ととろサンのひとりごと

【観たり聴いたり旅したり】からこちらへ。日々の生活、旅する心、アメリカ滞在のつれづれを書き綴っていきたいと思っています。

入梅はしたけど・・・

2017-06-16 10:39:39 | 日々の中で

なかなか雨が降りません。豪雨は困るけど程よいお湿りを、田畑の作物も草木も待っているのですが。花菖蒲や紫陽花にしとしと降りしきる雨の風情を味わいたいなと思って、庭先の明るい空を眺めています。

  

でも・・・さっき青蛙ちゃんが鳴いていたなあ。そろそろ一雨来るのでしょうか。我が家にも小さな蛙達の家族が住んでいるようですが、姿は見せません。晴天ばかりだと生存大丈夫かしらと心配になります。鳴き声がするとほっ。

先日うっかり二階の寝室の窓を開けたまま、ブラインドをおろして就寝。夜中に「なんだか寒いなあ」と思いながらもそのままトロトロ。明け方ほんとに寒くなって目が覚めました。くしゃみ連発。なんとなんと、たったそれだけで寝冷え風邪を。これがすっきり治らなくて、ひどくはないけどまだ引きずっている次第。やっぱりトシですねえ。抵抗力・回復力がぐんと落ちてるなあと自覚せざる得ません。このところ大人しく休養中?です。

5月は大分アルゲリッチ音楽祭(小澤征爾の指揮で。ベートーベンピアノ協奏曲第一番)などを聞いて至福の一泊旅。そのあと、マイルが一人分貯まっていたので、ご隠居さんのお許しを得てお江戸一泊。歌舞伎座【5月團菊祭】へ。歌舞伎好きな若いKさんと。彼女は染五郎の【氷艶 HYOEN 2017 破沙羅】も観るとのことで一日早く上京。歌舞伎座近くのホテルは一緒に。趣味が同じな人との行動は楽しいですね。

 

(飛行機の窓から見る富士山は、やっぱりひときわ高く美しい。まだ残雪が山肌に残っていた)

染五郎さんはアイデアマン(本人は”妄想の人”というが)企画・演出で、高橋大輔・荒川静香はじめ第一人者のスケーター達が歌舞伎役者と氷の上で競演というもの。役者さん達は大特訓で大変だったらしいが。氷の上で六方を踏む・・・ディズニーショーに触発されてとか。成程。役者さん達も色々チャレンジしたい世代なんですね。

最近菊之助さんが立役を演ずることが多くなった。まだ女形を観たい!というわけで。團菊祭、菊五郎さん中心に音羽屋一門の舞台は役者の層も厚く、昼・夜ともに充実の舞台でした。坂東家の四代の襲名披露も、合わせてあり、九代目彦三郎さんの息子六代目亀三郎クンのハキハキした口上も見事、菊五郎さんの孫眞秀クンのお目見えもあって、二人のかわいらしさに観客席も盛り上がっていた。ちなみに同行したKさんは、新・彦三郎さんごひいきで後援会にも入っている。(私も新・彦三郎、新・亀蔵の兄弟、以前から”いいなあ”と思う役者さん。行儀がよく所作が涼やか、口跡爽やか。だけどちょっと控えめすぎな感じだったが、襲名を機にもっと大きな存在感を持ってくることを願っている)私は音羽屋後援会の人からチケットゲットしてもらったので、今回は二人ともとても良い席で。幸せだなあ…のひとときでした。(詳細なことは歌舞伎ブログにいずれUP・・・つもり)

  

歌舞伎座のすぐ近くにある【松竹大谷図書館】(松竹系の演劇のことなら資料が)に立ち寄り、ちょっと調べ物を。ここはカード式なので司書の方に。調べて関連資料を出して下さる。コピーなどをお願いしてもとても親切。来るたびにちょっと立ち寄って楽しむ。早稲田演劇図書館や国立図書館にも行きたいがなかなか機会がないので。

 

(空港の中をウロウロするのも結構

楽しいものです。旅をしているエトランゼ的気分になって。私も妄想の人か??)

5月お江戸行きのあとは、6月はいよいよ博多座本格的な古典歌舞伎の月となります。

楽しみだなあ。歌舞伎は年に2回位しか上演がありませんから。貴重な月です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 重宝しています・・・優れも... | トップ | 麻央さんの訃報に・・・ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早う御座います(^^)/ (mituru)
2017-06-17 05:45:12
ととろさん、お早う~飛行機からの富士山とても綺麗ですねぇー♪
歌舞伎見物、東京での時、ととろさんの笑顔を想像して長良拝見しました。
楽しんだ様で良かったですね(^^)v 風邪,,疲れている隙間から
入り込んで 来るって言うから治りかけでも充分気をつけてね。
懐かしい東京 (英世)
2017-06-17 07:18:47
おはようございます。
雨は来週まで待たなければならないようですね。関東では大きな雹が降ったというのに。
東京は単身で10年間住んだところで、私の大好きな街です。
浅草、両国界隈を歩き廻っていた時のことが思い出され、今すぐにでも飛んでいきたい街です。
残念ながら歌舞伎や演劇に疎いので、話についていけませんが。
追伸 (英世)
2017-06-17 07:20:23
明日は大宰府吟行で、菖蒲池や博物館横の湿地、光明禅寺にも行く予定です。
富士山大好きな私です。 (ととろ)
2017-06-17 07:23:37
mituruさん、お早う♪

富士山眺めるの、大好きな私(登ったことはないの)
飛行機に乗るときは、富士山の見える側の席を
ゲットします。でもいつでもバッチリみえるわけでは
ないですね。角度や天気で。
東京ではニアミスでしたね。今度ゆっくり滞在
出来るときは、また会いたいですね。

風邪は…治りかけているんだけど、なかなか
すっきりしません。今朝の伊豆は、波も静かで
奇麗な海でしょうね。
 ああ、海見たいなあ・・・。
今日も穏やかな一日でありますように。
(今の日本の情勢、なんだか怖いです)
いつも、有難うございます (wacky)
2017-06-17 14:31:50
ととろさん、こんにちは。
お風邪、まだすっきりなさらないご様子、早く、治ると良いですね。
梅雨らしい梅雨ではないけれど、体調にいろいろ影響あるのかもしれませんね。
どうぞ、お大事になさってください。

歌舞伎へのととろさんの愛が、いっぱいつまった文。
私も対象は違うけれど、良くわかるような気がします。でも、ととろさんには負けちゃいそうです。

昨日、押尾さんの川崎公演に行ってきました。
友人たちと入り待ちすること数時間、押尾さん到着。押尾さんひとりひとりと丁寧に握手され言葉を交わしてくださいます。
コンサートの席、最前列中央、前に観客がいないとまるで二人だけの世界みたいでした(ありえないですが・・・)
出待ちはしたのですが、残念ながら、バス時間に間に合わないので泣く泣く会場を後にしてまいりました。
次は東京公演があるのですが、入り待ち出待ちの出来ない国際フォーラムです。
何となく、ツアーが終了してしまったような寂しさを感じております。

ととろさん、いつも、有難うございます。



これから入梅 ()
2017-06-19 16:46:21
降りませんねぇーと言っていたら明後日頃から雨が始まるみたいですね。
本日はもう真夏みたいな気温です。
アジサイが首を垂れています。

日本一の富士の山を見ながらお江戸の歌舞伎を観に行ったんですね。
子役さんもあんなに小さい内から舞台に建つなんて驚きですね。
この様にして名優が生まれて来るんですね。

すっかり楽しまれて今度は本拠地でゆっくりと堪能して下さいね。
それまでに更に風邪など引かない様にして下さいね。
お大事に!!
大津様、太宰府吟行でしたか。 (ととろ)
2017-06-20 15:55:47
大津様、雨が降らず気になっておりましたが、
先ほどから少しパラついてきたようです。

東京勤務なさっていたので、お詳しく、懐かしいこと
でしょうね。

18日は太宰府吟行でしたか?
まだからからに晴天で、菖蒲池などには
しとしと雨が降ると風情が良かっただろうと
思うのですが。
Wackyさん、楽しい時間が過ぎると・・・ (ととろ)
2017-06-20 16:00:50
Wackyさん、川崎公演、行けて何よりでした。
押尾さんのコンサートや笑顔やトークに
元気を貰えたことでしょう。でも終わると
寂しくなるって気持ち、確かにありますね。

次は【国際フォーラム】ですか。
楽しみですね。
私はブロードウエイ・ミュージカルの【シカゴ】をお位フォーラムで観たことがあります。
大きな会場ですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL