9.11について

2001年の9.11事件や、その他色々な感想、思い、などを書いていけたらなと、思っています。

9.11について  1929年の米国発の世界恐慌

2017年04月05日 | 日記
とあるスナックで

コー
1980年代から1990年代の日本の資産バブル(土地や株価など)とその崩壊を考える上で、参考になるのはやはり、1929年の米国発の世界恐慌だと思う。天野統康の<詐欺 経済学原論>のP-109

米国発の1929年の世界恐慌はFRBの金融政策によって作られたものであった。
毎度の事ながら、一部の国際銀行家と結びついた中央銀行の金融政策による意図的な景気変動と、その変動を過熱させる怪しい金融商品とのコラボレーションである。
世界恐慌は米国で1920年代に起きた空前の株バブルとその崩壊による暴落で生じた。その経緯は以下のとおりである。

1920年代にFRBが金融緩和政策を行い、各銀行の貸出量を急激に増加させた。前述したとおり、銀行が貸し出しを行うと新たなマネーが創造される。当時の米国の融資の担保は株だったために、融資の拡大は株に対する需要を高め株価を上昇させた。しかも融資の多くは証券業や不動産業など金融経済の業種に向けて行われた。1921年~29年までの銀行融資の総額は、約241億ドルから357億ドルに増加し、その内の80億ドルは金融経済向けの融資だった。融資の増加の70%が金融経済向けだったのであり、これが株バブルを作り出した根本原因である。

更に、株を購入するときに元手が10%でよく、残りの90%は金融ブローカーがローンを組んでくれるというマージンローンといわれる新しいローン商品が販売された。10%の資金で、担保になり、かつ市場で上昇している株を購入できるのだと、人々は喜んでローンを組んだ。これが更に株式市場を上昇させ、ダウ平均の株価は1921年~29年まで6倍に上昇した。しかしこのマージンローンにはとんでもない契約内容が記されていた。金融会社からの返済請求があったら、24時間以内に株を購入したときのローンを返済しなければならないのである。

1928年にFRBは、それまでの政策を180度変化させて、金融政策を引き締め、銀行の新規の貸し出しを厳しくおさえはじめた。29年8月には金利を6%に上昇させた。更に、マージンローンの返済が金融会社から出されると、人々はパニックになり、株価は売り一色となり10月24日に大暴落を起こした。後ほど説明するマネタリズムの創設者、ミルトン・フリードマンはこの世界恐慌をFRBの金融政策のせいである、と批判している。

担保価値の暴落は多くの銀行を倒産させ、個人を破産させた。一方で、ロックフェラーやモルガンなどFRBの株主と仲間たちは高値で売り抜けており、暴落した企業の株や、破産した個人の土地を買い占めた。米国は独立してから150年間の開拓の歴史によって多数の独立した銀行、企業、農業者が存在していた。潰れた多くの銀行はFRBのシステムに加入していない独立系の銀行だった。こうして歴史的なバブルとその崩壊により米国の富はFRBの株主たちによって独占されていく。



小林
毎回毎回同じパターンなんですね。

まず、中央銀行による<金融緩和>があり、次に<過熱させる金融商品>があったということですね。その商品はなんでもいいわけでしょう、<チューリップの球根>だったり、狭い日本なら<土地>だったり、<住宅>だったり、もちろん<株>だったり、<債券>だったり、色々あるということでしょう。

でも基本の構造はみな同じですね。



コー
そうなんだな。そしてこの基本の構造を理解するには、どうしても<信用創造>と<通貨発行権>の理解が必要と思うな。

お金が世の中に増えるときは、どういうときか。
そして、お金が世の中から減っていくときはどういうときか。


この理解が必要だと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9.11について <検証 バブ... | トップ | 9.11について <円の支... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。