ニョニョのひとりごと

バイリンガルで詩とコラムを綴っています

12月20日、224回目の「火曜行動」です。

2016-12-20 19:23:17 | 火曜日










大阪城公園内の紅葉はほとんど散りました。

先週とはうって変わってしのぎやすい天候です。ホッとしました。





12時きっかりに長崎さんのアピールが始まりました。

今日のレポーターはハルモニ会の木村さんです。よろしくお願いいたします。

☆長崎さん
 先日開かれた「子どもの権利条約フォーラム」では、朝鮮高校の生徒さん2人が、日本の学校よりも豊富なカリキュラム、日本の学生との交流などについて話をし、子どもの人権に関心のある人たちが耳を傾けました。

 朝鮮学校が完璧であるとは言いません。時には軋轢やトラブルもあります。しかし、相手を無視したりといった陰湿ないじめはありません。

 韓国から朝鮮学校を見学に来た人は、朝鮮学校ではできる子どもができない子どもに教えている姿に感動したと言います。激しい受験競争社会である韓国では考えられないことだからです。文科省が朝鮮学校を見学に来た時も、この点については感動したと報告されています。

 ここに来ている仲間が何人も沖縄の高江で座り込みに行っています。沖縄の闘いと朝鮮学校を守る闘いとは相通じるものがあります。

 オスプレイの事故が二度も相次いだにもかかわらず、19日から演習を再開しました。翁長知事は「これはもう法治国家でない」と述べました。まさにその通りです。

 橋下氏は「くやしかったら選挙で勝って民意を示せ」といつも言っていますが、まさに沖縄では全選挙区で基地反対派が勝って民意を示しているのです。

 日本でオリンピックや万博を使用としていますが、オリンピック憲章では、差別のない社会を目指し、万博も共生社会を目指すことがテーマとなるべきです。

 ヘイトスピーチ条例が成立したのは一歩前進かも知れませんが、大阪府・市が行政として差別をするのは許せません。(レポート木村)





「火曜バンド」の皆さん、今日は出張やレポーターなどで活躍中なのでお二人だけですが、存在感は大です。

サンシンの森本さんの投稿です。

「今日は奈良の集会が2時からあって早々に中座しました。ごめんなさいね。短歌二首です。


  街宣に抱え来たれる心配事吹き飛ばすかにいつもの面々     


  中座して街宣の場を離れ行く耳に残れるマイクアピール」(森本忠紀)























アピールが続きました、まとめてご覧ください。


☆朴ヨンチさん 

 今日のビラでは1月26日に大阪府・市が補助金をゼロにしたことについての裁判の判決があることが書かれています。毎回同じビラだと思わずに、手にとって読んでください。私達はこの裁判にきっと勝利できると思っています。


 大阪府はこれまで全国に先駆けて朝鮮学校に補助金を出してきました。それは、大阪が日本で一番在日が多く住んでいる地域だからです。


 先日東成区の中大阪朝鮮学校で公開授業が行われました。日本人や大阪に住む他の在日外国人も見学に来ました。子どもたちの様子を見れば、何も政治的なことは吹き込まれていないことがわかります。


 知事は「オスプレイを八尾飛行場で訓練させる」という発言をしました。そんな、八尾の人たちも反対することを思いつく前に、どうして朝鮮学校に対して今まで通りの補助金を支給しようと思わないのでしょうか。

 大人の責任として子どもたちを同じようにかわいがってあげようではありませんか。

☆金さん(女性の保護者)

 私の娘は小学5年生で、バレーボールのクラブに入っています。12月24日と25日に日本の学校の子どもたちとバレーボールの親善試合をすることが決まりました。先生たちと地域のコミュニティがいっしょになってこの企画を作り上げました。
 こうしたひとつひとつの積み重ねが民主主義です。

 大阪府はここにいる人々の意見を受け入れてほしいと思います。

☆長崎さん
 11月20日に湊町で開催されたミナミダイバーシティフェスティバルでは、私達もブースを出しました。うれしいことに、ブースを回る高校生達の中で、朝鮮学校に行ったことがあるという話をしてくれた人がいました。こちらが朝鮮学校に対する差別について話すと素直に「おかしい」という感想を言ってくれました。


☆青年同盟高さん

 今年は中等教育が始まって70年目の節目の年です。多くの学校で記念の行事が行われました。朝鮮高校のリ・ソンア選手が女子サッカーの世界大会で優勝したのは、民族教育の生命力を世界に示すことができたうれしいできごとでした。


☆女性同盟の若いオモニ


気いつけや、あんたのことやでその差別。知らないうちに無関心。それが社会の差別を作ってる!

 私はこの年の初めに友達といっしょに松井知事から私達の子どもには「学ぶ権利がない」と松井知事から吐き捨てるように言われた母親です。

 今日も裏門に行ってみたら、松井知事が出てきましたが、ガードマンに近寄らないようにと遮られました。私は松井知事の背後から「あの言葉は知事の真意ではないそうですが、本当かどうか確かめたい!」と何度も訴えましたが、知事は何も言いませんでした。


 私達の子どもの学ぶ権利が社会から認められないという仕打ちをいつまで続けるつもりなのでしょうか。

 みんな手を携えていい社会を作っていきましょう。(レポート木村)






















今日はいつも来てくださっている方々殆どが来られましたが、チラシを配るのに集中したため写真は少しだけになりました。ご理解ください。

最後の合唱が終わり駐輪場に集まり総括しました。






時を同じくしてソウルの日本大使館前では、先日火曜行動に参加され激励してくださったモンダンヨンピルのキムソンミンさんが無償化実現を要求する「一人デモ」に参加されているというニュースが飛び込んできました。コマッスムニダ!元気が出てきました。





バイオリンの宮川さんが来られ、最後の合唱の伴奏をしてくださいました。

梁ハルモニは今日は定期検診の日なのでお休みされました。ご安心くださいね。











色々情報交換しました。来週は今年度最後の日なので大勢の方々が参加されることを願っています。













来週も頑張ります。^o^




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第7回朝鮮舞踊の夕べ「麗しき... | トップ | 吹奏楽と詩の夕べ〜武庫の流... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。