オクテック ガレージ ブログ OKU-TEC garage

大した人生ではないけれど,それでも読み返せば思い出されるあのときのこと.消えないように,そして生きた証になるように

娘と電車でちょっとお出掛け 向日町 公園巡り 後編

2016-09-27 01:40:51 | 日記(家族)
娘と電車でちょっとお出掛け 向日町 公園巡り 前編 の続きになります。



小さい時に自転車が好きで、雑誌で知った自転車屋さんに行きたくて一人で何度も通った思い出のある土地なので、下車してみました。







駅前にゆるキャラ像発見。








「からっキー」
向日町のキャラクターかと思ったら商店街の激辛キャラでした。








ガラス越しに手作りっぽい動物が列んでいました。
どうやら竹屋さんで竹籤で作ってあるみたい。









公園を散策することにしました。

Googleで「近くの公園」と音声入力すると一覧で表示してくれます。
便利になりました。

沢山あるので近いところを適当に選んで歩くのですが、どんな街でも知らない土地を歩くのはちょっぴり楽しかったりします。








駅から300メートルほどの所あった一つ目の公園。

「深田川橋公園」








小山になった滑り台とブランコがあるくらいの小さな公園。



















小学生の数人遊んでいました。
「シーソーが無い」娘が言ったその言葉をたまたま聞いたその小学生たちが、
「ここにはシーソーないなあ」
「シーソーやったら、あの公園にあったなあ」
「あんないしたろか」と、相談し始めました。


「近くにある?」そう言うとその子達が案内してくれるというのです。









付いていくことにしました。







5分くらいでしょうか。少し歩くとシーソーのある公園に辿り付きました。
「修理式ふれあい公園」とありました。


一緒にシーソーに乗ってくれる子供達。









小さな娘に気遣って「そっとしろや」と優しく乗ってくれました。








みんなで楽しそうでした。










「ブランコが無い」
娘が言ったその言葉を聞いた子供達は今度はブランコとシーソーのある公園はどこにあるかと相談し始めました。


また連れて行ってくれることになりました。

一緒に歩いてくれる子の手を握りしめて一緒に歩いていきました。
娘はあまり人見知りしない方です。男の子の方が少し照れていました。








「歩いてどれくらい?」
「5分くらいかなあ」

土地勘もないのでどれくらい離れているかも全く分かりません。





「俺、いっぺん家帰ってから行くわ」

「あの公園やんなあ」

一緒に行く子と用事を済ませてから来てくれる子。

子供らのそんな話し声が町に響いていました。











「寺田東公園」









「あっちの公園やったらブランコと滑り台両方あるで」
いろいろ連れてきてくれてるのに、それでもまだブランコと滑り台が一緒にある公園をまだ探してくれていました。







「蔵ノ町公園」
ガード下の小さな公園。









子供達は靴とばしに夢中になっていました。









午後3時。
娘はまだまだ遊びたそうでしたが、そろそろ帰らないと。
子供達が帰るというので、それに合わせて公園を出ることにしました。

さて今どこに居るのかよくわかりません。
幸いすぐ近くに複々線くらいある線路があったのでJRだとわかりました。









線路の先に向日町駅が見えました。
線路沿いを歩いていると小さな公園がありました。
「JR駅前 ふれあい広場」







遊具もなにもなく、水たまりも干上がってただ形あるだけといった感じ。
風に吹かれてデザイン風車がゆっくり回っていました。







向日町駅。
二人で「パピコ」を半分ずつ。

半分半分が何かいいと思ったりします。









帰りもまた先頭車両。









水無瀬駅あたりで私鉄の阪急電車と併走します。
ちょうど茶色の電車が向こうの方に走っているのが見えました。
横に並ぶと負けるな追い越せとつい思ってしまうのは子供の頃から変わらず。








駅について帰っているととら母と寅次郎が途中まで迎えに来てくれました。








昔なら寅次郎も駅まで平気でしたが、今は無理しないように途中まで。
私の姿を見るとそれでも嬉しそうにしてくれます。
帰りは寅次郎と二人でトボトボ帰ります。








帰ると疲れたのかバタンキュー。






結局、向日町駅前をグルッと回った公園巡りでした。

向日町5公園制覇。
子供も楽しかったようですが、自分も楽しませてもらった気がします。

また次回、違う町を歩いてみようと思います。


いつもながらの長いブログにお付き合い下さりありがとうございました。

ではまた。

コメント

娘と電車でちょっとお出掛け 向日町 公園巡り 前編

2016-09-24 02:54:10 | 日記(家族)
線路沿いを散歩したり駅前のスーパーに行く度に「お父さんと電車に乗りたい」と娘からせがまれていました。

犬が電車に乗れないので必然的に電車に乗る事が少なくて、娘と電車に乗ったのは二年ほど前のワンワンワンダーランドに行ったのが最初で最後。
とら母(嫁)とはお出かけの時に何度か乗ったことがあってか自分と乗りたいみたいでした。

けな気に行きたそうにしてるのを見てちょこっとだけ、二人で出掛けることにしました。

「次の土曜日に電車に乗ろうね」そう言うと嬉しそうな顔で「やったー、やったー」と喜んでいました。

それから毎日毎日、電車に乗る話をとら母にしてました。
よっぽど嬉しかったんだと思います。




当日、「もう準備できた~?」と何度も聞いてくる娘。
ワクワク感があふれそうでした。

水筒を持ってあげようかと言っても「自分で持つ」と自分なりに何か思いがあるようでした。









とら母と寅次郎が途中までお見送り。ありがとうね。
寅次郎が一緒じゃないのが心苦しい。








線路沿いの道。
貨物の操車場もあるのでいろんな電車がひっきりなしに通ります。

「EF66」
小学生の頃に見た記憶があるので、結構古い機関車。
近くで見るとでかくて異様な雰囲気がします。








JRの駅まで来たは良いけど、さあどこに行こうか。行くあてが無いのも難しいです。

大阪まで出て梅田のおもちゃ屋でも行ってみようかなんて考えましたが何か違う気がして、それなら京都や嵐山に行って散歩する方が良さそうに
思えたりしました。







改札を抜け上りと下りのホームのどちらかにするか決めないといけません。

「どっちがいい」娘に聞いてみました。

「こっち」

指差したのは「下り」大阪方面行きのホームへ続く階段でした。
分かって言っているのか分かりません。
ひょっとしてとら母と来たことがあって覚えていたからかも知れませんが、とにかく来た電車に乗ることにした。



前にお父さんに連れられ男の子がいました。
同じようにお父さんと電車でお出かけなんだと思って見ていたら、自分も少しは人並みの親になれたんじゃないかと思ってちょっと嬉しくなりました。








自分が小さかった時のことを思い出して先頭車両に連れて行ってあげました。
いくつになっても先頭から見る景色は他と違って見える気がします。









乗った電車が会社方面へ向かう電車だったので、気持ち的に嫌で大阪駅で一旦降りることにしました。
さてこの先どうしようかとまた悩みました。

娘が乗りたいと指さす列車は散歩の時に見かける特急列車ばかり。さすがにそれは無理。
意味は分からないけど促されて乗ったのが上り高槻行きの各駅停車でした。

8駅ほどしか先に行かない中途半端な列車でしたが、まあそれもありかと思って乗り込んでみました。



次の事を考えてた矢先に、次の新大阪で開いた扉の先にあった立ち食いそば屋を見て「ツルツル食べたい」言い出しました。

と言うことで急遽下車。







メニューを見るとどれも美味しそうに見えます。
娘はお気に入りのざるそば、私はベーシックにきつねうどんを注文。

立ち食いそばなのであっと言う間に出来上がりました。

さあ食べようと思った時に気付きました。

「立ち食い」だったんだと。










娘はカウンターに届きません。
台でも有れば良いですが駅の立ち食いそば屋にそんなものはありません。

平静を装いつつも心の中ではアタフタしていました。

結局、しゃがんで食べさせて、立ち上がって自分が食べて。そんでもってまたしゃがんで食べさせて。

店のお姉さんが笑って見てました。










次に来たのが新快速列車でした。
各停の横座りシートと違ってちょっと旅行気分。










どこまで行こうかと考えましたが、自分が小学6年生か中学一年生の頃に自転車が好きで雑誌に載っていた自転車屋を訪ねて何度か足を運んだ向日町に
降りてみることにしました。








サイクルスポーツという自転車の雑誌に載っていた「イワイサイクル」というお店でした。

今お店のHPを立派な店構えになっていましたが、当時はもっと商店といった感じで、店舗の隣の作業場で店の主人がフレームを製作していました。


当時はお金もなくて遠くなるけど電車賃が安い私鉄(阪急電車)で来て、この向日町駅を通り過ぎて2キロほどある道を一人トボトボ歩いて通ったのが
懐かしく思い出されました。









どことなく古めかしいホームの連絡通路。
ノスタルジックな感じがしてとてもよかったです。















少し長くなりそうなので続きはまた。
いつもながらですが長くてすみません。

娘と電車でちょっとお出掛け 向日町 公園巡り 後編はコチラです。

コメント

娘が4歳になりました。

2016-09-16 02:50:24 | 日記(家族)
先月のこと。
早いもので娘が4才になりました。
産まれたときはひやりとさせられましたが、その後は大した病気もせずにいてくれています。








寅次郎がいるおかげで毎日公園で遊ぶことが日課です。
ブランコがお気に入りで毎回ここで足止めを食らいます。それも止む無しです。









まだまだ会話が成り立たないときがあって、少し遅れていると思うことがありますが、そんなのもそのうち忘れてしまうような成長のひとつなんだろうなと
思って見ています。








夜はとら母がつくったケーキをみんなで食べました。
「宇宙の胃袋」を持つとら母の子だけあって、最近は「食べ物をせがまないのは食べている時だけ」になってしまいました。








プレゼントを何にしようかと悩みました。
考えすぎるとしんどくなる方なので普段の姿を思い出して二つ買いました。








3歳の誕生日の時はプレゼントをあげても、そうリアクションはなかったような気がしますが、今年はすごくはしゃいでいました。
それも成長の一つなんでしょうか。








女の子ですが、どこにいってもプラレールがあるといつまでも遊んでいるのでそれにしました。








自分も小さいころ、セットとか買ってもらえなかったですが半端なレールと電車が二・三台あって、遊んだのを覚えています。

ちゃんとループができるレールセットが買えるように私もなりました。








うれしそうな娘の横で、私はスイッチを入れるときに電車を押さえているせいで車輪が回らず、モーターに負荷が掛かっているのが気になって仕方が
ありませんでした。









それとスイッチが何気(なにげ)に二段になっているのに気付きました。
スイッチを少し入れるとモーターだけが回転して、入り切るとギアが入って動き出します。
モーターと車輪が直結だと押して遊べないのでミッションが入っているんですね。








もう一つのプレゼントはキックボードです。
近所の少し年上の“お姉ちゃん友達”が持っていて遊びたさそうにしていたと、とら母が言っていたのでこれにしました。








でも、公園に行くとやっぱりブランコで遊びます。
楽しいのは「そのもの」があるからではなく、それで遊んでいるのが楽しそうだからなんだと思います。

娘が一人でキックボードをしても楽しいのは一時だけ。
友達が一緒にしたり、私たちが一緒にしてはじめて面白いんだと思います。

ということで、私たちもしなければなりません。オークションで安いの探します。







千葉に住む、とら母の両親からもプレゼントが届きました。
偶然にもプラレールでした。

ドクターイエローは何故か電池が単2でした。きっとモーターも少し大きいんだと思います。
さすがに速いです。(新幹線だからか?)








地元の私鉄「阪急電車」も入っていました。








子供の笑顔はやっぱり癒されます。






バカ親のたわいもない日記、失礼いたしました。



コメント (9)

そろそろ台所のリフォーム まずは不用品の整理 非鉄金属のスクラップ廃棄

2016-09-06 04:06:36 | 自宅の整理・リフォーム・修繕
台所をリフォームしようとショールームの展示品だったシステムキッチンを買ったのがもうずいぶんも前のこと。

なかなか手付かずだったけど、そろそろ始めないと墓場まで持って行くことになりそうなのでぼちぼちリスタート。

居住している部屋を台所に変身させるため、家財道具を移動させないと始まらない。

移動させるには移動先を確保しないとこれまた始まらない。


ということで不用品を処分となるわけです。

不燃物として廃棄するものはずいぶん減って、残るは有価物。

ためていたスクラップをまとめて処分しに行くことにしました。


今回が三回目のスクラップ持ち込み。
以前、処分したのがコチラ(14年2月15日)とコチラ(14年2月25日)でした。

あれから少し調べたところ分別をすると高値で引き取ってくれるところがあると知ったので少し遠いですが今回はそちらに持っていくことにしました。



まずは処分品。

親父が昔、学校やホールの放送を手掛けていて、いまほど製品もなく、既製品ではまかなえなかった頃だったので、自らアンプを作って納めたりしていた。
それ用の電源トランスやマッチングトランスが箱いっぱい。










一次側が200Vで二次側が100Vのトランス。

右側ので容量が2KVA。
容量と重さからして工事現場で電源がないときに動力(三相200V)を100Vに落してつかうダウントランスに入っている安価な単巻トランスと違って
これはたぶん複巻トランスだと思います。
オーディオマニアが電源まで凝りだすと、電源を200Vからダウントランスで落して使うらしいですが、そんなときにはこんなのがいいように思えます。









モーター
左側がたぶん3馬力。重いです。

自分も分かる気がしますが、今ほど簡単に物が手に入らない時代に 「何かに・・・」とか 「あれをするときに・・・・」
なんて考えて取っておいたんだと思います。







でも人間、年を取ると能力がガタンと落ちます。
いろんな妄想や構想を抱いていいのは45歳まで(と勝手に思っています)。

そこから先は残った体力で身辺整理するフェーズです。

そのことに気づかなければ残された人間が負の遺産を継ぐという悲しいことになります。


50歳を過ぎたら整理整頓。






不要なパソコン。

使わなくなった古いパソコンなんて何も考えずに捨てる人も多いと思います。
昔は不燃ゴミで捨てれてたのも今は 「 小型家電リサイクル法 」とかいう法律があって自治体では引き取ってくれません。
無料で引き取ってくれるところもありますが送料は必要。

マザーボード、CPU、メモリー、電源、放熱器。分別すればキロ何円で買い取ってくれます。
地味な作業ですが老後の蓄えのために努力します。

ちなみに例えばPentiumなどのCPUは3000 円/Kgだったりします。(調査当時のある業者の持ち込み価格)










タイヤの処分が面倒だったのですがタイヤ付きでもアルミホイールなら値段が付くのはありがたく思えました。
加工後にのこった材料やスキーのストック。テレビアンテナのエレメント。
地道に分別したアルミ。
使わなくなったバイクのフレーム。









詰めるだけ積みました。
たぶん300Kgくらいになったと思います。








一人で行くつもりでしたが娘もつれていくことにしました。
軽トラにチャイルドシートがあまりに似合っていない。







楽しいところに連れてってあげるのでは無いですが、家においていくよりも良いかと。

娘との初めての二人っきりのドライブデート。
軽トラでスクラップ屋さんまでが味気なくてごめんなさい。








まだまだいろいろ話すってまではいかなくて、会話もさほどないまま小一時間ほどで到着。
途中で眠ってしまっていました。







枚方にあるスクラップ業者。
最近どこに行っても思う事が、それまでのスクラップ業者ってガラの悪い人ばかりが居るような印象でしたが、どこの業者もみな丁寧です。






買い取り値は全部で4万円ほどになりました。
次の工作機械の資金にするか、老後の蓄えにします。

付き合わせた娘に帰りがけにコンビニに寄ってお気に入りのリンゴジュースとアンパンマングミを買ってやりました。







昔は自分のパーツが増えるのが楽しく思えましたが、今はガレージや家の中から不要なものが出て行くことが楽しくてスッキリすると快感にさえ
思えてしまいます。

ということで、自宅の整理の話でした。
ではまた。



コメント (4)

TIG溶接機用ラックの製作 その4 フォルツァMF10のホイールで作るケーブルハンガーと溶接の守護神になったミニオン

2016-09-01 04:39:02 | 溶接機用ラックの製作
TIG溶接機用ラックの製作 その4になります。(その3はコチラ

前回は溶接機をガレージ内で移動できるように電気工事をして、ラックの補助部品としてホンダの250ccのスクーター「フォルツァ」のホイールを
使ってトーチケーブルのハンガーを作ろうと言うところまで話を書きました。
今回はその続きになります。


フォルツァの中でもMF10と言う形式の車両のホイール。細身でエッジの利いた6本ホイールがかっこよく思えます。







っと、こんな事をしていたら、ご近所の工作友達のkagayakiさんが自作CNCフライスでエンブレムを作ってくれました。








全体を白く塗って







そのままペーパーで磨いてやると・・・・かっちょええ“ OKU-TEC garage ”のエンブレムになりました。
ラックが完成したら貼りたいと思います。










さてホイールですが、このままだと大きすて野暮ったさそうなので、半分にカットして2個使えるようにします。
厚味も同様に必要最小限になるようハブの部分も旋盤で切り詰めることにしました。

旋盤への取付ですが、ちゃんとした円筒部が無いのでガッチリとチャックができません。
甘いとチャックが外れて危険なので怖いです。
治具を作ればいいのですがケーブルハンガーとして使うだけなので、気をつけて無理しない程度にちょっとだけ無理します。

時折チャックの状態を確認しながら突っ切って行きます。
でもちょっとビビリながらやってます。









面取りしてこちら側は完了。










ブレーキローターが付く側も切り詰めますが、こちらは深みがあって怖いです。










刃物台をホイールにできるだけ近づけて、突っ切りのブレードもできるだけ出して。
ああ怖い。


「適当なチャックですが、適当にチャックはいけません。」 言葉おかしいですか?









チャックが緩んだら
高価な突っ切りのブレードか割れて・・・・
破片が飛んできたら・・・・・

懐ろにも体にもよく無いのでチョットヒヤヒヤしました。










無事、突っ切れました。








端面を仕上げてホッ。








ローターの取付ネジをラックの取付ネジとして使うのでタップを今一度深く切ります。









半分に使うので割り振りを考えて、コンターマシンで切断します。








ややこしそうに思えましたが、以外とすんなり切れてくれました。
コンターマシン(バンドソー)は鋸刃が比較的ゆっくりと一定方向に回転して切って行くので怖さがなくて良いです。










切断部をベルトグラインダーで整えて完成~。
ケーブルハンガーが2個できました。






30角のアルミフレームにザグリを入れたら丁度良い感じ。






ピカピカにするほど気力がなかったので、見た目が良くなる程度に磨こうとしましたが塗装を磨いてもだめ。
そのまま強引に地肌までサンダーで磨いていこうとしましたが、これがまた思いの外、厚くて丈夫な塗膜。
さすが純正ってな感じでした。

結局剥離剤で塗膜を剥いでちょっとだけ磨いておきました。
凝る人ならミラーフィニッシュにするんでしょうが、この先があるので諦めました。

ラックに仮付けしたらちょっとテンション上がりました。









そんなことしていたらkagayakiさんが今度はアクリル板を削ってまたエンブレムを作ってきてくれました。

アクセントとしてブラケット(アルミフレームの組み立てに使う金具)を黄色く塗ったらミニオンズに見えたと書いたら、ミニオンが入ったエンブレムになっていました。
なかなか、シャレの利く人です。








アクリル板で作ったエンブレムは直貼りよりも照明で照らした方が良いように思えたので手軽にできないかと悩むこと数日。

ネットで見つけたUSBメモリータイプのLEDランプに百均で買ったUSB電源と延長ケーブル。これで照明を作りました。







ラックに付けたブレーカーから取ります。
直接給電させるのでビビリな私は念のためにとヒューズを噛ませようとしましたが、意外と手間だけ掛かりました。








漏電ブレーカーは信頼の三菱電機製。
ボックスは少しでもオシャレにと透明アクリルのフタのやつにして、その中にエンブレムを入れてみました。
ブレーカーの一次側から給電しているので分電盤のブレーカーを入れるとインジケーター代わりに青く光ります。








手元でアルゴン流量を調節できるようにマスフローコントローラー(MFC)の制御ユニットを取り付けました。







これがMFC。
この中に流量制御用のバルブが入っていて自在に流量制御をしてくれます。
N2(窒素)用のMFCですが、ほぼ読み値で使えます。









片割れのホイールは側面に取り付けてアースケーブルを掛けるようにしました。









これで完成かと思っていたある日のこと、用事で行った姉の家にあった“黄色い”物体。
姪っ子がUSJで買ったポップコーンの入れ物でした。

「 要る?」ってきかれたのでありがたくもらってきてその日のうちに落下しないようにプレート作って取り付けました。

ミニオンとミニオンになれるメガネです。








メガネを掛けると誰でもミニオンです。








ということで、溶接の守護神はミニオンになりました。
久しぶりに溶接機を立ち上げましたが、何事も無かったようにアークが立って一安心。

オッサンのするサンデー工作なので時間が掛かりましたがようやく完成です。







追伸
芋大好き寅次郎と39℃の熱出してる娘。






長らくお付き合い下さりありがとうございました。

ではまた。

コメント

TIG溶接機用ラックの製作 その3 電気工事とオシャレなフォルツァMF10の細身なホイール

2016-08-30 03:30:27 | 溶接機用ラックの製作
TIG溶接機用ラックの製作のその3になります。(その2はコチラ


溶接のトーチケーブルは標準の4mのものを使っていて普通に溶接テーブルで作業する分には問題ありませんが、バイクの車体に部品を付けたりするときなど
そこまでケーブルを引っ張って溶接しなけければならない時にはもう少し欲しいと思うことがあります。


長いケーブルということで8mのトーチもありますが純正品だと4~5万円して、頻度からしてとてもプライベーターでは買えません。
ということで溶接機本体を移動式にすることで解消するこにしました。



移動の範囲は数メートルあれば十分で、それよりもモチベーションが保てにくいオッサンにはストレスなくササッと移動できる方が重要なこと。


アルゴンガスのホースや電気のケーブルも長くする必要がありますが、ガスのホースはまだ細くてコシが弱い分まっしですが、電気のケーブルはそれなりに太く
コシも強いので単に長くするだけだとトグロを巻いて置いておくのも厄介。
移動させる時にキャスターが引っ掛かったり、掃除の時に邪魔になったり何よりごちゃついて見た目が悪いのはよろしくありません。


オッサンと一緒で小綺麗ににしておかないと幸せが逃げていきます。


どうすればスッキリいくかと考え、電気配線は天井から下ろす事にして床にケーブルがはわないようにすることにしました。


まずは電気工事から。
天井からケーブルを下ろしてくるためにボックスを設置します。
作業しやすいようにと天井を開口します。
もう天井は点検口だらけです。







ケーブルの太さはメーカー指示で8スケ(8sq)以上となっています。

電気工事屋をしている幼なじみから14sqと8sqをもらったので盤から天井裏まで14sqで来て、ボックスから溶接機までを8sqで引き回すことにしました。


と、ここでチョンボ。
小さなボックスを買ってきて端子台を付けたものの、太いケーブルがボックス内で取り回せずに接続できません。
太いケーブルの事があまり頭の中でイメージ出来てない証拠。経験がないとイメージもつかめません。

接地端子もこの場合「GND」ではなく「アース」とすべきだったと思いました。








大きなボックスに変えれば済む話ですが、せっかく買ったボックスなのと、何よりボックスが大きくなると“もっさく”なるように思えたので
同じボックスをつなげて容積を増やす事にしました。

太いケーブルは曲げるのも大変。つなぎ口はできるだけ大きく取っておきます。









塩ビ接着剤だけでは剥がれてしまいそうなので、塩ビ溶接でくっ付けました。








天井からケーブルを下ろしてくるので、引っ張られて端子に無理な力が掛からないようにとアルミ板を叩き出して抜け止めを製作。








端子台の位置も変えましたが余裕無しのキツキツ。









14sqの太いケーブルの圧着は親父が残していった油圧式の圧着工具でかしめます。









電流も結構流れるので適当に接続するのはよくありません。
接続が甘いと抵抗となって発熱し、発熱すると炭化して抵抗値が上がってまた発熱と、危険が危ない状態に・・・・。
電気は甘く見てはいけません。







ケーブルと端子に無理な力が働かないように取り回してあげます。









ボックスをオフセットさせてくっつけたのは、天井に露出するのを1個分にするため。半分は天井裏で見えません。

天井の穴も点検口を付けておきます。
点検口があると色々と遊べるのでいいです。









トーチケーブルやアースケーブルって使わない時にはクルクルッと巻いて溶接機の上に置いておく人が多いです。
なんか良い方法が無いかと見ていたら庭なんかの散水用のホースを壁に掛けておくハンガーがあって、たまに車のアルミホイールを流用している人も見かけます。
さすがに車のホイールはごつすぎるのでバイク用で良いものが無いか探してみました。

トーチケーブルの長さから必要なリム幅を出して、あとはデザイン。

3本とか5本スポークはスポークが太くて、でぶっちょに見えてよろしくありません。
シュッと細身のスポークで格好いいのがないかとオークションで調べること数日。


見つけました。ホンダのフォルツァのホイールです。
6本スポークはMF10とかいうモデルのフロント用でリム幅が2.75。
トーチケーブルを掛けておくには良いサイズ。









歪んでたんで810円。送料の方が高いくらいでトータル1860円也。









プレスを持ってないのでディーラーに行ってちょこっと修正させてもらいました。

やってみて分かったのが単に押すだけでは全体が歪むだけで狙ったところだけが修正されるなんてありません。
難しいです。











押した時に下側だった方が歪んだりしましたがご愛嬌。
ハンマーで叩いて修正しました。






これを使ってトーチケーブルのハンガーを作ります。
長くなったので続きは次回に。



寅さんです。
頑張ってます。

コメント (2)

寅次郎の夏休み 旅に出なかった2016年の夏の思い出 後半

2016-08-25 03:49:36 | 日記(家族)
寅次郎の夏休み 旅に出なかった2016年の夏の思い出 前半 の続きになります。







昨年の夏、娘の誕生日にともらった小さなプール。
でも昨年は車中泊で北海道に行っていたので入れなかった。


今年初めて使った。
娘はしきりに 「きぃもち・いい~」 と妙におっさん口調で喜んだ。










自分も一緒に入った。
最初すごく冷たく感じた。小さなプールなので寝転ぶこともできないけど暑い日のプールは気持ちよかった。










暑いけど寅次郎も頑張ってる。









車中泊のためにプリウスαから買い換えたノアハイブリッドも出番なし。
用事で出かけたとき少しだけ遠回りして茨木市の西都にある公園に行ってみた。

彩都西公園







ちょっと長いローラー滑り台があった。









暑くて滑り台も熱くやけどしそうになる。
真夏の遊具はダメですね。








自分も意外と好き。
大人もきっと好きなはず。
でも熱い。










バッタの形をした遊具があった。









対面にパラボラアンテナみたいなのがあって会話ができると書いてあったけど、喋ってる声の方がよく聞こえた。
潜望鏡のような仕組みの覗く窓があって、バッタの視点で見えるとかあったけど、中が雑草だれけで全く見れなかった。
なんとなく企画倒れな遊具。









「“みどり”の公園に行きたぁ~い」 とせがまれた。
緑色の滑り台があって、そう呼んでいる。

娘と二人でヴェクスター125に二人乗りして、その“みどり”の公園に行ってきた。
ヘルメットもまだ買って無くて私のジェットヘルメットでプチッとタンデムツーリング。







今日は世間は平日。
旅に出なくても有休つかって12連休だぜ。
遊ぶ子供も居なくて貸し切り状態。







こっちは暑くてばてそうなのに子供はへっちゃら。








疲れ知らず。








いっしょに遊ぶと喜ぶ。大事なことだと思う。










ロープのお山の頂点まで登った。








向こうに見えるのは立命館大学。
大学のキャンパスに隣接している公園。大学の公園ではなく普通の公園。
ちょっと小じゃれた街って感じがする。









暑くて休憩。
いつも一緒なヴェクスター125。結構活躍してくれる。







ジュースを買って一緒に飲んだ。
この瞬間がなんか楽しく思えた。








いつかバンディット1250Sでやってみたい。


ちょっとツーショットで撮ってみたくなった。






近場を、それもほんのちょっとの時間。
そんなんばっかりな夏休みでした。


コメント (6)

寅次郎の夏休み 旅に出なかった2016年の夏の思い出 前半

2016-08-22 03:32:05 | 日記(家族)
14才の寅次郎。
旅に出て見知らぬ土地で過ごすことは犬にとってもストレスで、若い間は体力でカバーできたことも今はそれも難しいと感じます。

老犬ということを認めたくないですが、今は一日でも長く一緒に居て欲しいと思う気持ちで、体に負担が掛からないように日々を送っています。







今まで一緒に旅してくれていろんな思い出を作り出してくれました。
だから今は寅次郎に寄り添うように暮らしていかなければと思います。







娘はもうすぐ4才になります。
外に遊びに行きたい盛りです。
自分は50才。
残りの時間でできることを考えると、そう大きな事はできないように思えてなりません。
セルフビルドでのリフォームの計画も中断していて、これもやり遂げないと中途半端で終わってしまいます。


ゆっくり寅次郎と元気娘とおっさんと嫁さんの夏休みの日記をまとめて書いておこうかと思います。






7月の終わり、近所の公園で恒例の盆踊り大会。







昨年は娘も踊りの輪に入ることにためらいも無かったのが今年は恥ずかしがって入っていきません。







綿菓子。










お祭りは二日間。

共産党主催の盆踊りなので夜店の値段も安いです。 ありがたや。











「ニラうどん」
昨日売り切れで食べれなかって残念がってたとら母。
今日は真っ先に隣の「どて焼き」共々お買い上げ。

ちなみにこの「どて焼き」美味しかったです。









スーパーボールすくい。
1回100円也。







かき氷







こんな光るオモチャも安かった。









娘、髪切った。






トイレのお菓子。
水洗タンクに粉と水をいれると便器からあふれてくる。
それをストローで飲むって変なお菓子。








暑いけど寅次郎も頑張ってる。








みんなで寅さんの散歩







ブランコが好きなのでいつもここでトラップされる。







ツーショット。










こんどは地元の市主催のお祭り。

自転車がいっぱい。






市になって50周年。歳は自分と同じ。









盆踊り大会っていうよりもイベントみたい。







若い奴らばっかり多くて全然風情も感じられず、夜店がいっぱいでてるけど値段も普通でどこも長蛇の列。
ちょっと見かけたから食べてみようとか、遊んでみようなんて気にならない。

規模はちっちゃいけど地元のお祭りの方が風情があって好き。







自衛隊グッズのお店。
こういうのは私よりもとら母の方が反応する。







一応ゲストも来る。
今年は「山本リンダ」と“♪なんでだろう~♪”でおなじみの「テツandトモ」だった。


ちょうど「テツandトモ」が出番だった。
面白かった。







かき氷。








騒がしくなったと思ったら「テツandトモ」が帰るところだった。

気付けばだんだん近寄ってくる。
よく見たら帰るルートに立っていた。







テツとハイタッチした。
何か嬉しかった。
良い人っぽかった。






トモは後ろ姿だけ。

テツのファンになろう。








まだ食べてた。






ということで、夏の思い出日記の前半でした。



コメント

TIG溶接機用ラックの製作 その2 溶接機の固定金具と阪急電車のハンドル(取っ手)を付けてみた。

2016-08-20 04:20:53 | 溶接機用ラックの製作
前回からずいぶん間が空きましたが、ボチボチと進めてきたTIG溶接機用ラックの製作の続編になります。
一回目の話はコチラです。


アルミフレームを使って一旦は組んだものの安定感と見た目のスリムさが自分の中でしっくりこなかった初品がコレ。










一回り年下のバイク仲間から
「固定する金物(ブラケット)に色をつけたらアクセントになってオシャレになるんじゃないですか」

ということで一旦解体し形状と寸法を見直して、ついでにブラケットを黄色にしてみて組みなおしたのがコチラ。








ここからがその続きです。
今まで溶接機のリモコンがなくて電流やパルスの調整がやりやすいようにと姿勢に合わせて溶接機本体の高さが変えられるように油圧リフトテーブルに載せて
使っていました。

今は亡きエイシンESパワーの格安リフトテーブルです。




チェーンブロックを使って載せ換えます。
単管パイプが張り巡らされているのでこんなとき便利です。









できるだけスリムに作ったので結構タイトです。

中古の溶接機って割と傷だらけなのが多くて雑に扱われているように思えます。上に物を置いたりなんてのはよく見かけます。

自分のは貯金して買った大切なものなのでそんなことは出来ません。








小さな訪問者です。









溶接機本体は車輪がついているので、そのままでは滑り落ちてしまうので固定が必要です。
初めは車止めを考えましたがせっかくのアルミフレームなのに芸がないなと思ったのでちょっと違う方法にしてみました。

旋盤でカラーを作ります。







三角プレートを二枚。








三角プレートにもアクセントとして黄色を塗ってやりました。

透明なのはPP樹脂シート。溶接機本体と三角プレートの間に挟んであげて傷防止です。









こんな固定金具です。








溶接機を移動させる際のラックの取っ手を何にしようかと悩みました。

で、以前行った阪急電車のレールウェイフェスティバルの鉄道部品販売で買った取っ手があるのを思い出しました。



長蛇の列。
マニアでなくてもなぜか欲しくなる鉄道グッズ。







売り切れないかとヒヤヒヤして並んだくらい売り切れ御免の連発。








長いのと短いのを買って、こちらは短い方。






一本300円也。安かった。







内製品かどうか分かりませんが、手作り感いっぱいの仕上がりクオリティー。








取り付ける穴を新たにあけるのですが、これがまた硬い。

「ステンレスが豆腐になりました」でお馴染みの「ステンコロリン」。









キリキリキリキリ・・・・
ドリルのキリの引っ掻き音が悲鳴のように聞こえます。








出番がなかったハンドルでしたが、役に立ってくれました。







長くなったので続きは次回に。
ではまた
コメント (2)

スポットクーラー(スポットエアコン)の熱い排気には排熱ダクトが必需品 2

2016-08-09 16:07:41 | スポットクーラーの排熱対策
ご近所の工作友達の方から仕事場で使っていたスポットクーラーが不要になったということで頂きました。








スポットクーラーと言えば排熱処理。
収支は同じなので冷やした分だけ熱い風が出てくるのですが、損失分が足されるのでかなりの熱気が排出されます。









以前、知り合いから借りて一時期使った事があるのですが、屋内で使う時には無視できないくらいの熱風になるので排熱がダクトを作って屋外に逃がすようにしました。
(その時のブログはコチラ

このブログのアクセス解析を見ると「スポットクーラー 排熱」でたどり着く人が一定量いて、使う人は(使おうとしてる人)はみな同じ様に感じてるみたい。







中古を買われたということで少なくても二世代分の汚れが溜まっているので、まずは掃除から。







分解してたら排熱ファンの中からSUS用のTIGの溶加棒が出てきました。
前の前の持ち主は溶接屋さんだったみたい。







パーツクリーナーを吹き付けながらブラシでゴシゴシ擦っても長年溜まった汚れは手ごわくて、ラチがあかないから禁断の丸洗い。
電気系に水がかからないようにして散水ホースでじゃぶじゃぶ水を掛けながら台所用洗剤でゴシゴシブラシ洗いしてやりました。

綺麗になるとスッキリして気分が良いです。







掃除が終わったので一応、試運転。
っと、思ったら動きません。
掃除の時にやらかしてしまったかと一瞬思ってしまいました。










掃除の時にパネルの裏に回路図があったのを思い出したので眺めてみた。
「電源を逆相にすると機械は動きません」ってかいてあった。
いつもちゃんと繋いでもモーターが逆回転するので多分関電が電柱で繋ぎ間違いしてるみたいです。








小さな来店者。









こいつの排熱は天面から出るようになっています。
スリットになっているうち実際の排気口はその2/3ほど。あとはダミー。
スリット部分を全部塞ぐようにして排気ダクトを立ち上げることにしました。
材料は余っていた集成材。切りっぱなしでは何なんで、トリマーで周囲を面取り。








前に使っていたダクトは捨ててしまったようなので、手持ちに少し細めのダクトしかなかったのてツインパイプにする事にしました。
口はホームセンターで買ってきたダクト部材。直径はΦ100ミリ。








パイプがきつめに入るように試し切り。
切った残材が気になる娘。








サークルカッターで開口。








転がしてやるとすごく喜びます、






本体側のダクト。









取り付けは単純に大径ワッシャーをかませて木ネジ止め。
凝る元気はありませんでした。










前に作ったドアの隙間に挟む簡易建具。前のスポットクーラーは下の方に排気があったけど、今度のは天面なので、ダクトに無理ないところ開口。









こちらも本体側と同様に集成材に穴を開けてダクト部材を取り付け。







ただ使わないときとかはこちら側で取り外せるようにと金具を取り付け。








下はアルミ板を曲げて受けにして、上のボタンのロックです。







こんな感じ。
出来てみたらどうって事ない造りで面白みもないですが、それでもたどり着くのはなかなかだったりします。








冷風側のダクトも手持ちの程度の良いものから切り出して交換。
パネルも凹みを矯正しコンパウンドで磨いてみました。

時間ができたら迷彩柄のフィルムでも貼ってみたいです。







最後に排熱について
スポットクーラーについて検索すると排熱について議論されているのを見かけます。
その一つが今回の様な室内の空気で冷却させて排熱を屋外なすると言うやり方についてです。
室内の空気を排出するためどこからか外気を取り込まないと収支が合わなくなります。
隙間から空気が侵入してくれると思うのですが、最近のマンションみたいに気密性が高い部屋だと上手く吸気されず、排気ファンは空を切ってるだけで
仕事をせず、その結果放熱されずに冷房能力が落ちたり、機械に負担が掛かってしまうかもしれません。


外気導入・屋外排気だとそんな心配はありませんが暑い外気で冷却するので効率は悪くなります。

質問サイトを見てるとマンションなんかで子供部屋に手軽にクーラーを付けたいけどどうかとネット民に質問している人もいます。
自分の場合は気密性の悪いガレージなのと外気よりも隙間風の方がきっと温度は低いだろうという事で前者を取りましたが、そんな場合はこういった事実がある事を
知っておく必要があるかと思います。





寅次郎






ではまた
コメント (2)

Windows10へのアップグレード 32bit版から64bit版にできたのが嬉しい

2016-08-05 04:17:21 | ガレージ日記
パソコンの更新に追われ少し間が空いてしまいました。
今日はその話になります。

先月末まで世間を賑わせていたWindows10への無償アップグレード。
OSが無償でアップグレードできることよりも、そのやり方が強引だったり紛らわしかったりしたせいで、悪評の方が目立ってしまって敬遠された人の多いように思えます。

数年前にXPのサポートが終了する際に嫌が応でもOSを更新しなければならず、手間と費用を掛けたことが思い出されます。


あのとき我が家でも家計簿ソフトなどが対応していなくてサブ機をXPのままオフラインで使う羽目になったのですが、今回はメインで使っている
パソコンが同じ状況になってしまったので少し悩んでしまいました。


メインのパソコンは数年前にオークションで買ったショップパソコンですが、それでもCore i7が積まれていて、スペック的には当分は使えそうなのですが、
写真編集用のPhotoshopや動画編集ソフトが入っていて、これらがWindows10に対応していないと困るので悩んだ末に2020年のサポート終了まで
Windows7のまま使い続けることにしました。









踏ん切りを付けたものの心の中は残念感が漂います。

諦めて他のパソコンのアップグレードを済ますことにしました。



XPで使っていたサブ機は、以前Windows7を入れようとしたことがあってOSはあったのでそれを元にWindows10を入れることにしました。
ただ、何かあった時にXPの内容が見れるようにとそのHDDは残しておいて、新しいHDDにインストールすることにしました。

クリーンインストールなのでWindowsアップデートも結構あってすんなり行かないと思ったりしましたが意外と簡単にWindows10になりました。




次のは近くに暮らす姉が使っていた古いThinkPadのT60というノートパソコン。

XPの頃に買ってあげたもので、その後Windows7にして使っていましたが、いつからか「容量が足りない」とか警告がでるようになって、おまけに繰り返し表示されるWindows10の誘いに
慣れない姉は使うことをためらってずっと使っていませんでした。







引き取ってきて確認したらHDDは容量が一杯で真っ赤っか。Windowsアップデートも貯まりまくっていました。
なにがどうしてそんなにいっぱいなのか見てみたら、HDDの容量が40GBと今では考えられない少なさ。

不要なものを整理してもHDDの半分を占領されてしまいます。
時代の流れというやつでしょうか、Core 2 (1.66GHz)のCPUはいつも使用率100%で、更新する意味があるのかとさえ思ってしまいました。


Windows10へのアップグレードはWindows7が最新化されていることが条件だったので必死でアップデートを試みましたが更新の途中で固まってしまって先に進みませんでした。
ひたすら終わるのを祈るように待ち続けましたがことごとく失敗。

ネットで調べると放置していた場合、更新プログラムが多すぎるため何時間もかかってしまうとか、先に更新しておかないといけないプログラムがあったりと
無情に気力が削がれてしまいます。



一週間以上かけましたが結果は同じ。
途中でハングアップして止まっているのか、ひたすら大量のアップデートを行っているせいで進まないのか、それすら分からないので困りました。

低スペックで実用的かも疑問なパソコン。
諦めようと決めても次の日にはやっぱり手立てがないかネット検索してしまう往生際の悪さ。

そんな中、HDDの容量が不足するとアップデートが上手くいかないと言う情報があったので先にHDDの交換をすることにしました。

といってもメーカーパソコンなのでHDDにリカバリー情報が入っていて単純に新品のHDDと交換してもダメかも知れないので、容量の大きなHDDに
丸ごと引っ越し(コピー)する必要があるのではと思いました。


OSを含めてコピーするということを「クローン」と言うらしく、勿論やり方なんて知りません。

どんなソフトがおすすめなのかもサッパリ。これでまた数日情報集め。そうこうしているうちに無償アップグレードも終了が近づいて焦りまくり。


知り合いのパソコンに詳しい人にクローンについて聞いてみたら簡単にできるツールを貸してくれました。

HDDを繋いでボタンを押すだけで後は待つだけ。
おかげで40GBのHDDが1TBになって、アップデートもできて無事Windows10ができました。



このツールに味を占め、メイン機もサブ機もT60の代替えに買った富士通のパソコンも全部クローンを作ってやりました。








期限がせまっていたので複数のパソコンを同時にアップグレードしなければならず、どのマウスがどのパソコンのか混乱してしまったり焦ってばかりいました。







アップグレードについて色々と調べていたら、単にWindows10無償アップグレードできるだけでなく32bitのWindows7であっても64bitのWindows10に
できるとありました。

これまではOSを買うのにどちらか選ばないといけなかったでこれはありがたく思えました。

64bit版は再度クリーンインストールするだけの簡単作業。
無償アップグレード期間内しかできないと思って焦って作業しましたが、いま思えば既にWindows10(32bit版)でライセンス認証されているので
いまからでもできそうな気がします。





せっかくなので32bit版のクローンHDDはもう一度64bit版のクローンにして・・・。

ちなみに2TBのHDDをクローン化するのに7時間くらい掛かかります。



そんなこんなで何とか全てのパソコンのアップグレードが終わりました。
評判が悪かったWindows10への無償アップグレードですが、自分としてはありがたいと感じだ次第です。
ではまた。



コメント (2)

センサーライトの利便性と待機電力と電気代と

2016-07-12 04:02:15 | ガレージ日記
電力会社のサイトで電気の使用量が見れるようになって随分電気が身近になった気がします。
特に時間帯別の使用量を見てると使用量が多い時に何を使っていたのかとか、夜中でも地味にずっと流れている電気って何なのかと考えたりするようになりました。

調理の時間帯に使用量が跳ね上がるのは仕方ないとして、昼夜関係無しにずっと使われている電気は「チリも積もれば」ではないですが、こういったものの方が
電気代に効きそうな気がします。



通路や入口の照明は暗くなると点けっぱなしにしていたので2年くらい前に蛍光灯から蛍光灯型LEDに換えました。(コチラがそれ)
これが以外と明るく、電気の使用量なんて見るようになったら「こんな明るくなくても」とか、「必要な時だけ点いてくれたらいいのに」なんて思ってしまい、
人感センサーが付いた直管タイプの蛍光灯型LEDを買ってみました。






こんなものが出る前はホームセンターで売っている屋外用のセンサーライトを廊下に付けたり、トイレの換気扇を繋いだりしていました。







で、このセンサーライトですが何年かすると何故か決まって点きっぱなしになって壊れてしまいます。

ネットで検索すると似たような故障の話が書かれていて、リレーの接点がくっついたままになるのでリレーの交換して直したというのをよく見かけた。

トイレの換気扇に繋いでいたのは98%くらいの確率で動作不良を起こしていたので手動で入り切りしていたのですが時折正常に動作するときがあって
作動の様子を見てましたが、ウチのはリレーの制御がダメみたいで、ネットの症状とはちょっと違っていました。


長い間ごまかしながら使ってきましたが、どうせなので見てみる事にしました。


手元に同じのが2台、どちらも壊れ方は同じ。基板を取り出すと基板の一部が変色していて、うち一台は焼けた原因であろうダイオードが基板からパターンごと外れていました。

半田付けし直してみましたがダメ。
電源系とセンサー系の基板の組み合わせだったので二個一(ニコイチ)とかしてみましたがやっぱりダメ。
焼けた所は通電すると少し発熱していました。









外見は少し違うもののセンサー部の形が同じものがあったのですがコチラも通電するとセンサー部がほんのり温かい。
どうやら回路設計がよろしくないみたい。

電気暖房が電気代が掛かるのと同じで電気回路で発熱するというのは効率の良いものではありません。
センサーライトで省エネとか言っておいて待機時に発熱したらアカンやんということで、待機時の電流を測って見たくなったというのが今回のお話しです。





約30mA。
ということは3W。

電気代の掛かるハロゲンランプを使っていた時代なら気にもならないような数値かもしれませんがLEDの消費電力が5Wとか10Wの時代なので
無視できなくなってきていると思います。





こちらは昔に買っておいた同じようなセンサーライト。
ハロゲンランプでは電気代が掛かるので代わりにLEDランプを付けてみました。







待機時の電流値が約24mA







点灯時は100mA程度ですが、人感センサーの電流が乗っかかってるのでLEDの消費電力はそれをさっ引いた値になります。







こちらはトイレに付けている照明器具。
スリムタイプの蛍光灯が付いていて形もちょっとこじゃれていてます。
待機時の電流がコチラも約30mA。
AC100VをDC-Vに変換するための電源効率が一昔前はこんな感じだったのかもしれません。








点灯時は約500mA。ここまで来たら0.5Aと表現したほうが正しい気がします。
裸電球と比べて電気代が安いと言われていた蛍光灯もそれも今は昔。








センサーライトを換気扇の作動に使っていますが、こちらは約200mA。
これも待機時の電流が乗っかっての数値。







冒頭で紹介した人感センサー付きの直管タイプのLED型蛍光灯の待機時の電流は約10mAとさすがに低くなっていました。
消費電力が下がって電源回路が電気を食ってしまっては元も子もないといことで最近のスイッチング電源はその効率が90%くらいまでよくなっているとありました。



古いセンサーライトも頻繁に人が行き来する場所や、消費電力が大きな機器を制御するなら待機電力が少々高くても、まだ恩恵はあるように思えますが、
トイレなんかで動作回数が限られると、待機電力が消費する電力になってしまうなあと思った出来事でした。

大した話でもありませんがLED照明が実用的になったのはすごいなあと思います。

ではまた。





コメント

寅次郎と吹田操車場跡地の公園 放置された0系新幹線

2016-07-05 01:49:58 | 日記(家族)
GW明けに調子を崩していた寅次郎。
あれから一ヶ月半。
食べれるようになってウンチもしてくれて少しホッとして日々を送っています。

先々週の週末に一ヶ月経ったという事でまた病院に連れて行ってきました。

貧血は回復したという事で投薬はお終い。
膵臓の数値が少し高い結果となりましたが経過観察で取りあえず次は二ヶ月後にまた検査という事になりました。
歳が歳だけに全てがスッキリとは行きませんが、病院に行く間隔が長くなるのはちょっと嬉しく思えてなりません。








休みの日に久しぶりにフェニックス二号の前カゴに寅次郎を乗せて公園巡りに出掛けました。








吹田操車場跡地

昔、ここにあった操車場が大阪駅近くに梅田貨物駅として移転しましたが、大阪駅前の再開発でまたこの地に帰って来ました。
貨物の行き先仕分け用にと何本も線路があったので結構な広さがあります。

仕分けで使われていた線路は整理され余った土地は吹田操車場跡地開発として国立循環器病研究センターの移転先となったり、市民病院やマンション、公園が作られる
計画らしいです。
実際には公園がポツリポツリとできただけで、更地がほとんど。中には遺跡調査中の看板が出てたりして先は長そうです。


そんな更地にポツンと置いているのが0系新幹線。








当初は鉄道博物館を作る予定もあったらしく、平成20年12月に最終運行を終えた車両を福岡県の博多総合車両所から約2700万円掛けてここに
運び込んだそうです。
その後、市長が変わったり、跡地が博物館でなくて病院になってしまったりで計画は立ち消え。
それから7年間、ここでシートを被せられて放置状態。









吹田駅の手前の小さな公園。
鉄道がらみの公園だからか遊具はやっぱりSLの形。








遊具に付いている押すと鳴る笛の音は、電気機関車の汽笛の音そっくり。








最近流行のフワフワの遊具と思いきや、弾力の無い硬質ウレタンのような硬さ。面白味が無く残念。








GWに再会した鎌田ファミリーさんから寅次郎にとドッグフードを頂きました。
娘にもおやつが入っていました。











かわいいケースが気に入ったようでうれしそうにはしゃいでいました。









食欲が増すようにいろんな味の低カロリーなレトルトの餌。
この日はお肉が入ったやつ。ゆでた芋と一緒にあげたら喜んで食べてました。








鎌田ファミリーさん、ありがとうございました。
いまは、元気にしていてくれていて、一人で寝てると思ったら、なにげにやって来て横で寝たりしています。





犬の1年は人間の4年と言います。
それは4倍のスピードでいろんな事が起きるということでもあります。

後で悔やまぬように、今はそれだけです。





コメント (6)

ポリテクセンター関西「金属熱処理実践技術」で鉄の熱処理の勉強

2016-06-28 12:36:08 | ガレージ日記
今日から3日間、ポリテクセンター関西で金属の熱処理の勉強をします。








「焼入れ」、「焼鈍し」
名前くらいしか知らない世界なので勉強したいと思っていました。







座学だけでなく実習もあるのでこの先の工作ライフにも役立つかと思って参加しました。








金属の変態(変質者の変態ではないです。金属に熱が加わる事で組織が変化することです。)についての講義ですが、
分からないものの一人で本を見たときはさっぱりだったのが人から説明してもらえる分だけ理解しやすいです。






今日は座学ばかり。明日から実際に鉄を加熱して焼入れしたり、削って焼きの入り具合とかを実践します。

ではまた、

コメント (2)

寅次郎14才 がんばれ  私50才 がんばらんと 明和池公園

2016-06-16 05:30:18 | 日記(家族)
GWが明けて一週間ほどたったくらいから寅次郎の様子が変になりはじめ、全然元気がない日が続きました。

散歩に行っても腰が抜けたように急にへたばってしまったり、家でもほとんど動かなくなってしまいました。

オシッコも散歩の時間まで我慢できなかったのか、知らない間にガレージでしていたりと加齢に伴う事とも思ったのですが、餌も食べようともせず、
散歩に行ってもウンチすらしなくなりました。


寅次郎も14歳。人間で言うと70歳代。
生き物が食べ物を食べなくなるというのは命の終わりを意味していて、何があってもおかしくないと頭の片隅にいつもそれがあります。



これまで丸一日食べないことはあったのですが、さすがに三日続いたため動物病院に連れて行きました。

診察の結果、心臓はまだしっかりしていると言われましたが、血液検査で貧血がひどい事が分かりました。
数値的に高いものはあるけれど重篤なものは今はないということで貧血の薬と食欲を増進させる薬を処方してもらいしばらく様子を見ることになりました。

食欲が無い話をして何か良いドッグフードがないか聞いてみましたが、食べたい物を見つけてそれを食べさせてあげてくださいと言われました。


知り合いの夫婦がそんなとき、一生懸命餌を作って与えていたのを思い出しました。
自分達には真似できないほど献身的だったのを改めて深く思わされました。



とら母がササミや牛の赤身をゆでたもや、ヨーグルトやカボチャ、ブロッコリーなどを作ってくれて食べさせました。
今は少し体調も良くなって、散歩にも行けるようになりました。

歳をとって後ろ足の脚力も衰えているので、昔みたいに走り回ったりはできませんが、それでも一緒に歩くくらいのスピードで散歩ができて、我が家も少し暗い雰囲気を脱しました。



近所を走るJRに貨物のターミナルがができて、線路の一部に公園ができたのですが、電気工事やGWの準備で忙しかったり、寅次郎のことで行けずじまいでした。



寅次郎も一緒に散歩できるようになったので、みんなで行ってみました。

狭くて低いガードを抜けないと行けなくて、まさに「家を建てたけど玄関作り忘れた」みたいな感じです。








自分達が小さい頃、ここには元々貨物の操車場がありました。
この辺りが少し高くなっていて、後ろから電気機関車が押してきて、頂上で行き先別にポイントを切り替えて貨車を切り離し仕分け作業をしていました。
夜中まで作業があって、周辺から苦情があったみたいで、随分前に新大阪に移転しましたが大阪駅周辺の再開発でまたこの地に帰ってきました。







一番あったときより2Kgくらい痩せて今は15Kg。

なでるたびに感じる骨の感触が切なくなります。







千里丘駅、岸辺駅、吹田駅の3駅にまたがって線路沿いに歩道ができて、公園となったこの辺りには公園を抜けるように遊歩道が付いています。









3駅間の距離は約3キロちょっと。










寅次郎ととら母、とわねを公園で遊ばせている間、遊歩道がある区間をランニングしてみました。
距離にして6.5km。

私も先日で50才になりました。
週二回のランニングは今も続いていて、昔は家の近所を走っていたのが何年か前に吹田の万博外周になり、今は会社の前の池の周りを走るようになりました。

気持ちが弱くなって家に帰ってから走り出す事ができなくなって、会社の帰りがけに万博に寄っていたのが、やがてその気持ちも折れて
テンションが下がらないうちにと言うことで会社の前に変わってしまいました。

自分にとって走るというのが好きでもなくて、楽しいものでもありません。

ただ一つくらい、つらいことをしておいた方が精神修練になるかと思って、です。








寅次郎を洗ってやりました。
少しちっちゃくなった気がします。
オッサンですが顔を見ると可愛いと感じてしまいます。








ときどきこうやって三人で昼寝しているときがあります。
家族です。







暑くなってきてコンクリートの床が気持ち良いみたいです。







寅次郎も14才でがんばっているので、自分もがんばらないとと思います。
のっそり動く寅次郎であっても、いてくれるだけでありがたいです。






このひと月はちょっと落ち着かない日が続きました。
ではまた
コメント (11)