ととろサンのひとりごと

【観たり聴いたり旅したり】からこちらへ。日々の生活、旅する心、アメリカ滞在のつれづれを書き綴っていきたいと思っています。

豪雨続いて9月が終わる。

2016-09-29 15:26:31 | 日々の中で

9月30日

一昨夜からの激しい雨足が少し落ち着いて、今朝は初めての山茶花が開いた。ほのかなピンク、ちいさな雨のしずくが光って楚々とした乙女の風情、早速一輪挿しに。

 

24日には、月下美人が今夏最後の大輪の花を5輪みせてくれた。ご隠居と二人で楽しむには、勿体ないような銀白に輝く美しい花、柔らかな馥郁とした香りが部屋に漂う。月下美人が終わるとほんとに夏と決別した気持ちになる。アメリカの娘のところでも、やはり最後の花が開いたそうだ。

いつも新鮮な家庭菜園の野菜を持って来てくれるYさんが、今年初めてのコスモスを沢山抱えて来てくれた。彼女のところはご主人のご両親の代は田圃をなさっていたそうだが、今は家庭菜園。広すぎるので半分はコスモス畑。花が咲くころになると白・ピンク・臙脂などのコスモスが、風に揺れて・・・秋桜大好きな私は、眺めるだけで気持ちは乙女??に還ってしまう。

ご隠居が散歩のお土産に抱えて来てくれた、ススキと一緒に、いつもの紹興酒の甕に挿す。古びた我が家の玄関が秋の風情に包まれる。玄関の上がり口には、これまた友人から貰った【苔玉】山野草の【イワシャジン】が可愛い薄紫の花(何故か私のカメラで撮ると紫が青い色になる??何故だろう??)を恥ずかしげにうつむきながら、開き始めた。

ささやかな・・・・私の秋色・・・

  

長い酷暑の夏に身体がついていかなくて、冴えない夏ではあったが、それでも9月には体調に気を付けながらも、少しだけ好きなことを楽しめた。

 ・ミュージカル【エリザベート】博多座。

   出演者たち、演出、舞台装置、衣装、オーケストラなど、素晴らしかった。楽しい時間でした

 ・歌舞伎【秀山祭九月大歌舞伎】歌舞伎座。

ご隠居が『マイルが貯まっているから、歌舞伎観に行こう』と。

夏以来私の気持ちがちょっとダウン気味だったので、好きな歌舞伎を観れば活力取り戻すかな・・・と思ったらしい。『ただし、今回は歌舞伎座だけの直行・直帰だぞ。付き添って行くから』とも。1人でも大丈夫とは思ったけど、ご厚意有難くお受け致しました。歌舞伎座まで徒歩2,3分のところのホテルを予約。今回は横浜の長女宅まで足を延ばさず、涼しくなったら改めて孫達には、会いに行こうということで。

いつもでしたら、折角上京したのだから、他の劇場も、友人にも会ったりとつい欲張ってしまう私ですが、今回はご隠居の言葉の儘、大人しく(笑)従った次第。

 秀山とは初代吉右衛門の俳号(昔役者さんは俳句を嗜む人が多く、俳号を持っていた。現在でも俳号を持っている役者さんはいる)。初代の芸を継承し、顕彰して始まった。今年で10周年。現在の二代目吉右衛門さんとその一門を中心の舞台だ。

 吉右衛門・玉三郎・魁春・染五郎・菊之助・松緑・又五郎・錦之助・弥十郎・亀蔵サン達に、隼人・梅枝・米吉クンなど若手が加わり、老練な脇役の役者さんも多く出演、演目も【吉野川】はじめ興味深いものが並んでいた。

詳しくは(新)歌舞伎観たまま・感じたまま に。

 ・古都太宰府 光の祭典  など。

★9月20日、台風16号直撃、ハラハラしながらも空港へ。飛行機飛びました。名古屋あたりで台風追い越して(揺れました)知人のお蔭で購入できたチケット、無駄にならなくてほっ。

 

一面の雲を抜けると、上空は青空。台風?と思う程でした。羽田空港は相変わらず人・人。

 

  

 間もなく・・・幕が開きます!              歌舞伎座横になるお稲荷さん。

★ 9月25日 太宰府 光の祭典。

カメラ忘れて。(西日本新聞記事拝借) 広い都府楼史跡の、LEDを使った折鶴が素敵でした。幼稚園や小学生たちの作品も。市民や大学生達ボランティアの方達、有難う!と言いたい素敵な【光の祭典】でした。夜のとばりの降りた中での光の芸術、幽玄の世界でした。

 

  

明日はもう10月。秋たけなわ。今夏の猛暑で野菜は驚くほど高くなったが、果物は無花果・葡萄・梨・栗など、どれも美味しい。果物にはあの暑さが良かったのだろうか。10月秋色に染まる季節。一番過ごしやすい時期到来だ。どこかでほっとしている自分がいる。今夏は体調充分じゃなかったからなあ。10月は元気に過ごしたいものだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな集まり(九博ボランテ... | トップ | 10月 爽やかで穏やかな秋日... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幻想的 (英世)
2016-10-01 08:14:32
おはようございます。
体調はいかがですか。
綺麗なと言うより爽やかな花と灯りの饗宴に秋を感じます。
10月は私の最も好きな季節です。野に山にそして吟行にと大いに外でを楽しみたいと思っています。
コスモス (wacky)
2016-10-01 09:09:00
素敵なお花が一杯!!
私も、コスモス大好きです。
(臙脂が読めずに検索…恥ずかしい・・・)
女性うけするお花なのかしら?
今月、体調良ければ、ひたち海浜公園に見に行きたいです。

いろいろ観劇お出かけされたようで、良かったですね。

芸術の秋、10月もいろいろご予定あるのかしら。

これから、寒くなって来ます。
体調管理にお気をつけて、お過ごしください。
ととろさん、こんにちはー(^^)/ (mituru)
2016-10-01 10:21:56
9月はイッパイ楽しいこと出来たようで良かったですね。
東京にも出かけて来られたのね。何かホッ―です♪
夏じゅう、プログも休んでいたし身体の事、足の
その後、大丈夫だろうかと心配してました..
綺麗な山茶花を有難う―早いですね。まだ未だ
季節の変わり目、気候変動激しいですから御自愛下さいね(*^-^*)
大津様、10月秋を自然の中で楽しみたいですね。 (ととろ)
2016-10-01 10:57:31
大津様、これからの季節は、ほんとに良い季節
ですね。
 山に吟行に、心と身体をフルに活動させて
満喫して下さいませ。

 酷暑の夏にちょっと負けてしまった私、
秋到来とともに「楽しいこと、見っけ!」と
良い時間を過ごしたいなと思っております。
(体調第一ではありますが)
Wackyさん、秋桜、風情がありますね。 (ととろ)
2016-10-01 11:22:54
Wackyさん、子羊クラブなどのお手伝い、お忙しそう
ですね。わさびサンもご一緒に。良かったですね。

花は何でもいいものですが、コスモスは特に
女性に好まれるみたいです。
最近は太宰府の休耕田などが、コスモス畑になって
これからは近くでその風情を楽しむことが出来ます。

秋は自然も芸術なども、楽しむことがいっぱい!
元気で楽しみたいですね。
『ひたち海浜公園』わさびサンのブログに
今迄も登場した公演で、良いところだなと思っています。是非、お出かけになって秋を楽しんで下さい。
mituruさん、コメント有難う! (ととろ)
2016-10-01 11:28:36
mituruさん、東京へは、夫が「気分転換になるだろうから」と企画してくれました。夏に体調が少しダウンで、気持ちも少々ダウンしていましたので。(飛行機のマイルが貯まっていたのを使うということもあるので)

身体第一。一つ危ない(苦笑)ところがあるので、
一病息災と、これからも気を付けながら
【楽しいこと見っけ!】モットーに。

 伊豆の秋もいいでしょうね。秋の海も素敵だな。
久しく海見ていないなあ。山は周り中にありますけど(笑)
Unknown (MISTAKER)
2016-10-01 13:02:45
そういえば以前、歌舞伎役者さんの俳句についてお話させていただいたことがありましたね。

芸事演技というのは無駄を削り落とし切り取っていくことの連続のような気もします。そういう意味で、芸に秀でた役者さんには「俳句」に向いた感性も磨かれ備わってくるのでしょうか。

で、ふと思ったんですが、歌舞伎役者さんで「小説」を書かれる方はいらっしゃいますかね~。時間的空間的に制約が多すぎて少々無理な相談なんでしょうか。ははは。

そういや、西日本新聞の朝刊に勘九郎兄弟のサンパレス公演の広告が出ていましたね。もうチケットゲットで心待ちにしていらっしゃるんじゃないでしょうか<推理勘ぐり・・・ははは。
MISTAERさま、今晩は (ととろ)
2016-10-01 20:55:28
MISTAER様、
今の若手は知りませんが、昔の歌舞伎役者さんは、
書や絵、俳句などに長けた人が多く、母の実家には
明治大正あたりの名のある役者さんのそんな色紙が
色々あります。
 芸能界の人達は、右脳?が発達しているのでしょうかね。やはり絵が上手な歌手とかもいますね。

歌舞伎役者で小説・・・はどうでしょうか。
染五郎さんが面白いエッセイと言うかショートなお話を、絵も自分で。ラスベガスなどでも演出企画したようですし。鬼平さんの吉右衛門さんは、歌舞伎役者にならなくてよかったら、絵描きになりたかった。あるいは
仏文学者?に。他にもいろんなことなさっている人もいますね。

 勘九郎・七之助のサンパレス公演は文化庁移動芸術何とかでしたっけ?
 会場がね。歌舞伎にはイマイチということもあって
今のところチケットゲットしていません。
【歌舞伎教室】みたいな企画なので、若い人や高校生などが見ると、解りやすくていいと思うのですが。
女形の扮装が出来るまでを見せたり、、歌舞伎についての解説お話もあるようですから。
 企画としてはいいのですが、動員体勢がどうなっているのかなあ。心配です。
Unknown (おかーさん)
2016-10-01 22:24:06
保育園へ行く道すがら コオロギが一緒に飛び跳ね
秋だなぁと思っています。
知り合いから 大きなサツマイモが届いたり 栗が届いたり(笑)
しっかり食欲の秋も

さすがに コスモスの差し入れは無いから残念だわ


別荘で大事を取られた体調も ようやく本調子を取り戻されてきたようですね
手始めに 歌舞伎見物とは 本当に素敵なご主人♪

秋は身体も持ちやすいでしょう
無理をされず ぼちぼちお好きなことを始めてくださいね
おかーさん、有難う! (ととろ)
2016-10-02 05:40:30
おかーさん、早いものです。もう10月。
これから爽やかな天候が続く(筈)ですが。

スポーツの秋、芸術の秋、旅の秋(どこに行っても、隣国の方達に遭遇、ちょっと”引いて”しまいます)

のんびり余生(もうそんな言葉を使ってもおかしくない年齢なのに、自分で愕然!)を楽しむことにします。

孫達それぞれ秋は高校表現祭・大学芸術祭と
「見に来てね」とお誘いが。体調と相談して。
孫達が出演したり出品したのを見るのは楽しいけど、
学校内巡りって結構疲れるから。

おかーさんも秋は何かと行事も多く、お忙しいですね。
お気をつけてエンジョイなさって下さいね。
芸術の秋 ()
2016-10-02 17:15:06
秋色の玄関は良いおもてなしですね。
素敵な彩ですね。
9月はミュージカルに歌舞伎に光の祭典と幅広く貪欲に芸術を堪能していますね。
ミュージカルなどは田舎では先ず見ることは有りませんが、関東在住の折は数回見た事が有ります。勿論コメディー系にものでしたが。
舞台には馴染みのあるととろさんですからこれからもドシドシと観に行ってパワーを貰ってお元気で楽しんで下さいね。
燦さま。秋は…張り切る季節? (ととろ)
2016-10-03 10:04:19
燦さま、秋たけなわの季節は、スポーツ・文化など
沢山の行事があって、何処の地方も張り切っていますね。25日はこちらも【大宰府政庁祭】でした。
途中物凄い雷と瞬間豪雨で、会場は大変だった
ようですが。

舞台芸術、芸能も目白押しで、気持ちはウズウズして
おりますが、身体と経済を考えた上で、
取捨選択しないといけないと思っております。

身の丈に応じた程度で、今秋を楽しみたいなと
燦さまの素敵な里山の家庭菜園。いろんな花に
彩られた庭の自然な風情などブログ拝見して
楽しませてもらっています。
楽しい秋到来ですね (テディー)
2016-10-06 23:27:44
ととろさん
また遅いコメントです。
暑すぎた、体には辛すぎた夏がやっと過ぎ去って行きましたね。
ととろさんの体調も取り戻し、大好きな観劇、歌舞伎が楽しめて良かったですね。
いいなぁ~。
ミュージカル「エリザベート」衣装、音楽ともすてきだったでしょうね。私、ウイーンの宮殿などで、エリザベートの着ていたドレスなど沢山見てきたので、素敵な想像してます。

東京まで、昼、夜の歌舞伎を観に飛行機で!
優しいご隠居様の提案で、なんと贅沢ですね~。
お元気になられて、ほんとに良かったです。
これからも、体調きをつけながら、たくさん楽しんでくださいませ。
テディさん、いよいよ秋たけなわ。 (ととろ)
2016-10-08 09:42:44
テディさん、そうかあ、貴女は海外旅行でウイーンへもいらっしゃったんですね。東欧憧れていましたが、もう海外の度は体力的にも無理だな。

いえいえ、たまたま飛行機のマイレージが溜まっていて期日が迫っていたからですよ。最近アメリカに行かないので使わない儘でしたから。ホテル代とチケット代で
済みました。何だか得した気分でしたよ。

又阿蘇中岳で爆発、地震だ台風だと続きますねえ。
穏やかな秋の佳き日和に、戻って欲しいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL