9.11について

2001年の9.11事件や、その他色々な感想、思い、などを書いていけたらなと、思っています。

9.11について  <円の支配者> リチャード・ヴェルナー著 その8

2017年04月23日 | 日記
とあるスナックで
小林
そしてP-240

先に述べたとおり、90年代に日銀がその気になれば日本の不況を簡単に終わらせられたことを考え合わせると謎はさらに深まる。しかも、当時も日銀を動かしていたのは同じ人びとだった。三重野と福井である。大蔵省も政治家も専門的知識が少なく、信用創造が景気回復の鍵であることを(少なくとも98年までは)知らなかったが、日銀のプリンスたちは百も承知だった。戦争直後の時代、プリンスたちは信用収縮がもたらした不況に終止符を打って、優れた腕前を示した。1945年当時、不良債権問題はもっと深刻だったが、一万田は紙幣を印刷し、CPを買い取り、銀行システムに資金を注入して、信用創造を拡大した。ところが90年代、プリンスたちは景気を回復させるどころか、危機を長期化させ、悪化させる政策を選んだ。彼らの目標が日本経済をどん底におとすことだったと考えると、はじめてその政策の一貫性が見えてくる。
だが、なぜ、深刻な不況を望んだのだろうか?


コー
要するに、<300人委員会>側に怒られて、日本を変えようとしたということだと思う。<300人委員会>側、つまり、欧米の中央銀行、欧米の経済閣僚たち、特にアメリカの。そして欧米の政治家たちから。おい、日本よ俺たちのシマを荒らすな、とね。そして日本の経済システムは、俺らにとっては非常に危険なシステムだから、それを変えろと。

そして、日銀の生え抜きたちは、ははー、かしこまりました、おっしゃるとおりでございますと、<前川リポート>を作り、そのために日本経済を計画的に破壊したんだ。破壊しなければ、日本は変えられないと思い、計画、実行したということだ。

理由はどうであれ、これは日本国民にたいする、<犯罪>だと思う。

そしてその証拠を消すために、いそいで<窓口指導>を廃止し、<営業局>を改変したんだな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9.11について  <円の支配... | トップ | 9.11について  <円の支配... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。