ととろサンのひとりごと

【観たり聴いたり旅したり】からこちらへ。日々の生活、旅する心、アメリカ滞在のつれづれを書き綴っていきたいと思っています。

入梅はしたけど・・・

2017-06-16 10:39:39 | 日々の中で

なかなか雨が降りません。豪雨は困るけど程よいお湿りを、田畑の作物も草木も待っているのですが。花菖蒲や紫陽花にしとしと降りしきる雨の風情を味わいたいなと思って、庭先の明るい空を眺めています。

  

でも・・・さっき青蛙ちゃんが鳴いていたなあ。そろそろ一雨来るのでしょうか。我が家にも小さな蛙達の家族が住んでいるようですが、姿は見せません。晴天ばかりだと生存大丈夫かしらと心配になります。鳴き声がするとほっ。

先日うっかり二階の寝室の窓を開けたまま、ブラインドをおろして就寝。夜中に「なんだか寒いなあ」と思いながらもそのままトロトロ。明け方ほんとに寒くなって目が覚めました。くしゃみ連発。なんとなんと、たったそれだけで寝冷え風邪を。これがすっきり治らなくて、ひどくはないけどまだ引きずっている次第。やっぱりトシですねえ。抵抗力・回復力がぐんと落ちてるなあと自覚せざる得ません。このところ大人しく休養中?です。

5月は大分アルゲリッチ音楽祭(小澤征爾の指揮で。ベートーベンピアノ協奏曲第一番)などを聞いて至福の一泊旅。そのあと、マイルが一人分貯まっていたので、ご隠居さんのお許しを得てお江戸一泊。歌舞伎座【5月團菊祭】へ。歌舞伎好きな若いKさんと。彼女は染五郎の【氷艶 HYOEN 2017 破沙羅】も観るとのことで一日早く上京。歌舞伎座近くのホテルは一緒に。趣味が同じな人との行動は楽しいですね。

 

(飛行機の窓から見る富士山は、やっぱりひときわ高く美しい。まだ残雪が山肌に残っていた)

染五郎さんはアイデアマン(本人は”妄想の人”というが)企画・演出で、高橋大輔・荒川静香はじめ第一人者のスケーター達が歌舞伎役者と氷の上で競演というもの。役者さん達は大特訓で大変だったらしいが。氷の上で六方を踏む・・・ディズニーショーに触発されてとか。成程。役者さん達も色々チャレンジしたい世代なんですね。

最近菊之助さんが立役を演ずることが多くなった。まだ女形を観たい!というわけで。團菊祭、菊五郎さん中心に音羽屋一門の舞台は役者の層も厚く、昼・夜ともに充実の舞台でした。坂東家の四代の襲名披露も、合わせてあり、九代目彦三郎さんの息子六代目亀三郎クンのハキハキした口上も見事、菊五郎さんの孫眞秀クンのお目見えもあって、二人のかわいらしさに観客席も盛り上がっていた。ちなみに同行したKさんは、新・彦三郎さんごひいきで後援会にも入っている。(私も新・彦三郎、新・亀蔵の兄弟、以前から”いいなあ”と思う役者さん。行儀がよく所作が涼やか、口跡爽やか。だけどちょっと控えめすぎな感じだったが、襲名を機にもっと大きな存在感を持ってくることを願っている)私は音羽屋後援会の人からチケットゲットしてもらったので、今回は二人ともとても良い席で。幸せだなあ…のひとときでした。(詳細なことは歌舞伎ブログにいずれUP・・・つもり)

  

歌舞伎座のすぐ近くにある【松竹大谷図書館】(松竹系の演劇のことなら資料が)に立ち寄り、ちょっと調べ物を。ここはカード式なので司書の方に。調べて関連資料を出して下さる。コピーなどをお願いしてもとても親切。来るたびにちょっと立ち寄って楽しむ。早稲田演劇図書館や国立図書館にも行きたいがなかなか機会がないので。

 

(空港の中をウロウロするのも結構

楽しいものです。旅をしているエトランゼ的気分になって。私も妄想の人か??)

5月お江戸行きのあとは、6月はいよいよ博多座本格的な古典歌舞伎の月となります。

楽しみだなあ。歌舞伎は年に2回位しか上演がありませんから。貴重な月です。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

重宝しています・・・優れもの?かな。

2017-05-27 21:30:13 | 日々の中で

 山肌に溢れんばかりのみずみずしい若葉も、だんだん深みを増し、夏色の濃い緑へと変わっていく。庭の隅ではドクダミの白い花が群れて咲いている。独特の匂いは強いがその花は可愛くて、我が家では繁るに任せて、緑の葉と白い花のコントラストを楽しんでいる。子供の頃は祖母が、どくだみの葉を干して【ドクダミ茶】を作り「身体にいいから」と飲ませられた(飲んだのではなく)記憶があり、この匂いを嗅ぐと祖母のことを思い出す。へちまからへちま水を取り、化粧水のように使っていたことも。そんな祖母の姿がよみがえるとき、私は一気に幼いころの私に還ってしまう。福博の街中の家でも、今頃の季節には蛍が訪れたものだ。その小さな淡い光が、薄闇の中にぽう、ぽうと浮かび上がり、綾なす糸のように揺らいで現れ、また消えていく。夏のちいさ風物詩。縁側に腰かけていつまでも眺めていた幼い日の私。時には腕にとまったりもした。今では家の庭に蛍が訪れるなどというのは、よほどの里山でないとないのだろう。

 都府楼史跡跡に、今年は蛍がかなり出ていると聞いた。乱舞ほどではないかもしれないけど。蛍復活をボランティアの人たちがずっとやって来た効果が出てきたのだろう。行ってみなくちゃあ!

 ドクダミのことを書いていたら、あらま、テーマがどこかに行っちゃった。なんだっけ、重宝しているもの・・・だった。

掃除をしながらふと思った。私は余り便利なものなんていうのを、通販で買ったりする方ではないのだが、それでも便利だなと使っているものがある。

何の変哲もない手袋。  ・フライパンに乗せて使う【スチーマー】

  (こんな風に周りが動く)

 どこで買ったのか?材質はなんだろう?薄いピンク色のこの手袋は、キャビネットの上などを拭くのにとても役に立つ(我が家のキャビネットはオーク材の作り付けで、上にTV関係やCDなどいろんなものがのっている)少しの埃も目立つ色だ。手袋で拭いてあとは洗濯すればいいだけ。もう何年も使っている。近くにおいていつも使っている。TVの画面やガラス棚もその都度ちょっと触るようにすればいいし。二組セットだった。

・フライパン用スチーマー。

画像のように小さくしたり大きくしたり。野菜やお肉お魚、なんでも乗せて蒸す。二人暮らしの一品にちょうど良い。

フライパンに少し水を入れ、このスチーマーを載せて蓋をして。蒸し上がればそのまま大きめのお皿にのせて、食卓に出してもいい。

術後の癒着がもとで、腸閉塞を起こしやすくなっていたおなかのために、野菜は生より蒸して食べる方がいいので、このスチーマー随分重宝した。色々な蒸し料理が出来る。様々な野菜類を並べて蒸したり、豚肉とキャベツなどを豚ちり風に、アルミ箔使って魚のレモン蒸し、鶏肉の蒸すものなどなど。

一時流行ったシリコン・スチーマーも使ってみたが、レンジから出すときに、ふにゃっとしているので、危なっかしく火傷しそうで今はお蔵入りになっている。

私は余り便利とか新しい商品使わない方だが、若い方達や情報に明るい友人たちは、キッチン用品や掃除用品に様々なアイデア商品を使っているようだ。皆さんはどうなんだろう?何か「これはいい!」と思われたものがあれば、教えてもらいたいものだ。

今年はいつもより入梅が早いとか。雨は好きだが湿度が高いのは苦手なので、もう少し緑の季節を楽しませて欲しいなあと思う。と言っても農作物などに必要な雨は大切なものだけど。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

大歓声と拍手に包まれた【別府19回アルゲリッチ音楽祭】

2017-05-20 22:54:46 | 映画・観劇・コンサートなど

 庭のつつじが咲き始めた。空は青く陽は輝き、緑に染まるような美しい季節が続いている。

「あっ!」とご隠居が声を上げた。N新聞に【第19回別府アルゲリッチ音楽祭】に、小澤征爾が指揮をするというのだ。長い間「小澤がベルリンフィルの指揮をする」演奏会に行きたいというのが夢だったのだが実現の機会はなく、数年前松本での【サイトウ記念コンサート】のチケット購入、ついでに信州を旅して・・・と予定していた矢先、私が入院する羽目になってしまったので、チケットは音楽好きな友人にプレゼント。機会を逃してしまってた。

大分別府アルゲリッチ音楽祭    マルタ・アルゲリッチ

 (西日本新聞より拝借)

新聞では25名限定のなかなか良い内容のツアー、チケットも最高席。ただし一泊宿泊代も含めての金額は高額(私達にとっては)けれど、この機会を逃せば、小澤さんが九州まで来演することもないだろう(昭和10年生まれで、食道がんや背骨の病気など闘病されていたことも世に知られている)・・・私の入院で没になってしまったのを気にしていたので「ぜひ!」と勧めて。結局二人で参加することとなった。

福岡・天神の日銀支店前からバスで2時半出発。若い頃勤めていた頃(OLという言葉があった頃)は、春・秋の社内旅行があって、いつも日銀前から乗り込んで、一泊旅行に出かけたものだ。天神界隈はすっかり様変わりしたけど、日銀は昔の儘。懐かしさが込み上げた。

高速を走って3時間余り。雲一つない初夏の青空に、くっきりと由布岳の姿が見えてきた。大分オアシスタワーホテルには5時半着。 

 (ホテルロビー)

コンサート会場は隣接の【iichiko総合文化センター・グランシアター】ホテルから直接行ける。会場にはもう沢山の人達が。整理に当たっている人たちも大変!というくらい。

 文化センターはガラス張りのモダンな建物、内部も素敵で、市民のために様々な用途に使えるホールや食べ物の店など色々。先月訪れた久留米市の市民文化会館も広々で【久留米座】という手頃で洒落たレトロな芝居小屋を感じさせる劇場もあった。

私達が太宰府に移り住んだ頃は、まだ図書館も中央公民館もないのにびっくりしてしまったのだが、Nさん達先輩の地道な働きかけに市が動き、図書館・中央公民館が出来た。がそれからもう30年以上経つだろうか。古くもなったし、これといった文化的なものが舞台にかけられることもない。大分や久留米など地方都市、どこも頑張っているのに・・・太宰府市は史跡と天満宮と自然の山や緑があるだけで・・・なんていうと、市政を預かる人達から文句が出るだろうか。それよりまず福祉をもっと充実といった問題もあるのだが。けれど太宰府という全国に名の通った地方都市、文化的な面にももう少し何とかという声はよく耳にすることである。

三階席迄超満員のコンサートはまず【水戸室内管弦楽団】の演奏で、始まった(小澤征爾は水戸文化館の館長さんでもある)

 ・組曲「ホルベアの時代より」 E・グリーグ

 ・小交響曲 変ロ長調  C・グノー

 ・ピアノ協奏曲 第一番  ベートーベン 小澤征爾指揮・

                                         ピアノ マルタ・マルゲリッチ。

音楽を聴くことは好きだが、詳しいことなどは知らない私は最初の2曲のどちらも柔らかで美しい曲に感じられ演奏にただ耳を傾けた。室内楽は好きだが、グノーの曲は管楽器のみでの演奏で私には珍しかった。

ベートーベンのピアノコンチェルト第一番、これはもう有名な曲で誰しもが耳にしたことのある曲。マルゲリッチに腕を支えらながら小澤征爾氏が登場。80歳を超す高齢でしかも病苦にさいなまれたとは知っていても、直接にその姿を見ると胸が痛くなる。出かける前に本棚から【私の音楽武者修行】を取り出し再読したばかりなので、26歳の夢と希望と行動力に溢れた若き日小澤から60年後の現在へ。人生ドラマを感じる。服の上からも骨が解るほどに痩せて、背中が曲がって…指揮の前後は腰かけて・・・。トレードマークのライオン髪は白くはなっているが健在である。そして世界の指揮者小澤征爾は健在であった。ダイナミックでありながら繊細な指揮とアルゲリッチの力強く、反面しっとりとした流れるようなピアノの旋律と、あいまって引き込まれてしまった。私のように音楽に疎い、ただ聴くのが好きなだけの人間にも、創り出される素晴らしい世界を肌というか耳というかで、感じることが出来たように思う。

静かに演奏が終わると、もう万来の拍手、小澤さんも心から嬉しそうに、何度も何度もカーテンコールに応じていた。笑顔の小澤さんの目は演奏の時と違って、とっても優しい。自分の信念を持っている人は、病気をも乗り越えるのだろうか。清々しい境地にいらっしゃるのだろうか。念願を果たしたご隠居は、満足とともに放心したような顔だった。

心から心から…小沢さんの今後の健康を・・・ただただ祈りながら、余韻に浸った宵だった。

 (大分新聞より拝借)

こういう時間を過ごせるのが、至福の時間といえよう。宝飾類やブランド物には興味はないが、【観ること・聴くこと」には出費を余り惜しまない方かもしれない。キリギリスみたいな状態続けていると、行く末は働き者のアリさん宅の前でぶっ倒れているのかも?本人の私としては、節約するところ(化粧品や衣服バックなど)しているつもりなんだけど・・・。こまめに食事作りしたりして・・・。つまりお金の使い方は人それぞれなんですね。

演奏の後。アルゲリッチさんに対しての外国人叙勲で「日本の音楽文化の発展及び友好親善に寄与」した功績で、旭日中綬章 勲章伝達式が行われた。

帰路【湯布院】に立ち寄り昼食。昔の湯布院は静かで鄙びて、良かったなあと、にぎやかな隣国の観光客たちで溢れ、いろんな訳の分からない店がずら~~と並んでしまった落ち着かない温泉街に変化してしまった。湯布院や黒川温泉には、もう訪れたくないなあと思ってしまうことが寂しい。

 

散策はせずにお気に入りのカフェ【天井桟敷】のこれまたお気に入りの席が、たまたま空いていたのが幸せで、窓を開けて青楓の緑の葉が爽やかな風を運んでくるままに、時間を過ごした。店内には懐かしいレコードのジャケットが沢山飾ってあって、それを眺めるのも嬉しい。

午後4時ごろには天神に到着。大型バスに25名、時間もゆったりとしたツアーだったのに、帰宅すると何だか疲れを感じる。翌日はぼうっとして過ごした。やっぱりこれが「トシだね」ということなのだろうか。ハードな旅はもう…出来ないなあ。

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

九博、夜間開館始まる。

2017-05-04 16:45:00 | 日々の中で

九州国立博物館、時間延長で夜間8時まで開館(金・土)のみ。」

   ”仕事帰りに観覧を!”のキャッチフレーズで。

 

4月28日に夜間開館オープニングセレモニーがあった。福岡県知事や天満宮西高辻宮司なども出席。ゲストのソフトバンク球団会長王貞治氏によるトークイベント、透き通った歌声の女性歌手でバイオリニストの【サラ・オーレン】の歌とバイオリン演奏のミニ・リサイタルもあるというので、1階のミュージアムホールでは入りきれない人たちがロビーいっぱいに溢れていて・・・びっくり!報道陣も沢山!

 

博物館から眺める山沿いの自然道には、今年沢山のしだれ桜が植えられ、いずれは美しい桜並木が来館した人たちの目を楽しませてくれることだろう。光の点灯式も行われた。

翌日は、今開催中の特別展にちなんでの「日本とタイ 海域をめぐるネットワーク、仏教美術と文化交流」と題する講演・トークイベント。だが、前日の超満員に比べると、ホールには空席も。(内容は面白かった。説明は女性のタイ芸術局上席研究員…タイで最初の女性博士号を取得した人…タイ語での話を九博の原田あゆみ氏が通訳しながらであったが・・・タイ語は何だか楽しい音の響きで、外語苦手な私も英語よりは親しめそうだなと思ったりした。ただし、タイ語の筆記体は、これは無理だなあと)

そのあと展示会場へ。タイの仏さまは口元にほのかな笑みをたたえた表情が多い。タイの国民は95%が仏教徒だという。子供から大人まで真摯に仏像に向かい、お坊様を敬う。素朴で優しいという国民性はそのあたりから生まれてきたのだろうか?

日タイ修好130周年記念特別展【仏の国の輝き・タイ】

                     4月11日~6月4日まで。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

藤・つつじ・滴る緑・・・

2017-05-04 09:02:19 | 日々の中で

 世の中連休真っ只中。太宰府も観光地、一歩市外に出れば車の渋滞に巻き込まれてしまう。人出の多いこの時期は、毎年家や近場で過ごすことにしている。

天気は上々、空は明るく青く太陽は眩しく、緑はあくまで瑞々しく輝き、自然は命の活力にあふれている。

ご隠居は庭の草取り、私は季節の衣類や寝具の入れ替え、あとは二人で手分けしながら初夏の大掃除・・・みたいな・・・例年の如く。大物洗濯も面白いほどに乾くし・・・

都府楼史跡から眺める四王寺山は、黄色味がかった新緑や黄緑の若葉、少し濃くなったみどりと様々の色合いで、カリフラワーみたいにこんもり。【山笑う】とはほんとに的確な表現だなあ。

 

通りの街路樹も観世音寺も見渡す限り緑・緑。目を洗うような美しさに心癒される。

 

都府楼跡を通って四王寺のふもとの【春の森公園】へ。

この辺りは連休でも人影も少なく、静か。キャンプ場や休憩所にもだあれもいない。時々登山姿の人に出会うだけ。

 こんな親子の姿、いいですねえ。

小さな雑草みたいな花達の群生も、何とも言えず可愛い。昭和天皇は「雑草という草はありません。どれにでも名前があります」とおっしゃったとか。

 

 

 山陰にはレンゲの群生もまだ残っていた。大好きな花の一つだ。

帰り道、友人ご夫婦の広い家庭菜園を通りかかったら、ご主人様と二人、季節の苗の植え込みなど頑張っていた。いつも新鮮なお野菜を持って来て下さる。ご主人が「晩白柚も沢山実をつけたから、楽しみにしていて下さい」とにこやかにおっしゃって下さる。お野菜もだが、ご隠居は好きなイチジクなどを届けて下さるので、楽しみにしている。

近場での散歩の延長のような時間だが、こんな過ごし方もまた良いものだ。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加