッジョを含め、いくつかある)。しかも、イエス自ら光を放ちながら、躍動するかのように描かれていることが多い。しかし、ラ・トゥールのイエスは安らかに眠っており、画面は静止したかのような厳粛な雰囲気が漂っている。

 イエスがおくるみでぐるぐるに包まれていることについては、医学的にもこの方が安心して静かに眠れるからという当時の慣習のようだ。その真偽のほどは分からないが、少なくも17世紀当時のロレーヌの生活の一端を知ることができる

トレント公会議の影響 
 
ジョルジュ・ド・ラ・トゥールがおくるみにくるまれたイエスを描いたことについては、別の理由もあるように思われる、この画家は主題について深く考え、他の画家とは大きく異なった角度から斬新な解釈を行ってきた。

 ラ・トゥールはなぜ、イエスにおくるみを着せたのだろうか。これについて、筆者は画家が、トレント(トリエント)公会議(1545-1563)の示した方向を十分斟酌した結果であろうと思っている。プロテスタントの激しい攻撃に対して、ローマ・カトリック教会側はトレント公会議でプロテスタントの指摘する諸点を検討し、巻き返しを図った。いわば、カトリック布教の戦略会議であった。さらに、ラ・トゥールが活動したロレーヌは、カトリック改革におけるいわば前線拠点であった。画家はトレント会議の布告についても熟知し、深く考えていたのだろう。

 美術はカトリックにとっては布教上の重要な手段であった。公会議は美術のあり方についても布告を発し、「聖性」、宗教的意義の表現は、聖書記述あるいは聖人の生活の正確な表現であるべきことを指示した。過剰な表現や不必要に華美な装飾などを禁じた。神学者の中には、布告をさらに具体化して細部に言及、いかなる表現ならば受け入れられるかを示したものもある。その中には人体の裸体描写の禁止もあり、幼いイエスの場合も含まれることがあった。

 ラ・トゥールの作品は、徹底して不必要な描写を省き、必要と考える部分は詳細に描いた。『羊飼いの礼拝』においても、人物の背景には一切なにも描かれていない。しかし、安らかに眠るイエスは、世界で最も可愛く描かれた赤子といわれるほど、見事に描かれている。ちなみに、
『羊飼いの礼拝』は、ラ・トゥールの作品の中で最初にルーヴルに入った名品である。


 このおくるみに包まれたイエスのイメージは、15世紀初めから存在するようだ。
Luca Della Robbia. Bambino fasciato, 1420, terracotta policroma. Firenze, Ospedale Degli Innocenti.
Catalogue, p.114.

 



#羊飼いの礼拝
 
ルカの福音書2章8-16節
8 さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。
9 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。
10 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。
11 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
12 あなたがは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」
13 すると、たちまち、その御使いといっしょに、多くの天の軍勢が現われて、神を賛美して言った。
14 「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。」
15 御使いたちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼いたちは互いに話し合った。「さあ、ベツレヘムに行って、主が私たちに知らせてくださったこの出来事を見て来よう。」
16 そして急いで行って、マリヤとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみどりごとを捜し当てた。

 

 

 

 

<noscript></noscript>

 

1

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミラノへ行った「羊飼いの礼拝」

2012年04月06日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

 

 

  初めてジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「羊飼いの礼拝」が「大工聖ヨセフ」とともに,イタリアで展示された。2011年11月8日から2012年1月8日の間、Palazzo MarinのAlessi Roomを会場として企画展が開催された。ルーヴル美術館の協力に加え、ミラノの財力を反映して、入場料は無料であった。なんともうらやましい話だ。

 17世紀を代表する大画家のひとりジョルジュ・ド・ラ・トゥールが、その生涯においてイタリアへ行ったか否かという問題は,この画家に関する重要な美術史上のテーマである。しかし、今日にいたるまで決着はついていない。筆者は長らくこの画家に関心を寄せてきたが、少なくも修業の段階ではイタリアへ行っていないと思っている。

 しかし、作品は画家の生きた17世紀から今日まで、比較的自由に地球上を移動してきた。ミラノでこれまでラ・トゥールの作品を見る機会がなかったのは、大変珍しいことだといわれている。

 今回の企画展の目玉となった上記の2点「羊飼いの礼拝」(関連記事)、「大工聖ヨセフ」については、このブログでも紹介してきた。愛好者として楽しみなことは、こうした企画展などが開催されるごとに、それまでの新たな発見や研究成果を知ることができることだ。今回の展示会のカタログを見ても、 ピエール・ロザンベール、ガブリエル・ディス、ディミトリ・サルモン、アンネ・ランボール、クリストファー・ライトなどの研究者が、エッセイを寄せている。それらの中には新たな発見の片鱗なども含まれ、興味深い読み物になっている。ブログでも、折にふれてすこしずつ紹介することにしたい。

今回は、企画展の概略を示す動画とカタログの概略を記しておこう。

 Adorazione dei Pastori









GEORGES DE LA TOUR A MILANO

L’Adorazione dei pastori
San Giuseppe falegname

Esposizione straordinaria dal Museo del Louvre
a Palazzo Marino
Sala Alessi, 26 novembre 2011-8 gennaio 2012
Milano: SKIRA, 2012, pp.203.

Sommario
Alla Gloria di Georges de La Tour
Pierre Resenberg, dell’Académie francaise

Georges de La Tour e la Lorena del Seicento
Gabriel Diss

”L’invenzione” di Georges de La Tour o le tappe principali della sua resurrezion
Dimmitri Salmon

Firme e attribuzione: la questione della bottega
Anne Reinbold

Georges de La Tour,genio solitario, IL viaggio, l’Italia
Anna Ottani Cavina

Il San Giuseppe falegname e L’Adorazione dei pastori del Louvre: due capolavori di Georges de La Tour
Dimitri Salmon

Arte non impetus: Georges de La Tour, I suoi modelli e un autoritratto?
Mauro Di Vito

I due san Giuseppe di Georges de La Tour: teologia, devozione e collegamenti con l’Italia rinascimentale
Carolyn C. Wilson

Georges de La Tour a la sxienza del fagotto, Storia della fasciatura neonatale nella Francia del XVII secolo
Annarita Franza

Bari, vagabondi, santi e maddalene: la verita a lume di candela, fra poesia, romanzo picaresco
e vita quotidiana, nell’universo di Georges de La Tour
Vittorio Maria de Bonis

Georges de La Tour: unico pittore del lume di candela?
Christopher Wright

Due notturni di Georges de La Tour: la material in questione
Elisabeth Martin

Indagini scientifiche 2011
Elisabeth Martin

Una candela nel buio: luci e ombre nella pittura di Georges de La Tour
Claudio Falcucci, Simona Rinaldi

Adoremus
Valeria Merlini, Daniela Storti

Georges de La Tour, cenni di cronologia
Dimitri Salmon 

L’allestimento



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現代に生きるラ・トゥール

2011年02月27日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

 いつも楽しく拝見しているあるブログに、大変興味深い記事が掲載されていました。17世紀ロレーヌの画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの作品が、今日の日常生活に生きていることを示す光景です。

 この画家、日本での知名度はいまひとつですが、海外ではさまざまな芸術的発想が生まれる源になっています。その範囲は絵画にとどまらず、文学、音楽など多方面にわたっています。

 たとえば、次の図はある著名な作品をデフォルメした現代の作家の作品の一部です。さて、原画となっているのは、何でしょうか。答
はこのブログ内の記事に。




Georges de la Tour  LE TRICHEUR, par Pol Bury. ideas et calendes, La Bibliothéque des Arts.





Reference
絵画分野におけるラ・トゥールの影響を知るひとつの資料として
ディミトリ・サルモン「ラ・トゥールに基づいて」『カタログ;ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 光と闇の世界』東京、国立西洋美術館、2005年

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この地は訪れただろうか

2010年10月23日 | ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの部屋

 

 

Georges de La Tour. Magdalene with a document.c.1630-1635 (or 1645-1650)
 Signed, 78 x 101, private (Houston).
 この作品、ほとんど公開の企画展などに出展されたことがない。長らくフランスの個人、そして今は海を越えてアメリカの個人の所蔵になっているためである。アメリカでもなかなか見られない。2005年の東京展でご覧になった方はきわめて幸運であった。

  単に描かれた作品の表面を眺めているかぎり、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールという画家はどんな世界に生きていたのか、ほとんど知る由もない。この画家はしばしば「昼と夜の画家」、「光と闇の画家」などの形容句で知られるが、実際には昼を描いたと思われる作品でも、背景にはほとんどなにも描かれていないし、「夜」の作品でも侍女の掲げる松明や机の上の燭台、どこから射し込んでいるとも分からない光などがあって、かろうじて夜ではないかと思うにすぎない。

  さらに、わずかな手がかりなしには画家がいつの時代にどこで生き、なにを目指したかについてすら困難を感じるほどだ。その意味で時代も空間も明かにされていない。しかもこの画家は自ら進んでそうした設定をしている。時代と空間を超越しているのだ。作品イメージはきわめて古典的に思えるが、上掲の作品のように、現代の画家が描いても不思議でないような目を奪うような新しさを感じさせる作品もある。後世の美術史家たちから 「現実
(主義)」の画家と評価されながらも、画家は自分が最低限必要と思った部分しか描いていない。やや時代は下るが画家フェルメールが、室内の調度や人物を最大限、精緻に描き込んでいるのと対照的だ。

  わずかに残る断片的史料、それも画家本人のものではない者のいわば映画のワン・ショットに近いような史料の切れ端のような部分から、文書の欄外に記された誰かのメモなどから、この画家はしばしば世俗の世界では横暴、強欲な人物のように評価もされている。しかし、画家の深い精神的沈潜に充ちた作品とそうした評価の間に横たわる断絶はあまりに遠く離れ、結びつけて理解するには、作品を見る側が目を閉じて大きな断崖を跳ばねばならない。埋められるべきものは、あまりに多い。

  画家がその生涯で確実に訪れた場所も、残された史料で判断するかぎり、生まれ育ったヴィック=シュル=セイユという小さな町、その後工房を置いて活動したと思われるのリュネヴィル、主として戦火を避けたナンシー、そしてパリぐらいなのだ。しかし、修業時代、戦禍や悪疫を逃れて彷徨した地は恐らくそれだけに限られていなかったはずだ。優れた騎馬の使い手であった画家は、修業時代を含め、実際にはロレーヌを拠点にかなりの範囲を旅して見聞を広めていると思われる。しばしば戦火や疫病に追われ、家族ともども逃げ惑ったこともあった。いつ襲ってくるともしれない外国の軍隊や悪疫の恐怖に落ち着かない時を過ごしながらも、当時のヨーロッパの画壇の流れを知る上でも、この希有な画家はかなり多数の他の画家の作品に接し、学び、自らの思索を深めたはずだ。

 

アルザス・ロレーヌ、ヴォージュ地方、ラ・ブレッセの町(かつては繊維産業で栄えた)。

Photos: Courtesy of  me. G.J.

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加