横手市議会議員 奥 山 豊 和 公式ブログ

明日への責任~市政に若い力を

開かれた横手市議会に。

2017-06-19 22:06:16 | 日記

本日、議会運営委員会に引き続き急きょ開かれた、会派代表者会議。

3月議会最終日、「市内スポーツ施設にて売上金等が一時紛失した件と、障害者就労継続支援訓練等給付費の支払いが遅れた件」について、緊急動議で提出された議会監査請求に対する報告書が出されたことを受けて、今後の対応を協議する趣旨であった。

先週の木曜日、議員全員協議会の場において、今後議会としてとり得る対応策について全国市議会議長会へ問い合わせた結果報告がなされたわけであるが、なぜ今日、全員協議会を開かなかったのだろう。開けない理由など何もないはずだ。

あえてワンクッション挟んだことに、何か意図を感じるのは私だけだろうか。

監査報告書の内容について、「これ以上でも、これ以下でもない」という理由から、3月議会最終日の本会議で緊急動議がなされた事案を、単なる文書を受け取るだけで幕引きを図るというのは、それこそ「ブラックボックス」そのものではないか?

議長名で文書で監査請求をしたから、文書で報告書を受け取った?
確かに、手続きとしてはその通りである。

でも、よくよく考えてみてほしい。新聞報道もなされ、市民の皆さんからも感心が寄せられているという事実を。

「開かれた議会」を実践する気があるのなら、議論するまでもなく、本会議場で監査委員からの報告を受け、その文面に対する質疑を行うこと。結果として答えが「それ以上でも、それ以下でもない」となったとしても、そのプロセスをきちんと議事録に残し、ネット中継で発信することこそ、議会の総意で監査請求をしたことに対する我々の責任であると思う。

そもそも、12対11という僅差で監査請求を行ったという事実がある。

11名は、そもそも監査請求をする必要はないという方々なのだから、この報告書を受けて、「これ以上なにをやりたいの?結果は出ているではないか」という考え方に変わりはないのだろう。

議会として、これ以上の調査権を発動するかどうかはこの次のステップであって、プロセスを明らかにすることというのは、協議をするまでもなく当たり前にやらなければならない手続きである。

あさっての最終日、当然のことながら本会議前に議員全員にそのことが説明され、追加日程として本会議での説明があるものと私は思っている。

もしそうならなかったら・・・横手市議会はそういう場所だということである。


さて、この週末。17日(土)は、自民党秋田県連定期大会に参加して参りました。



金田大臣には、この期間2度上京する機会があったものの会館に立ち寄るだけで、きちんと顔を出せなかったことを弟子として申し訳なく思う。

「頑張れよ!」

多くは語らずとも、通じ合う関係である。

ありがとうございます。くれぐれもご自愛され、国家国民のために職責を果たされますことをお祈りしております。

特別ゲストは、参議院自民党議員会長の橋本聖子先生。
金田先生とは、参議院平成7年初当選組の同期である。

現役時代を含め、オリンピックに15回関わっているという橋本先生のお話は、2020東京オリンピックに向けて何をすべきか、何をしなければならないのか、地方の私たちに何ができるのか、様々な気付き発見のある貴重なお話であった。

オリンピックはスポーツの祭典か?

そんな単純な話ではなく、まさに開催国の文化力と経済力が試されているのである。お祭り騒ぎのイベントではない。

今まさに、世界中が日本という国を、日本人に対し大きな注目を寄せているときこそ、私たちの歴史伝統文化、日本という国の素晴らしさを全世界にアピールする最大のチャンスなのだ。

2020がゴールであってはいけない。

2004年アテネオリンピックの後、ギリシャは財政破たんに追い込まれたように、その後の国家の姿、あり方というものを描き切れているのかが重要である。

2012年。成熟した大都市で開催されたオリンピックの後、ロンドンは世界一の都市になったのだ。

少子高齢化・人口減少に突き進む我が国でオリンピックが開かれるという意味。

あと3年しかないのだ。

縮小する社会の在り方をしっかりと見据え、まったなしにビジョンを示さなければならないのである。

体育施設は商業施設であるべきだ・・・

スポーツ文化観光が融合し、医療をも巻き込んだ、誰しもが訪れたくなる魅力を秘めた拠点にしていかなければならないのである。

老朽化したから?防災拠点?

はっきり言って、それだけでは弱いのだ。自分たちなりのスポーツ立市もシティセールス2020も、私たちは、ほとんど何もやっていないに等しいということを痛感した。所詮、自己満足で井の中の蛙。

DMOとスポーツの融合こそ、スポーツ立市よこてを掲げる意義なのだ。

ホストタウン招致に手を上げたのであれば、2020以降の横手市の姿を語れなければいけない。何のために東京オリンピックに関わるのか、東京のために何ができるのか・・・

同じ釜の飯を食った仲間たち、そして全県各地でお世話になった方々との再会。全て、15年の蓄積である。

青年局も、頑張りましょう!


昨日18日(日)は、横手市大雄消防団の伝達講習会が行われた。

小型ポンプ操法の3番員として4年目となる。昨年はボロボロだったので、なんとかリベンジを果たせれば。

昨日教えて下さったのは、大雄中学校野球部の1年後輩。
ブルペンで、彼の球をずっと受け続けてきたことが懐かしく思い出されます。

先輩に気を使わずに、悪いところは悪いと容赦なく厳しくご指導ください(笑)

2週間後、7月2日(日)の訓練大会に向け、消防団の夏が今年も始まります。


追伸・ボールの落としどころが、「公平公正」からかけ離れているように思う。

覚悟を持って職責を果たそうとしている者に対し、上から押さえつけているだけに映る。守るべきものが違うようにも思う。

それと、事の重大さを理解していないのではないか?誰も指導しない。だから同じことを何度も繰り返すのだと思う。

もう一度言う。

資質が問われます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資質が問われる~一般質問、... | トップ | 波乱の6月議会を振り返ってP... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL