ニョニョのひとりごと

バイリンガルで詩とコラムを綴っています

尹東柱の詩24.「夜明けがくる時まで」バイリンガル

2016-12-28 15:45:46 | 詩・コラム



「夜明けがくるときまで」

           尹 東 柱

すべて死にゆく人びとに
黒い衣を着せなさい。

すべて生きゆく人びとに
白い衣を着せなさい。

そして一つの寝台に
しずかに寝かせてあげなさい。

みんな涙を流すなら
乳を飲ませてあげなさい。

やがて夜明けがくれば
喇叭(ラッパ)の音が聴こえるはずです。

      (1941・5)


「새벽이 올 때까지」

윤 동 주

다들 죽어가는 사람들에게
검은 옷을 입히시요.

다들 살아가는 사람들에게
흰 옷을 입히시요.

그리고 한 침대에
가지런히 잠을 재우시요.

다들 울거들랑
젖을 먹이시요.

이제 새벽이 오면
나팔소리 들려올게외다.

(1941/5)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月27日、225回目の「火曜行... | トップ | 今年のお花とグルメ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。