ととろサンのひとりごと

【観たり聴いたり旅したり】からこちらへ。日々の生活、旅する心、アメリカ滞在のつれづれを書き綴っていきたいと思っています。

山笠終わって・・・。

2017-07-16 16:30:38 | めいのアメリカ便り

昨日15日の早朝の【追い山】で15日間の「博多祇園山笠」が終わった。太宰府にいると「山笠はどこでやっているのだろう」・・・・他所事のように思えるが、TVや新聞で山笠関係のニュースや記事を見ると、やはり落ち着かなくなる。物心つく頃から慣れ親しんだ祭りだからなあ。

13日博多座に行った日が丁度【集団山見せ】(曳き山が博多部から那珂川を渡って、一度だけ福岡部に入る)だったので、芝居が始まるギリギリまで、博多座前で【流れ】がが中州大橋に向かうのを見送った。【勢い水】がかかるとパッと身体から湯気が立ち上る。ゆっくり走るときはオッショイ、駆け抜けるときはオイサと掛け声も違う。何はともあれ、私にとってやっぱり山笠は胸躍る祭りである。

 

  

・山笠の起源・・・諸説あるが、一般的なのは1241年(仁治2年)承天寺の開祖、聖一国師が博多で流行った疫病退散を願って人々の担ぐ輿に乗り、祈祷水を撒きながら博多の街を巡ったというのが始まり説

・ゆっくり担いでいた山笠が今のような駆け抜けて、最終日には速さを競うようになったのは、江戸時代になってからだという。現在は中州流れはじめ、七つの【流れ】がある。

・7月1日から15日迄半月の間、博多の街のあちこちに「飾り山」(博多人形師の手になる)が、今は14本立つ。祭りが終わると一斉に壊されてしまうというのも、博多っ子らしい潔さ。

 櫛田神社の神紋のある【祇園饅頭】は、山笠の時だけの期間限定のお饅頭で、やっぱり毎年買ってしまう。今は二つの店舗で作られているが、私はやっぱり博多の老舗石村萬盛堂サンのを。冷たいお抹茶には、濃い餡のお饅頭が良く合うように思う。

山をかく(担ぐこと)男たちの熱気が、活力が、豪雨の被災地の復活に向けて力強い応援となった気がする。日本には各地にこういう神事、祈りを込めた祭りがある。世界でも珍しいことだと思う。いつまでも継承されることを願いながら、TVで追い山見た私でした(行くだけの体力がないなあ。それに昔と比べると観光客など見物が多すぎて)

山笠が終わると夏が来る・・・今年は山笠前からもう猛暑。太宰府は昨日35度超えた。多分今日もそのくらいまで気温は上がるだろう。山に囲まれているからだろうが・・・暑いなあ。その暑さの中で、消防や自衛隊やボランティアの方達が、災害地で頑張っていらっしゃる様子に、ただただ、頭を垂れて感謝するのみ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天災は避けられないというも... | トップ | 体調保持に【早朝散歩&スム... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい祭、いつまでも! (わさび)
2017-07-17 02:09:48
可愛い締めこみ姿はお嬢ちゃんでは?
お饅頭も美味しそう!
天満宮で食べたお饅頭を思い出します。
こんな素晴らしいお祭りが残っている博多の街が羨ましい❗❗
夫婦円満でしょうね
熱気 (英世)
2017-07-17 08:59:16
おはようございます。
山笠の熱気が収まったら今度は本物の夏の熱気ですね。暑いと言うものではありません。
家中の硝子に遮熱シールを貼り、ベランダには簾をかけて対処していますが、それでもだめです。
いつもは別々の部屋で過ごす家内とも、この時だけはエアコンの効いた一つの部屋で。電気代節約です。
お祭り、良いですね! (wacky)
2017-07-17 10:16:50
ととろさん、こんにちは。

お祭り、それぞれの地域の特色がありそうですね。
ここ数年?十数年?お祭り行ってないなあって、羨ましい思いでブログ拝見いたしました。

鹿島の方では、年2回位、大きいお祭りがあるのですが・・・

石村萬盛堂さん、どこかで聞いた事がと思いましたら、鶴乃子で有名なお店ですよね?
冷たいお抹茶にお饅頭良い感じです。
歴史の古さ、感じます。

暑い夏、お体、ご自愛くださいますように。
この暑さの中、通院、大変でしょうがお気をつけて。
押尾さんコンサート (wacky)
2017-07-17 15:21:06
ととろさん、ここに書かせて頂くこと、有難うございます!!

7月14日私にとっての押尾さんツアーファイナル行ってまいりました。
長ーい、長いツアーでした。
2月4日新神戸からスタート!今月22日まで続くツアー
2月25,26日にはととろさんのお住まいの福岡公演
ととろさんご夫妻に行って頂いて、とっても感謝してます。きっと、いつも聞かれてるギターとは全然違っていて、ある意味度肝を抜かれた、ある意味新鮮なコンサートだったことと思ってます。本当に有難うございました。

私が参加したのは、日立、柏、宇都宮、川崎、いわき、東京。
その中で、日立、柏、宇都宮、いわきは夫の運転で参加。
運転より大変だったのが待ち時間!
入り待ち5時間、出待ち2時間。本当に、感謝してます。
そして、この公演中、宇都宮では、大学時代の友人と10年ぶりの再会、コンサートも共に参加。
川崎では、自分回帰の旅、学生時代を過ごした町へいってまいりました。
そして、ファイナルが東京。セットリストは、何時もと同じ。でも、さすがに大会場。音響、照明が違いました。特に重低音がよく、アップテンポの曲が最高!!勿論、アンコールのバラードもしっとり。
押尾さんの目に涙・・・
聞いている私たちも・・・
「愛してる!!」の言葉、効きました!!

そして、終演後のお見送り
駐車場出口で待つこと2時間。
「ゴーッ!」という音共に機材の車、ツアーバスが出庫、その後の車に押尾さん発見!!
100メートル程離れた交差点、信号が黄色から赤。
走れば間に合う
みんな、走りました。車の中の押尾さんと会話を交わせました。
そして、走り去る車に最後までお手振り
車が見えなくなった瞬間、私、泣き崩れてました。
コタ友が支えてくれました。

(本当に、長々と駄文、ごめんなさい!!)
東京で私のツアーは終わりました。
でも、今日も山形でコンサートがあり、あと、青森、北海道で終わります。
今、とっても寂しいけれど、12月のスペシャルライブ目指して歩いていきます。

最後に、夫、家族への感謝忘れないようにします。
ととろさん、いつも、有難うございます。
Unknown (とり)
2017-07-17 21:25:54
ととろさん、大変な災害でしたが、ご無事そうで何よりでした。
それにしても大勢の方がお亡くなりになり、大変残念なことでした。
このところ九州は雨とか台風が大変そうですね。

山笠は15日間もやるんですね。
山笠が終わり、いよいよ梅雨も開けて、本格的な夏到来ですね。
今日は全国的にも暑い一日だったようで、ととろさんもお体に気をつけて、暑い夏を乗り切ってください。
山笠は歌舞伎より歴史が古いんですよ。 (ととろ)
2017-07-18 09:58:54
わさびさん、スマホうまく使いこなせているみたいですね。
もともとパソコンなどにも強いから。
昨日は我が家のPC一日中ネットが繋がらなくて。
さっきご隠居がケーブル会社に電話して
あれこれ操作していたようです。
一応繋がるようになったので、改めて
後日来てチェックしてくれるとのことです。
私はさっぱり解りません。

そうです。女の子も出ています。子供たちの締め込み法被姿はほんとに可愛いです。
 嬬恋は22,3度とか。避暑に最適ですね。
リフレッシュして下界へお戻り下さいね。
大津様、近年の暑さは・・・ (ととろ)
2017-07-18 10:03:40
大津様、山笠が終わったら本格的な夏の到来だったけど、今はもう早くから猛暑ですね。
昔は高くなっても30度位まででしたのに。

地球の自然、気候、気温随分変わってきています。
海の温度もあがって、サンゴの白化現象など。

我が家は二階の寝室、ツインベッドですが、
夏の冷房は体感温度が違うので、
夏だけ私階下で寝ようかななんて思ったりも
しております。大津様の所と逆ですね。
Wackyさん、山笠の歴史は古いです。 (ととろ)
2017-07-18 10:13:23
Wackyさん、とりあえずご隠居がケーブル会社に
電話して色々機械をあれこれして、何とか
ネット繋がりました。最近こういう事態が多いので
後日来てチェックしてくれるそうです。
わさびさんなどは、詳しいけど、私は
パソコンの機能というか接続機械のことなどは
全く無知でして。娘やご隠居頼りです。

石村萬盛堂さんは、博多のお菓子の老舗です。
そうそう、このブログの前の所に
「さいふまいり」という本の紹介をしましたが
その著者がこの萬盛堂さんの娘さんで、
太宰府歴史の第一人者お子さんたちを育てた後で、
九大大学院に。学士号とられました。
私より年は若いけど、さわやかで明るい素敵な
人柄で、私とも歌舞伎など一緒に観に行ったりもしています。
 日本には各地にいろいろな祭りがありますね。
大事に継承していくべきだと思っています。
Wackyさん、押尾さんレポート気持ちが伝わってきます。 (ととろ)
2017-07-18 10:31:57
Wackyさん、押尾さん、全国ツアー数が多くて
大変でしょうが、福岡でもとても爽やかで音色と技術(というのでしょうか)素晴らしかったです。
度肝を抜かれるより新鮮で良かったですよ。
好きだないいなと思う曲も幾つかありました。
舞台では人懐っこい、お優しい人柄が伺えました。

Wackyさんも頑張りましたねえ。6回、それもそれぞれ
会場が違うから。でもそれが貴女の明日への活力となるのよね。他のフアンの人達も。

若い友人達もそれぞれミュージカルが好きな人は、あちこち遠征しています。
 ファイナルの東京は確か私がブロードウエイミュージカル【シカゴ】を観た会場だと思います。
最後を飾るにふさわしい会場でしたね。
 出待ち・入り待ちも出来て、自分回帰の旅も。
懐かしい友人にも会えて。ほんとに良かったですね。
車を追っかけているWackyさんの一生懸命な
姿が目に浮かぶようです。言葉も交わせて、
もういうことはありませんね。全てをやりつくして
フアンとして悔いがありませんね。貴女が心に宝物を
貰ったツアーコンサート。
 待ち時間にも付き合ってくれたご主人様に
感謝・感謝ですね。

 12月のスペシャルライブの日まで、今回の
想い出を反復しながら、佳い日々を心豊かに
お過ごし下さいね。
とりさん、近年の災害多発で・・・ (ととろ)
2017-07-18 10:43:32
とりさん、ほんとに凄いことでした。この暑さの中で
ボランティアの皆さんが頑張って片付けしていらっしゃる
様子にウルウルしてしまいます。
 陶器小石原焼の窯元被害の処へは、
博多人形師の方達が、同じ伝統の物作りとして
知らぬ顔はできないと駆けつけて泥土の中で。
援助してもらったからと熊本からの沢山の
人達がお返しにと駆けつけて。

情を大事にする日本人の心健在なりと
感じさせられることが多くて、また涙しそうになります。
それにして・・・ほんとに次々・・・大きな災害が続きます。地球の自然や気候・気温の変化は激しいですね。

コメントを投稿

めいのアメリカ便り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL