ぽぉぽぉたんのお部屋

季節の移ろい、道ばたの草花、美味しい食べ物、映画や友人のこと、想いがいっぱいの毎日をお話します

「紙ごみ事件」

2016-12-20 | きょうのできごと
明日は紙ごみの最終日だ。
いつもなら生協に出してリサイクルポイントをゲットしていたのだが
持っていくと回収中だったり、点検中だったりと
このところタイミングが合わない。

というのは口実で
本当は、カードが見当たらなかったり、
自転車に積むのが億劫になったりで寒さのせいもあるのかもしれない

そんなわけでこれでもかというくらい、
雑紙、新聞、段ボールとたまってしまった。
紙袋に10個ほども貯めてしまったから今までにないことだ。

さて、明日はまた寒くなるという。
今日はまだ温かい。
夜になってもまだ外は意外と温かい。

ということで、家人が寝静まった頃、
出すことに決めて台車に積んで2回に分けて出しに行った。

当然、ごみ置き場の鍵は閉まっていた。
開けて種類ごとにおく場所が決まっているので
より分けてやれやれと
鍵を閉めて帰ろうとした。
が、カギは閉まったのだが、抜けない。

もう一度開けてみるがやはり抜けない。
どういうことなの?と、何度か開けたり閉めたりしてみたものの
やはりカギはぬけない。

最初はうっそ~ぐらいに思っていたが
こころがざわついてくる。
鍵が抜けないということはマンションに入れないのだ。

残念ながらサンダル履きの身一つにエプロン姿。
ポケットには鍵のみといういで立ちだった。

契約していた緊急時の鍵の店舗があるはずと
小走りに行ってみるが当然閉まっている。
電話しないとダメなわけ?らしい
でも、携帯ももっていない私

助けてくれそうな同類の夜間ゴミ出し住人も
帰宅してくる住人も
だれひとり現れない・・・

仕方がない
寝入りばなの家人を起こすしかないのだ

何度も何度も部屋番号を押して呼び出す
ドアがあいたがそれでは解決しないので
カギが抜けないので助けてとお願いする

憮然として降りてきた家人は
数回やっていたもののカギを抜いた!

なんで抜けるのという不可思議さと
ただよかったと思う安心感と申し訳なさがごっちゃになって
平謝りの夜であった。
ジャンル:
びっくり
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「地下鉄で」 | トップ | 「鳴子にて」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大変だったねー。。 (のほほん)
2016-12-21 19:51:42
なんで抜けなかったんだろうねm(_ _)m
抜けてよかったー!
家に戻れてよかったねー( ̄◇ ̄;)
Unknown (e-ばあ)
2016-12-27 16:57:50

 とんだ災難でしたね。
 お家には入れてよかったですね~

 姉が何年か前、夜遅くお風呂に入り出ようとしたら
折り畳み?のドアがつっかえて明かなくなり
連れ合いを呼んでも声が届かず、外の小窓は開くが裸では他人様を呼ぶこともできず途方にくれたそうです。

 風呂から出ないのを不審がってようやく義兄が来て
外からドアを引いたり押したりしたが動かない。
結局ドアのガラスをたたき割って姉を救出。

 その後ドアは引き戸に改装したそうです。

コメントを投稿

きょうのできごと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。